FC2ブログ

やる夫は女装で克服するようです 『小ネタ 嫁と私の本当にあった怖い話』

1585 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 19:22:18 ID:L5PccB8Y0 [1/32]


               /{                    / /
                 //|              ////
             ///|      _        /////
                '///|.   ´       `   /////
                 |///|               ^⌒V
               /|///|              ',   \
                 |///            |     ヽ
.          /    ∨′  i           }|
          ′         |\        八-‐
                   i 、斗-‐\    / } \  |   ′
                   |/\{    \ イ ,   x=ミ, l|   l| 、
        i         |   ,.斗=ミ  \}/  ん:(_ 刈   l|⌒\   皆様こんばんわ!
        |    、    |  个ー::(_,       乂ツ  、  |
        |    \   |   乂__ツ       '   , ,  |ハ }    今日は21時頃顔を出したいと思います。
        |     Y \ ゝ    , ,               レ' }ノ
.         }|   | 、勹__               l      今回は雑談がてら嫁と私の本当にあった怖い話を投下しようかと。
          八   八  ー- .. _     -‐<_厂   人
           \   \    \: .          /  ゚。    ではまたその頃に。
           \   \    ヽ: >     _ /
.              \   \   「: : : : ‐-   {_     i
                 \   \  |__: : : : : : : : : : :}\   |
                 \   У   ` 、 : : : : 。|: : ゚。  |
                 ヽ/  ̄ ̄` :′: :ー-。_l: : :く  |
                   /{: : : : : : : : : : : : : : : : 、: : \
                   / /: : :/}: : : : : : : : : :}}: : :\: : : \
             / /: __彡′ : : : : : : : : リ: : : : :__「{__ : \
      \     /   }: : : : : : : : : : : : : :/ : /: : : : ー :ヘ: : : ヽ
       ー =彡   /: : : : : : : : : : : : : : /{: : : : : : : : : : : :} : : : }
             { {.: : : : : : : : : : : : : :/: : :|: : : : : : : : : : :/: : : /
                 ∨: : : : : : : : : : : :/: |{ : : |: : : : : : : : : :/: : : /
1588 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 21:11:33 ID:L5PccB8Y0 [2/32]


                  ∨/////∧    - ─ -     ///////
                 ∨/////∧ ´           `////////
                 ∨//////〉          \//////
                 ∨/> ´   /           \///
               /v   /  //       /      Vヘ
               '  / / , : / {    l  , ' l       ゜
                :  ,  /イ_ /-=、  |/   ト 、     | |
   /\           |! :  '´| /  八 /ト 、 _|_ヽ     l l
  /    .       i ∧ ,' ,ィえミx ヘ    ´ ;   `ヽ  '      皆様、お待たせいたしました!
/         .         { ∨《 い:ら    ヽi ゝ∨   | / l
\         .    |ヘ i   ゝン      -=ミ、  レ <  '     では点呼を取りたいと思います。
  \         ヘ     l ゝ、 : : : : :       : : : : . ∧ ) /  /^
   \      ヘ       八      '         / /,   / /    点呼ー!
      \           l   ゝ    「⌒ ,     ,:' イ  ; , '´  ヘ
        \     ヘ  |    个   ゝ -    . イ  |  j/___,   l
       / ̄`丶  ∧          ≧ - ≦ト、 |    /___,   /
       ヽ `ヽソ   ヘ|   l  /\   / ゜     /____,  /,、
          / 丶   /|   /  o/^Y^i     ヽl  (_    /' ∧
          i  _ \/⌒ ー-|  o /  l | o    ゝ、 ( ` /l / ∧
             ヽ ;  ∥   |   /   l  ,    o /   ̄ ヽ  /   ∧
      ,'  `ヽ ', ノ  /     | o ,   |  , o /` ー / >'      〉、
       / ``ヽ ノ        | /   |   ゝ      //        /  \

1598 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 22:17:40 ID:L5PccB8Y0 [6/32]


                         __   |////
     {ト、              //ハ   |////
     |/∧   ,   ´  ̄ ̄ ̄ У////}   :|////
     |//∧/          ヾ/////  :|////   さーて、戻りましたよ~。
     ∨//      八      V//   |////
        ∨  i   イ  /' ト、    Y ‘.   |////   ちょっと季節外れのホラー話、行ってみましょうか。
.       ′、 ハ   | 、 /  | ‘,   |     :!////
     ノイ /ー \ ト、/ ―匕 i   /   |  |////   あ、因みに実体験しか話しませんのでお覚悟を。
       Ⅳ弋_歹 Ⅵ 弋_歹 !  /   i|  |////
       i ⊂⊃      ⊂⊃レ'    i|  |////   まぁ、私にみんなを怖がらせる技術があればいいのですが(笑)
       人            イ\___i|  |////
        `   r  つ, イ。゚ト、ノ: : \  ̄|////
          i    ̄ ̄ }―‐ ┘: ー=ミ: :ヽ: |////
          |      /: : : : 、: : :.: : : :.\: :|////
          |     ヽ: : : : :\ノ: : : : : `:|////
          |  i     \: : : : :\:.: : : : :.|////
          |  |      \:.: : : : :ー: : :.|////
.           }|  |   !      \: : : : : : : :|////
.         八  ハ  } !   /   ー―‐‐|////
              Ⅵ  )ハト、 /         |////
                      )′        |////

1599 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 22:20:26 ID:L5PccB8Y0 [7/32]


