FC2ブログ

ヤンデレを書こう!! 『食蜂操祈で学ぶ監禁の仕方』

110 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/23(水) 23:38:37 ID:ziB4vXww [9/13]
ちょっとロリが思いつかないので以前の安価で出てたキャラでおまけやります。




                      ┌──────────────────┐
                      │                              │
                      │   食蜂操祈で学ぶ監禁の仕方       │
                      │                              │
                      └──────────────────┘



                            -‐……‐- _
                          '"
                        /             \
                       ー===/  /        ,    ,
                     __/_彡' __/ / ./       .′ ;   ′
                         /⌒¨ ̄i| .アト.,/|     /   ,′ |:,
                     /      |{ .廴|_/ ヽ   ./ l ./  |〉
                  /   i|  |{/「灰㍉圦  /__j|_/_r─<__〉
                   '′ :i ||  |{  Vソ   ヽr──┴‐-\)  `` ‐-=ニ[__
               /     | ||  i:|乂'''     竺ミ ̄}「¨ア  〃⌒ ;       ´'iトミ
             ___彡'’     /| |l  圦⌒ri  '  ''' >'"_ -‐…┐ ./==- _   }} }}\
           ⌒ア     / .{__八 |〈: : . ` ー‐   (_/   ト--/ ,:   厂 ̄``丶,ノ __リ ./
         _彡'’     / .//, ..∧.乂\__ : : -‐≦ア    |{  {_/  /       `¨¨.イ
          ⌒7         :|V/.....∧   父く_ ⌒¨ア /  八     |   _,,. -=ニ[ ̄
           /          :| ∨/....{Ii,_/.|{⌒\/..... {/,)/      |,ァ=ニ[ ̄
                  |  ∧. ∨....Ⅵi, .|{  《/..|.....‘,     .,。----┛_
                  |    :| ′... Ⅵi |{ ,《/... l.........\_/    \i:i≧=-
                  |     || .|.......... Ⅵi:,|{《/.........................;...∧    ∨\i:i≧=-
               i|:  |     ||」|..............\__/..........................,′....〉  ,|  |i .....Ⅵi:\i:`、
               || i.     |l从....................:::........................./ ......... } /.|  ||....... }:|i:i:i:ハi:`、
               || |:      |'⌒\,_____,,.-=-  .,,___,,. イ............./イ...|  || ... /i:|:i:i:i:i:|i:i:}
               l| |:      |{   ヽ   \ ............................................ |  リ . /i:i:|:i:i:i:i:|:'/:\
            圦|:      小.   ∧.    `、==ミ、............................ | /_,,.イi:i:i:|:i:i:i:i:|i:i〈i:/
               Ⅵi.   乂_   /:}i===彡'Ⅵ|i:i:i:i:`¨¨`iー─≪i:i|:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:|:i:i:i:〉
              \   Ⅵ\..  \/i:圦__彡''Ⅵi:i:i:i:i|i:i:i:i:i:|i:i:i:i〉i:i〉:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:|_/
              \  `、⌒≧=ーr===∧     '{|i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:}i:i:/i:i/:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:|
               \_  \    |/___  〉    {:i:i:i:i:i|:i:i:i:i/i:/i:i/__>'⌒¨¨¨^ ̄厂
                    ⌒≧=-- /   `ヽ〉   {i:i:i:i:i|i:i:i/i:/i:i/⌒ _____    ,′
                      /      /∧  {:i:i:i:i|i:/¨¨⌒ |'"´     ``ヽ/
                        /=--=ミ   /〉   {〉¨¨´     |         /
                   ,′     \/ ノ   乂,      |=-‐…‐-=ミ,′
111 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/23(水) 23:43:37 ID:ziB4vXww







               ┌───────────────────────────────┐
               │.. .皆様こんばんは。                                      │
               │                                                  │
               │.. .本日は食蜂操祈さんを通して正しい監禁の仕方を学びましょう。    ...│
               │                                                  │
               │.. .拉致監禁はやり方を間違えると大変危険です。                  │
               │                                                  │
               │.. .それでは基本的な監禁の方法と応用も少し学んでいきましょう。      │
               │                                                  │
               └───────────────────────────────┘