      ト、     ___       イ
      |,∧ ´        `  .//|
      ∨/⌒           \リ
.      , .′    l      i    ゚。
     i l      |l     |    ', ゝ
     | |   _l|_  |{     人   l i
        |   八ト、八  イj 厂}ノ l|   さて、まずは私の初めての金縛りから行きましょうか。
       l八  |⌒示 ヽノ ^示 ,  八
      「 \{  ヒリ    ヒリ厶イ   因みに皆さんは金縛り、あったことが有りますか?
      人__人        人,|
      |  l  ≧=‐-゚-‐=≦ l |    私は結構な回数が有ります・・・・・ある、限られた期間のみですが。
      |  l  xくノ:ト、.:ヘ.   l |
      |  l /:}: |.: :|。.:__.:ハ  l |
      |  /: :|:ー: |: :|: |: .:i  l |
      | ,/: : :| :|.: :|゜:| :|.: :|  l |
      | i: :-=|: |: .:|: :|: |: .:|  l |
      l人: .: .:\:.:|: :| :|.: :|  l |
      | ___ト: : :/⌒ヽ ̄} |  l |
.     八{_。_}: :\: /__) 「 ̄}  ノ
         | | | : : : `| : : :「 ゚^|/
         ーr――┼―'L.. 」
.         |     l|    i/∧
           ,     l|   ,ハ/,∧
         ′  l|   .′}//,}
          ',   l|      |//,|
           ゚   |  i  |//,|
          '   |   | ,ノ⌒^
.             V^ト、__|
             | | l |
             | | l |
             |__j l |
            `¨ ー′

1601 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 22:24:04 ID:L5PccB8Y0 [8/32]



                /////////ハ            _
               ,//////////,}        . <//{_
            .   ´ i////////// ト     . <//////⌒
         /      |> ´ ̄ ̄ `   `ヾ、///////,/
.                /                  \////
      /      /            /|      ヾ/
.     /       ′             /' |    i   ゚。
     ′      ,              /  |    |{
              i               /⌒八  ,八
     ′       |     i  ,/   /     . /  i
    ′      . -|     |  / ,xf笊气x   ∨ ⌒ ,   !   まぁ、金縛りは疲れからくるもの。
   ′      /,⌒|     | ,//んィ/}    / ヽxュ、}  |{
  /       { {:(八   |/  乂/ソ        ん} /  八   そういった通説が有り、ある程度正しいことは否定しません。
. /      / 人ゞ  ヽ   |              ヒリ,  /
../      / /  `   __ \{             ` l  /   以前、投下の時に朝、金縛りにあったことを行ったと思いますが、
.′     .′.′     / 、         __    八/      アレは環境が変わったことによる疲れが出たものと考えていいと思います。
      / /      /   \     /  У
.     / /      /    `     ー一  /     ・・・・・何故その時に限って幽霊の夢を見てたのかは分かりませんが。
    / /     ノ         />  __
.     /    . : ´ ̄`: .、    /´  /
  /_,.  く: : : : : : : : : :.\ /:\ /
./⌒ヽ__人: : : : : : :o : : ノ| : : : }`  .
: : : : : : ‘, : : : ヽ: : :o.: : :/ : |ヽ゚。人    }\
: : : : : : : ‘, : : : : \:o/:.: .: :.|O:`: : :「 ̄ |: : :ヽ
: : : : : : : : :} : : : : i : :` : : : : : :.|: : : :.: :| : : :|: : : : :
: : : : : : : : :| : : : : |: :.: : : .: : :.: :|: :.: : : :|: : : |: : : : :}

1602 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 22:28:08 ID:L5PccB8Y0 [9/32]


              _     _
            .  ´        `  .
         /                 \
.         , '      i      j{        ヽ
         /      |     ハ
       ′ ′   /,ハ   i j/ }ヽ
      i  i    //  .   |/  ハ  ,    ‘. i
      |  |  厶-‐‐ヽ  イ  i|_リ_ ‘    }| |   因みに、私の初めての金縛りは中学3年生の夏だったと思います。
      |  |  / ≫=ュ、 \ト、 |/  `ヽ   八
.         f^i /〃f:::じハ   ` )ノイ斧ミ、, /  ′  私、その頃は勉強や遊びも含めて22時過ぎには寝る子だったんですよね。
       i{(Ⅳ   ゞ '       弋うソ》∨Y
        ゝ-ヘ       ,        ハ/ ′  その頃は徹夜なんて1回しかやったことがありませんでした。
       i   人             /‐'
       |  i 丶    -     イ       それで、その日も22時頃に床につきました。
       |  |    >    <  i|    |
       |  |    /ト、   _,ト、   i|    |    私、余り途中で起きることはないんですが、
       |  |  /: :o TT:o: :ヽ  i|    |         その時はふと、目が覚めてしまったんですよね。
       |  |イ: :o: : :/| ト、: :o :〉=ミ   |
      ,,<>:.'\:o/: | |: ヽo/:`:<>/)__
.   f´ ゝ :´: : : : : : `: :.: :.| |O : : : : : : //:ーヘ._   /)
    |: : : : : : : i : : : : : : : :| |: : : : : :./ `こ7: : :厶}//
    | : : : : : : :|: : : : : : : : | |O: :.:/    ヽ{: ;へ ヽ∨
    |: : : : : :/ |:.: : : : : : : :! !:.:/     /ソ〈,ノ)  /
    | : : : ∨r‐⌒ーュ : : : :!/\   .イ: : :.:/r‐'  /
    |:.: : : ′: : : : : : : :.:/: : : :.:`く: : : : : :{ ′ /
    |: : : :{: : : : : : : :./: :\ : : : : : 〉: : : : :}___{_
    |: : :八: : : : : /: : : : : : ヽ: :./: : : :〈: : : : : : |

1603 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 22:33:03 ID:L5PccB8Y0 [10/32]


                   . -‐…‐- .
                   ´         `
             /                  \
         ,        i           ヽ
.        /           |l |       、          そこで何気なくコンポに光ってる時計を見たんですが・・・
       /   !       八 j  |      ,      ゚。
.       ′   ト、   /  ハ_ | ,{    i           丁度深夜2時を回って少し経った頃だったんですよね。
.            | ゙ /    |´ Ⅵ人    |
      ノイ   |‐‐- ヽ   | x≠ミ\  |   l|    !    私は何気なく、丑三つ時だなぁ。なんて考えて寝返りをうち目を閉じました。
       |   | {,x=ミ   \ }  んィ:心 ヽ|  八   |
.        }|   ト〃ん:ハ    )′ 乂こツ^ ,   '     |   その時なんですよね。
.      八 , {{ 乂ツ             厶イ⌒Y'  |
          Ⅵ      '     〃    rく^ 人   |    急に頭上(それも結構近く)からうめき声が聞こえたんですよね。
           i   〃           , jン/    |
           | 人     ⌒ヽ      .イ`¨´ |    l|   「うぅっ・・・ううううっ・・・」
           |   ,>           } |     |    l|
           |{  /    T爪    ノ\____ |   八   そう、このように。
.           八,/     /川_r‐… : : : : /ー=ミ  、  ゚。
          / /__,.  {。:/:.:}八: : 。 : : : /: : : : :`  \
        / 「: : :ノ⌒: レ: : /: : ヽ: :。:゚/: : : : : : : : : :ハ  ′
.     /  レ': : : : : : :./o: : r―- 、: : : : : / : : : /: :.:}  |
   /  /.‐…‐-ミ: /: ‐…‐-ミ ヽノ.: : .: :.′: : /: : /   |
. /     {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ :} : :ヽi: : : : : : : ′  |
        ゚。:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..人: : :ノ:.: :.: : .:/     |

1604 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 22:37:03 ID:L5PccB8Y0 [11/32]


      〉//    :i       、 ト、    ∨‘,
.     ,' У    /|       :. | :|ヽ      .
.       . ′  / / .   :i   i  ト、 :.     i   女性の声が聞こえたと感じた瞬間、身体が急に縛られたかのように硬直しました。
      i i   / /   、 :|   | jハ:i\:.   |
      | | -/j/― '"ヽ |ヽ  ̄|丈 jナ ‐ヽ ‘,:!   もう私は何がなんだか分からず、恐い、そのことしか考えられない。
      | |  ,/yfぢ斧x ヽ{  \ィ斧ミx  ,‘,| :!
     | {‘,| ゛弋:::ソ    \   弋:::ソ″,´ Ⅵ |   数秒だったのか、数分だったのか、わからない時間が過ぎ、でも硬直は直らない。
.       | ヽⅥ:.                 , ノ /  !
.      |   \:.         '      /-‐'  :|   勇気を出して目を開けるだけ開けました。
.     |  i  ヽ      __     /     i |
       |   |   >     `    イ       : |   幸い暗闇のせいでほとんど何も見えなかったのですが・・・
       |   |      r| `  ‐  ´|  !      | |
       |   |    ,: :\___/ :, |     | |   ですが。頭上に目を向ける勇気は流石に出ませんでした。
       |   |   /: : :o/|:|:i:o : : \__     | |
   _,,-‐=ニ二{: : :o:.:./ :|:|:|: : o: : :/、__ ̄` ー- 、
  /: :.iゝ‐‐=≠:': :\: o/: : |:|:ヽ:o: /: : : : `i: ―-f: ‘,
 ,: : : | : : : : :i: : : : : `:´: : :.|:|O `:´.: : :.: : : :.| : : : } : : :,

1605 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 22:40:27 ID:L5PccB8Y0 [12/32]



          ///∧               ////|
       |////ハ . - ― -   .   //////,
       {///´         ` ///////
       У           i     ヾ////
        /    /  i       |{       ∨,ハ
.       /    / | |{ i  i   八      ‘.
     .′  .′|i 八{  | /  ヽ/       ‘.   ここで少しマヌケなオチなのですが、
      i     !  j厶 ‘  |ノ ̄,`メ、ヽ    i  i     なんとか声を出そうとして頑張りました。
      |{   七´′  ヽト、 //  ヽ‘.   |  |
.      八   /xfチ斧ミ  ` Vイ斧ミx. i  i   .   「怖ぇ」・・・この一言を言おうとしただけなんですが・・・
.       ヽ ハ代::リ     弋:リ j} | ハ{ ′
.       Ⅳ              Ⅳ) 八    うまく口が回らず、「ほえ~」と言ってしまいました。
         |ハ    `       /__/
         |  ヽ    r‐ っ    イ   ′ |    どこのCCS何でしょうかね。
         |  ! `       イ  |    |
      xr‐=ミ |   ハ≧=≦  ノヽ. !     |    しかも、その一言で金縛りが解けるという事実。
    /: : : ー=ミコ{ : : \_/: : : }ー―‐=ミ
    .′: : : : : : : 八: 。: ゚:/|:ト、゚ :。:/  ̄ ̄ ̄´‘,   幽霊さんも笑ってしまったのでしょうか?
.    : : : : : : : : : : i: :ヽ:。/: |:|: ヽ゚/: : : :i : : : : : ハ
   i: : : : : : : : : :.|: : : `: : |:|o: : : : : : :|: : : : :/: :i

1606 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 22:46:06 ID:L5PccB8Y0 [13/32]


           ,  -―- 、
         , イ        `ヽ、
        /            、   ヽ     ここで終われば学友に話した通りただのマヌケなホラー体験で終わるのですが・・・
      /      i      〉   ヽ
       .ハ .!  , l .ハ    i/ヘ    ハ    実はこの話には続きがあります。
      !  !  / /l l  l , /イlヽ',   .l
      !  ! f /‐レ―-l l、  !L_ ヽ   .l    数年後にこの金縛りのことが妹との会話に始めて上ったんですが、
      ! ハ l/ ,.ztォトヽlヽ l _リ_``ト .イl          丁度その頃に妹も金縛りにあっていたという新事実が浮かび上がりました。
      l  ,ヘ.l ヽ弋り     イ心 ', イj
       .! .l フv .:::::::.      ゞ'イ.'rレリ    流石に私も驚きましたね。
        ! ヽ=.、       '  .::::./ノ/
      l  ::;::\   r‐ 、   /´/     夜に寝て、すぐに金縛りで起きてしまったようです。
        !  ::l:::::::::i 、   _ イ::.レ
       l  ::!:::::/丶、`ニノ、::::::!:::: l    ちょうど寝室から私の勉強している背中が見えるのですが、
       .!_ :」イ    木 /7.┴‐-! 、.     ,、     金縛りに遭いながら私を見ていたようですね。
    ,-、ニ´‐、´.ヘ   ノ llV./  ̄丁~~ハ    //
   l  ヽ   ヽ ヘ/  l/ム、  '  / l   _//    そして、その間中・・・・・
   .!  ヽ   ヽ.   /   ‐f ., / 、l  ィ7-ヽ
   l`   ヽ,  ヽ_  /   `_) l V v .f 'l‐ l
    l    l  ='-ァヲ   /‐' ==.}  .l-! '`´/
    !    ! ...::/ ハ  /::::::::::l::::リ .ハ!  /
   l    .ヽ/   ヽ.イl::ll:::::::::/::/ /  ヽ ./ .l
    !   /ヽ    >'::llo::::::l:::::l /ヽ  ヽ、ノ

1607 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 22:46:23 ID:L5PccB8Y0 [14/32]






        /           \
       /   /           ヽ
       /   /  / ィ /i    /1   、
       /  i  / ∠ム/_ |   // !   i
      ,'   | i  |/  レ  トハ/イハ.|   |
     ,  /^レ|  kィぅ卞z, 乂|  /ト|、 |
     ,   { rハ  |弋シ    リレイ_. | `/i |       男の霊に真綿で首を絞められていたそうです。
    /   ヽr- ヘ !       辷癶,| / リ
    ,    |! ヘ       、  /ル
   /    ト 、 \  r‐ ァ    /
   /     |i: : :` v\  _ -‐'
  //     i |⌒: :-[  ̄
 イ     | |: :/ ̄ ̄:.ヽ、
  i  i     ! |/: : : : : : : : }
  |  |   人! : : : : : : : : 7
  |  | i i { |: : : : : : : : : 入
  |ハ ! | |ハ |: : : : : : : : :,': oヽ
  |:.ヽ! | | .リ: : : : : : : :/:.:.:.:.:.:.i
  |: : ヾ j ノ: :!: : : : : : ::∧:::::::::ノ

1609 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 22:47:56 ID:L5PccB8Y0 [15/32]



                   /:ヽ
                  /:::::::::!
                  |::::::::::|
ヽ、         , -   ´ ̄|::::::::::|
 ヽ::::\    /       `\:::::::::|ヽ
  ヽ:::::::\/     丶\     ヽ::| ヽ
   `:::::::::/  、     Vヽ ヽ   ヽ  ヽ
   \::/   i.、ヽ  丿∧`\ヽ  i i  i
     |  | |\ \/ i ,,xヽ--ト-- i リ  i   さて、本当に怖い話の序章ですがどうですか?
     |  ヽ .! ヽ ノ人   > L_v i iへ i
     | ∥ |ヽ」 ̄ヘ\\ ´|´ト::。i.フ | リく`| i    これ、全部体験談です。
      ii ! X V,イヌ< `\ ` `-´  Vν/ i
      ii ヽ|\{_ i、゚リ         ノ/i i    まぁ、妹の体験談も入ってますけどね。
      ヽ ヽ||くヽ    ヽ      / i  i .i
          i トヽ     _    イ  ii  i i
          v i 丶      /, i  ii  i i
          | i  / ` ト ̄/  ヽ  ii  i |
          i |_/_ンo ゚i∥i゚ o   .>====-,、
        /== ̄ ! o/∥、 o /   /    ./ i
        /| i i   ヽ/∥゚ \/   /    /  i
       /|/ ,,!、    //    _ /    !/   i
      ///─,─-ゝ //ο    ´- _ `ヽ、  v i  .i
    /´//: : :!: : : : : :| : : : : : : : : : : /: : :.丶ノ i i   i
   /// i : : :| : : : : :|| : : : : : : : : :;/: : : : : : : :i i    i
 // /∧ ヽ: : :ヽ: .  ||ο : : : : : : / : : : : : : :/ i    i

1613 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 22:52:08 ID:L5PccB8Y0 [16/32]


        |.........../             |        \.........../
       ∧....../            / ∧            ...../
        /  V.′     }   / /  ゚。          ∨
      ′ ノイ      _」L. _/ /       ノ    ゚。
          |     /} /V`丶   }  /  {     °
.      |    |  {  /〈/.斗-ミ     }  | ∧
.     |    | {∨ 爪 ん(_, ` /}∧ ┼-ミ∨   |   えぇ。序章です。
       | /'⌒人 {      V.ソ     ノ′}厶  /    |
      | { _ハ \〉                ん( ∨   ∨|   次のホラー体験は専門学校時代へ飛びます。
..     |.人 V(_                vン /    丿
.       |   \__               ′          ここで言っておきたいことは、
.      !       .人       丶  _    ハ
.       ‘.    . . | \           /  |     今まで生きていた中で体験した金縛りは、
           . . . |                 |
       }    厂|     ≧=‐-<       |     ここの学生寮、101号室、102号室、103号室で過ごした2年間で8割に達します。
        }   .′..\__r-‐ .... ̄|. . .{      |
.       }  ./....o..o/]..}...o...........\ {      |    これだけでこの異常性が分かるでしょう?
       _」ニ〈.........o/..]...}........o............〉‐-  .   |
  〔___ .  -‐ヘ..... /....]....}...o.........../‐-     `丶

1618 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 23:04:53 ID:L5PccB8Y0 [18/32]


           ̄ ̄ `ヽ
      / i    \ 、   \  
     // /l   `y ヘヽ    ヽ
    ,'/ /!ヾ、  /イヽヾ,   !   ',   すこし、そこの部屋についても説明しておきましょう。
   l ! /」!__ヽメ' TニT T  ::l   l
   !l イj」=、イ{ヘ斗{うi}`> ::,'レ   l   男子寮の101~103号室は二人部屋、つまり相部屋ですね。
   | ! ト|イヒリ ` ` ー''  l::/レト、
       `  丶        レ>ソ/ ', l   他は個室になってます。
      人  - ´    ∠「::::!:  ヾ
       \     ,  ' !:::::!::::::!::  、   ただ、人数の関係上、新入生が二人部屋に当てられます。
        /  `Tフ´__/ }::::l:::ヽ::!!::.. ヽ
      ,'/ /::ノ゚!l|゚ 。  > 、:_:!!:::.     ただ、私が入学した時は、一つ上の学年の男子の数がすごく多く、
.      //r- ニ!。ノ-ヽo /`>、彡フヘ::::.  \     2年生になった私は一人部屋ではなく二人部屋でもう一年過ごしました。
    ,'/lY !  ´ }゚  `´  /   Y   lヽ:ト、 \
.   / } jノ、_ /  r ∠ _  「==ー ヘ ヾ}`ー―   一人部屋に移れたのは3年生、最終学年になってからでした。
   /イ ノ// {    .....`t ー-入{ ̄  ー ヽ j
 /´ l |l!..::::::::!:::::::::::::::::!:::::::::::://\     \    1年2年の時は相方を変える意味で部屋異動が年に1回有りました。
.     `| !::::::::::トo:::::::::::::!:::::::::::/}:j::::l }:ト...、   ヽ
     ! ii::/ !!` ー 十 ´:Y !レ' !l \ヽ   '    ただ、2年目は荷物移動が面倒なので皆で部屋異動はしませんでした、
     l ヾ   !!    :!  :l j'  j/   L─/ `ヽ
     ! l 、  lレ    l   l、       「 ̄   /   因みに、私は、103→101→103と移りましたね。
     l ::! !  lo     ! _/       j /  :/
     イ} ::::!+==!二フ  ´  ヾL     /   /
    l !l:::::r ̄o:i o    _ > ´ ト./    :/
.    ,'::L:::{_ ,.゚十゚─  、 ト- ∧=゚/ 人   /
   l //ー-Y、 rj ̄ ̄ ト∠/二`ー<  \ /
    l!゚ノ  j   !l    ヽ`Y ,―.  \::::::/
    !レ  /  li      ! {´/ ̄`ー<ヽ/

1619 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 23:07:09 ID:L5PccB8Y0 [19/32]


       /       |      }〉      ゚。
            ∧      /′       ゚
      |      /       { \
     |    厶-‐-丶/  {-‐- ヽ    |  じつは、いつも嫁と呼んでいる彼ですが、
.       |   ´ /}丿   \  {ハ{  ゚。`   |         この学校からの付き合いですね。
.      !.  /  .二、    \{ .二、 } i  |
        {∨  〃⌒^       ^⌒ヾ }ノ}    彼はずっと102に居ました。
      圦(∧         ,         ん'
        } ー-.                 .__/ ′   まぁ、それが一番の不幸だったと思うんですが(汗)
        } i 人    V  ラ   人   {
        } |  个. .       . イ. .   {
        } | . .| . r |≧=‐=≦|.. .|. . .   {
        } | . .|. ノ⌒\___/⌒ .! . .  {
        } | . ./.......o../.||..}o.......\.  {
    ___ .斗‐=ニ.].........o.../.. ||..}....o.........〕iト{
 /.....{L....   -┘\_.o/ ... リ∧..o....... 人    ┐_
./...................................................{{......`¨¨¨´......... ー- .」⌒\

1621 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 23:10:51 ID:L5PccB8Y0 [20/32]


             /         ゚。
         . .           {   .    \
.          /. .{        ∧   l|       ゚。   実はこの3部屋・・・特に102ですね。
.         . . . {     |  /    八 _」_
       i . . {     .斗 /⌒  ∨   |ハ   |   昔から出る、と言われている部屋だったそうで。
       | . . {     |/ 斗-ミ \{_」_ }  八
.         !. . {     Ν/ ん(     ん.V     ここで嫌なことは、七不思議的に伝えられてるだけでなく、
          . . 人   | {{ Vリ    vリ ん′    先輩方が実体験を話しているところが気持ち悪いんですよね。
          }. . { \  |   , , ,     、 , ,{
          }. .人〔k\〉         __,   八   過去の逸話ではなく、現在進行形です。
          }. . ./.`¨¨〕iト     ´    /
.        } . {. . | . .__}   .          棚の一番奥に閉まっていた瓶がなぜか勝手に落ちたとか、
.         } . { . .|. /...........‐-..l〕爪, {          備え付けの棚に女性を見た・・・・などですね。
          . . . {.__」く.............。.8.ハ..\ {
       / r<___彡...\........o/.{{∨.二ニ=┐   はじめは眉唾ものだと思ってたんですけどね。
.      / /⌒丶...............`¨¨´....{{.................. |

1624 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 23:17:15 ID:L5PccB8Y0 [22/32]


           ,  -―- 、
         , イ        `ヽ、
        /            、   ヽ
      /      i      〉   ヽ
       .ハ .!  , l .ハ    i/ヘ    ハ   そう、曰くつきだったんですよね。
      !  !  / /l l  l , /イlヽ',   .l
      !  ! f /‐レ―-l l、  !L_ ヽ   .l  そこで寝るようになってから金縛りが増えましたね。
      ! ハ l/ ,.ztォトヽlヽ l _リ_``ト .イl
      l  ,ヘ.l ヽ弋り     イ心 ', イj   高校卒業まで金縛り回数1だったのが劇的に増えました。
       .! .l フv .:::::::.      ゞ'イ.'rレリ
        ! ヽ=.、       '  .::::./ノ/   私の2番めに怖い金縛り体験、ここで公開しましょうか。
      l  ::;::\   r‐ 、   /´/
        !  ::l:::::::::i 、   _ イ::.レ
       l  ::!:::::/丶、`ニノ、::::::!:::: l
       .!_ :」イ    木 /7.┴‐-! 、.     ,、
    ,-、ニ´‐、´.ヘ   ノ llV./  ̄丁~~ハ    //
   l  ヽ   ヽ ヘ/  l/ム、  '  / l   _//
   .!  ヽ   ヽ.   /   ‐f ., / 、l  ィ7-ヽ
   l`   ヽ,  ヽ_  /   `_) l V v .f 'l‐ l
    l    l  ='-ァヲ   /‐' ==.}  .l-! '`´/
    !    ! ...::/ ハ  /::::::::::l::::リ .ハ!  /
   l    .ヽ/   ヽ.イl::ll:::::::::/::/ /  ヽ ./ .l
    !   /ヽ    >'::llo::::::l:::::l /ヽ  ヽ、ノ

1625 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 23:21:08 ID:L5PccB8Y0 [23/32]


             /         ゚。
         . .           {   .    \   まず、先に説明しなければならないのはこの寮の備え付けの電話についてですね。
.          /. .{        ∧   l|       ゚。
.         . . . {     |  /    八 _」_      昔からある10円で動くピンク電話でした。
       i . . {     .斗 /⌒  ∨   |ハ   |
       | . . {     |/ 斗-ミ \{_」_ }  八   ただ、こちらから掛けるには機能が壊れてたのか使えなかったイメージが有ります。
.         !. . {     Ν/ ん(     ん.V
          . . 人   | {{ Vリ    vリ ん′   専ら学校の先生から掛かってきましたね。
          }. . { \  |   , , ,     、 , ,{
          }. .人〔k\〉         __,   八    その電話が今回の話に関係しています。
          }. . ./.`¨¨〕iト     ´    /
.        } . {. . | . .__}   .
.         } . { . .|. /...........‐-..l〕爪, {
          . . . {.__」く.............。.8.ハ..\ {
       / r<___彡...\........o/.{{∨.二ニ=┐
.      / /⌒丶...............`¨¨´....{{.................. |

1626 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 23:26:18 ID:L5PccB8Y0 [24/32]


       /                 \    \
      .′ l       j         }\    ヽ   ここで言っておくべき二つ目のこと。
       |   {       ト        /ヽ. ヽ   !ヘ
       |   |    .:| l l ヽ \    /ハ \'   l i  まず、寮へ掛けるための電話番号は私は知りません。
       |   |    .:| | l  丶. \ /イi_L.-‐ヽ  | |
      |   .:ヘ    .:|_ l L斗七\ ヽ } リ   }  |/.}   多分他の学生も覚えてなかったのではないでしょうか?
      |   .:八   .:l/八j     \l .,' ィクセう∧ ′|
.       |  /´ヘ  .:l   ィfヤ゚心   }/ 弋rシ゚′!/  i   そんな電話ですが・・・・ある日、
        |   { 7( ヽ :l く Vrぅツ     、、、、l /
       |  人〈_. \l   ¨´、、、    ,    j             「ジリリリリリリリリリリリリリリリリリリリ!」
.       |    >ミ、  u            ′
        |   .:l.:.:.:l.:.ゥへ     r  ア  /.:.|     と、いつもの様にけたたましく鳴ったんですよね。
       |    .:l.:.:.:l:/ヽノ  >      ィ:.:.:|.:.:.|
       |    .:l.:.:./::.::.\_    j`ヘ`≧ー‐z--、   結構うるさい電話でした。
       |   .:/V ::.::.::.:..` ̄八\::o\-、__ヽ \
       | >'´   ヽ    o l::::}}ノ丶 oヽ i  `i   ヽ   その時私は、
      _ /く   __/ \   o j- }{    ̄  l  }    |       「先生から電話か・・・何かあったのかな?」
    /  \ヽx‐' ヽ   \   ′ }{ o     l  弋   |                 くらいの気持ちで出たんですよね。
    /    \        \/.   }!   .........'..:..:..\  |
    |      ヽ   丶.  ......:..:..:..:..乂..:..:..:..:..:..゚,..:..:..:..ヽ.|
    |       '.  .........:..:..:..:..:..:..:..:..:..:...ヽ..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:∨

1629 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 23:31:11 ID:L5PccB8Y0 [25/32]


\.........................../       {        |‐-ミ       \}
.  \................../      {       |    丶     ゚。    電話に出た瞬間でしたね。
    \......... '       | {丶       ハ-‐…‐\
.       \....        | {   \   /    斗-ミ,     }|\〉   『私。今駅にいるの。迎えに来て』
     | ^        ∧{-‐-  \{\ | r' ハ メハ  八
     ! {    .  {´  斗-ミ   \ v  V.ツ   }/        知らない女性の声で一方的に伝えられました。
      ‘, {   {  { 〃r....ハ              {丿    \
.       人   {  {《 乂..ツ              }. . . .     \    私の戸惑いの声と、「どなたですか」「間違いでは?」
        ∨ \∧ {            '      ハ . . . . . .    \
.       /  八                       . . . .} . . . . . . . .   \ ∠ニ   といったことも告げたのですが、すぐに切られてしまいました。
      /  /  `  .\〉_. 、       ^⌒)   . . .\」L. .   -‐='⌒丶∠ニニ
.     /  /    } . . . . . 个. .         /} . . . .          V∠ニニニ   なんとも言えない不安がその時私をよぎりましたね。
    /  / }   }. . . . . . .|. /. . ≧=‐- -‐   / . . . . |========‐∠ニニニニ
.   /  /      } . . . . . /{. . . . . .\   /. . . . . . . . . . . . . .∠ニニニニ    しかも、その時その場に居たのは私だけだったので。
   /  / /    }. . .    \. . O .C〕T爪. C. . O ./. . . . . .∠ニニニニニ

1630 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 23:35:38 ID:L5PccB8Y0 [26/32]


       /                 \    \
      .′ l       j         }\    ヽ    そして、このことを談話室にお昼時で集まってきた先輩方に言ったんですよね。
       |   {       ト        /ヽ. ヽ   !ヘ
       |   |    .:| l l ヽ \    /ハ \'   l i   そしたら他にも二名、同じような内容の電話を今日受けたという話になりました。
       |   |    .:| | l  丶. \ /イi_L.-‐ヽ  | |
      |   .:ヘ    .:|_ l L斗七\ ヽ } リ   }  |/.}   結構”アカン”的な雰囲気が出たのですが、一人の先輩が、
      |   .:八   .:l/八j     \l .,' ィクセう∧ ′|       「でもさ・・・・・・あの声の女の子、ぜったいかわいいよね!!」
.       |  /´ヘ  .:l   ィfヤ゚心   }/ 弋rシ゚′!/  i   という一言が有り、「確かに、あの声は絶対かわいい!」と同調して終わったんですよね。
        |   { 7( ヽ :l く Vrぅツ     、、、、l /
       |  人〈_. \l   ¨´、、、    ,    j     またまた、そこで終われば良かったんですが、と言う話になるんですが。
.       |    >ミ、  u            ′
        |   .:l.:.:.:l.:.ゥへ     r  ア  /.:.|    私、外へ用事で出るついでに言ってしまったんですよね。
       |    .:l.:.:.:l:/ヽノ  >      ィ:.:.:|.:.:.|
       |    .:l.:.:./::.::.\_    j`ヘ`≧ー‐z--、      ・・・・・・・・・・最寄りの駅に。
       |   .:/V ::.::.::.:..` ̄八\::o\-、__ヽ \
       | >'´   ヽ    o l::::}}ノ丶 oヽ i  `i   ヽ
      _ /く   __/ \   o j- }{    ̄  l  }    |
    /  \ヽx‐' ヽ   \   ′ }{ o     l  弋   |
    /    \        \/.   }!   .........'..:..:..\  |
    |      ヽ   丶.  ......:..:..:..:..乂..:..:..:..:..:..゚,..:..:..:..ヽ.|
    |       '.  .........:..:..:..:..:..:..:..:..:..:...ヽ..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:∨

1631 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 23:39:42 ID:L5PccB8Y0 [27/32]


          /                         \

        /                    ゚。        ゚。
.        ′  /     /              ゚        ゚
              |    / |   }\       l|
       l    |八    //l|   }         l|        |   もし、本当に迎えが欲しいのかもとか色々考えてしまって・・・
       | {ー匕  /^ 八/\}  }     }|        |
       | ハ z=ミ }∧ /  ` ー-‐  }    八      |   どうしても気になってしまったんですよね。
       |/ 〈 r |   ∨ ァ=‐-ミ,  }          {. |
       |    .り       r'  | V }  / /⌒ヽ   {. |   結果としては電話の内容に当てはまる人は居ませんでした。
         },,        V:ツ 丿 }/}/ ⌒> }  {. |
          .  ′      ,,,,,,     r' ン 人   {. |   そして、用事も終えた私は寮に戻ってきたんです。
          人   _              ____,/. . .   . |
              `           . イ . . .{. . . . .  ∨   そこで、その二人の先輩のうちの一人にそのことを話したんですよね。
            }\          }_|. . . .{. . . . .|   {
            }. .个ー-‐=≦   /.....\ . {. . . . .|   {   先輩「え?マジで行ったの?ヤバいんじゃね?連れて来ちゃったかもよ?(笑)」
.            斗‐=¬......o.〉__彡............./ \ . . . . |   {
          r‐く__. -‐┥8../{..o.......... /\    . . . .|   {   私「あはは!今日の夜、金縛り、あうかもしれないですね~」
          |.................... |_/〉{.o.°/...........`⌒ヽ} . .|
         |.....V................../o..`¨¨´...../................. }. . |  ∧   軽い気持ちでそう言ったんですよね。そしてその瞬間でした。
        |.......}y ......... /................./....................... } . .| .′
.          |.../............/o.........../............................. }. . |     \〉

1632 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 23:40:28 ID:L5PccB8Y0 [28/32]



                  {         |  丶
      /           ∧        人    \
.       ′                 \     /   」L. _  \    ゚。
          ′      |  |   . -‐-{\      !   `丶 ゚。   °
            {        |  |/   \〉 丶.   |          }
     |     {        |  |              |xテ恣k     }\〉
      |    {        |\| x伐恣k       }丿{トJハ j〉    }
      |    {      Ν ア {トJハ         v'ツ  ∧
      |   八     {, 〈   乂__ツ              { ∨   (あ、今日、金縛りに合うな)
     |      .\    {                 、
.       |      ___\   {
.      |    / ___, \                      }
.     !    { '⌒丶 \〉               ¬     八
.      ‘   人  {......ー┐              {____丿
.             ` 二二.」_____
             i. . . . .} ハ             /
             |. . . . .}/.}         ≧=‐--‐く  !
          }     |. . . . .}. V           ∧. . . . { |
         }      |. . . .丿. . \       }. V⌒ ー-  . ___
          }     |._._.{. . . . . . . .ー- . ___/.o. .\__     V⌒丶
.        }    /⌒¨¨ 、. . . . . . . . o. ./ [\. . . o\二ニ= ┘ . . . ゚。
.         }  /       ∧ . . . . . . . . . ′[. . \. . o. 〉. . .{. . . . V . ゚
       }/       /. . . . . . . .o. . .{.. ..[. ./ . \_/ . . . { . . . . }. . .
     . ⌒^\   / . . . . . .\ . . . . .{. . . V. . . . . . . . . . .{ . . . . }. . |

1633 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 23:41:47 ID:L5PccB8Y0 [29/32]


\.........................../       {        |‐-ミ       \}
.  \................../      {       |    丶     ゚。
    \......... '       | {丶       ハ-‐…‐\
.       \....        | {   \   /    斗-ミ,     }|\〉   確信にも似た予感でした。
     | ^        ∧{-‐-  \{\ | r' ハ メハ  八
     ! {    .  {´  斗-ミ   \ v  V.ツ   }/        自然とそう思ったんですよね。
      ‘, {   {  { 〃r....ハ              {丿    \
.       人   {  {《 乂..ツ              }. . . .     \   結果は・・・・・・本当に金縛りにその夜に会いました。
        ∨ \∧ {            '      ハ . . . . . .    \
.       /  八                       . . . .} . . . . . . . .   \ ∠ニ   それ以上のことは何もなかったんですけどね。
      /  /  `  .\〉_. 、       ^⌒)   . . .\」L. .   -‐='⌒丶∠ニニ
.     /  /    } . . . . . 个. .         /} . . . .          V∠ニニニ
    /  / }   }. . . . . . .|. /. . ≧=‐- -‐   / . . . . |========‐∠ニニニニ
.   /  /      } . . . . . /{. . . . . .\   /. . . . . . . . . . . . . .∠ニニニニ
   /  / /    }. . .    \. . O .C〕T爪. C. . O ./. . . . . .∠ニニニニニ

1636 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 23:45:55 ID:L5PccB8Y0 [30/32]


         {,//////,ィ         \///,}
.        , ' ∨,//     i      ヽ    ヾ/}
.      /   }/     /|        Y   ヾ
       ′   ′     /  .     | }    ‘,
.      .    //    /}厶-―ヽ !   イ ヽ     ‘,   因みに金縛りを事前に予感できたのは後にも先にもこの時だけですね。
     i   ,'/    //      ヽト、/ | __ヽ
     |   j/ |  // ,x=≠=ュ  \ヽ |   `:.  } |   その予感も寝る直前ではなく、まだ明るい夕方、しかも先輩と喋ってる時。
     |  /,.-|  ,′〃fし:i:}  ゛   jノィ心、 i  ハ !
     |  / 八 |   ゛弋:::ソ       {しj j} |: / }ノ   あの時は自然と流しましたが・・・・今思い返すと結構ゾッとします。
     |  {/ rfヽ{               ゞ゚' /}/  ′
     |  ヽ ゞ :)           ,     , /     これが2番めに怖かった金縛り体験ですね。
     |   ` -- 、       __
     |      i \      ‘‐’   /    そして、このことを嫁に言ったら新事実を聞きました。
     |{    :   |___             ´
.     八  ′  i|: : `: : . >‐‐< i     あのピンク電話、何処からかもわからない無言電話がかかってくることが度々あったそうなんです。
     /   /  : i|: : : : : : : `Y   |
.    /   /   / 八: :.:.____|  :i|   先輩は当たり前のようにそう言っていたようですね。
   /   /   / / ̄ ̄{{ ̄ ̄ヽヽ .:}|
 /   /   / /: : : : : ヽ\___j }=‐- 、   嫁は実際にその無言電話を受け取ったことが有ります。
    /   / /: : : : : : :/  ̄ ̄: : : : : :‘,
.  /  / /: : : : :.:/ : : : : : : : : : : : : : :.

1637 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 23:52:41 ID:L5PccB8Y0 [31/32]


              _     _
            .  ´        `  .
         /                 \
.         , '      i      j{        ヽ
         /      |     ハ
       ′ ′   /,ハ   i j/ }ヽ
      i  i    //  .   |/  ハ  ,    ‘. i
      |  |  厶-‐‐ヽ  イ  i|_リ_ ‘    }| |    さて、今日はここまでにしましょうか。
      |  |  / ≫=ュ、 \ト、 |/  `ヽ   八
.         f^i /〃f:::じハ   ` )ノイ斧ミ、, /  ′   本題は別に有りますので。
       i{(Ⅳ   ゞ '       弋うソ》∨Y
        ゝ-ヘ       ,        ハ/ ′    もう、夜も遅いですしね。
       i   人             /‐'
       |  i 丶    -     イ          また次の機会をお楽しみに。
       |  |    >    <  i|    |
       |  |    /ト、   _,ト、   i|    |
       |  |  /: :o TT:o: :ヽ  i|    |
       |  |イ: :o: : :/| ト、: :o :〉=ミ   |
      ,,<>:.'\:o/: | |: ヽo/:`:<>/)__
.   f´ ゝ :´: : : : : : `: :.: :.| |O : : : : : : //:ーヘ._   /)
    |: : : : : : : i : : : : : : : :| |: : : : : :./ `こ7: : :厶}//
    | : : : : : : :|: : : : : : : : | |O: :.:/    ヽ{: ;へ ヽ∨
    |: : : : : :/ |:.: : : : : : : :! !:.:/     /ソ〈,ノ)  /
    | : : : ∨r‐⌒ーュ : : : :!/\   .イ: : :.:/r‐'  /
    |:.: : : ′: : : : : : : :.:/: : : :.:`く: : : : : :{ ′ /
    |: : : :{: : : : : : : :./: :\ : : : : : 〉: : : : :}___{_
    |: : :八: : : : : /: : : : : : ヽ: :./: : : :〈: : : : : : |

1640 名前:ネコスキー ◆hK6dlefEs2[] 投稿日:2015/09/21(月) 23:57:49 ID:L5PccB8Y0 [32/32]


          /              、       \
       /       /            }       ヽ
.      /       /  {           !|
      ′/    /  ハ 、       八
     i     /   /  , \    /!  、       ‘.
     | i   / |斗'‐‐-    ヽ /-!―-\   i    i    ということで、今日はこれでお暇しますね♪
     | |   ´ ! /    ‘, イ' i| /   ヽ.` |    |
     | |   ′j厶≠ミ、   .  ト、 | x≠=ミ、  ! _      今日もお付き合いいただき、ありがとうございました!
      Y‘.  i 《 {::f::じj ゛  \{ )ノ "{::f::じj 》、 |r Y
      八(ハ | ゛乂::ソ         乂::ソ  Ⅵう 八    では皆様、オヤスミなさい!
        ヽ.Ⅵ、                   , ノ/
       i  \ハ        ,        /イ  ′
       |    `        ___     / i|   i
       |      \     {  i  }      イ   |   |
       |     i `     ゝ - '     |      |
       |     |     i>     イ     |      |
       |     |   ノ\    _,ノヽ    |      |
       |_ .。-‐ r:': : : O:}TT{:O: : : :\       |
    , -{{__ . -=={: :O : /.:.| |:、: : O: : :}{{ ̄二ニ=ミ
   ′:.: :|: : : : i: : : 八:.:O:/: :.:| |: :ヽ:O: :/: : : ̄: : : :ー く: ヽ
  i: : : : :|: : : : |: : : : : ヽ:/: :.: :| |O: : ヽ/: : : : : :/: : : : : /: : :i
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する