                  /   / │:::     /::/  | ::...   \::::... ヽ:       ::.
                    /   /  :| ::::   .:::/∨  ∧  ::...    ∨:::..  ::.   :.    ::.
                       |   ::八|::  :::::| |  /─\‐:::::..    \:::. |:::   :. \::|
                 |    |  :::::::厶__  :: | |_,/ニ斗チチ外ミ::..     \|_,  :.  ::|
                 |│  |  :::イ二\ :::| |/〃 トx公r| リ::...________/   :.  :::.
                 |│  |∧::斗チf艾_\|     )_Yソ |    /  |:::     ::  :::::.
                 |│   :::::V爪 )Yソ       ´´、、 /    .::::  |:::.    ::|  .::::::::.
                 |八  |:::ハ| 、、´ヽ          /  /::::   |:::.    ::|  ::::ト、::::.
                 /     八:::::::\          ⌒¨7´ .::::     |:::.    | .::::: |: 〉::)
                      ∨|:::::「八⌒   -―‐一'′   / .:::      |::::....../.:::|::::::::ノ/::/
                      ∧|:::::|::::::::.           / .::       | :::::::::::::八/ .:::/
                  :::::::\|::::::::「\          .::       ノ::/.::::/レ--'゙:/
                  ::::::::::::::::::::|::::\:::::...      _/   /   _彡'⌒ ー=彡ク¨¨´
                  ::::::::::::::::::::::|:\ ::\:::>ヤ/   /|  /        〈
               :::::::::::::::::::::::::|:::::`^⌒:::::::<____,,.. -=ニ|           イ
               ::::::::/|:::::::::::::::|:::::::::::::::::::x―r<    ∨ /         人_
                /:::::::/ ,|八:::::::::::::::::::::::::::/ 〈¨¨∧   / /           _ノ--=ミ
            /:::::::/ /:|::::::\::::::::\:::::/  / /  '  / /       /  _,.. '"´     \
              /:::::::/ / | :::::: /\ ::::::∨ /|    ゙. [/     \厶イ/
             .:::::/ / .:: | :::::/::::::::`^ア|// ノ  <(乂/        厂 /              |
            .//  / .::::人::/ 广¨厂 /// /  <◇x7      φ:::/ /         |
               /.:::/:::::::∨  /  /// / <◇У7       {::://              |

112 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/23(水) 23:51:20 ID:ziB4vXww





               ′  |    i/--| 、 |    ∧     /    |   |    |
                .| ′ |   _|≧=ミ, |  --/ __',   ∧    {  |    |
                .| i  八  `Y^_゚人ト、{    | __}``/、 '.         |     |
                .| |    \ | _VYフ \  :| -=气≧x、 \   \  l     |
                .| |     Ν ´´    \{  _゚人::} }》、/\   \l  \ |
              j从  \ 乂   〈       乂Yフノ^/    ー┬‐   \
                    ∧  | ┬‐             ,,, /     /  |  |  l| |\             え!?いや、別に彼氏じゃないし。
                   j{ ∧ l| 人   `ト ___     ー=ニ__彡'   |  |  l| ト、
                j{  ∧人  \  ∨  `フ´     /  /   八  |  l| l | |           .え?あ、そ、そう……。
                .j{      \{  \ `ニ´     , '  /    ,/   ノ  ノノ } }
                j{ |    |\{    ー 、-=≦ / /  -‐ '^ー‐'^ーくく_彡'              うん、別にあたしもそんなんじゃ……。
             j{ l|    |        } ___/   /         ィ´
                 j{ li|    |      -v'´/   -‐/            〈           ボソッ
               j{ /从    ',    / / ┬‐   /          /、                  別にそこまで言わなくてもいいじゃん
             j{/ {  \        / /  :|‘,   /     、 }      ノ ̄ ̄`ヽ
            ノ' /|  /\  {  _/ /   / ‘, /     ∨  __ -‐
             /八  {  _.\{´ :lノ/ /  xく∨      r'7: /              |



           .┌─────────────────────────────────────┐
           .│. まずは一番最初の監禁相手の選別。                               │
           .│                                                        │
           .│. これは迷わずに想い人を選びましょう。                              │
           .│                                                        │
           .│. 決して通行人だとかその辺を歩いていた未成年とかを選んではいけません。         .│
           .│                                                        │
           .│. 社会問題になります。                                         │
           .│                                                        │
           .│. さらに言えば少し仲良くなってなかなか進展しない相手なんかいいですね。          │
           .│                                                        │
           .│. 友達にしか見られてないとか最高ですね。                               │
           .│                                                        │
           .│. そのまま、足踏みしていたら相手に彼女ができていた……なんてことはよくあることです. │
           .│                                                        │
           .│. そうなったらしょうがないので監禁してしまいましょう。                        │
           .└─────────────────────────────────────┘

113 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/23(水) 23:58:21 ID:ziB4vXww




        : : : : : : : \  ||          |  |            |  |          ||  /: : : : : :
        \: : : : : : : \||二二二二二|_|二二二二二二|_|二二二二二||/: : : : : : /
        : : :\___________________________/: :
        : : : : | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|: : : :
        : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : :
        : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : :
        : : : : |: : : : : : : : || ̄ ||: : : : : : : : : : : ┏━┓: : : : : : : : : : :| ̄ ̄|: : : : : : : |: : : :
        : : : : |: : : : : : : : ||   ||     : :  ┃  ┃  : :       .|    |: : : : : : : |: : : :
        : : : : |: : : : : : : : ||__||: : : : : : : : : : : ┗━┛: : : : : : : : : : :|__|: : : : : : : |: : : :
        : : : : |: : : : : : : : : :        : :          : :        .: : : : : : : : : |: : : :
        : : : : |: : : : : : : : : :        : :          : :        .: : : : : : : : : |: : : :
        : : : : |: : : :ヾY7>: :  \|f゚    fvi    、}ル'.  : :.、ィォ       : : : : : : : : :|: : : :
        : : :_:_|__i二「!: :  FT!   Eエi    .fヵ  : :rFT!   FH¨i:: =厂iD: :|: : : :
        : : T¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨T: :
        _.|____: : : : :        : :         : :         : : : : : : : : : |: :
        ::.:.:.:.:.><|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :「| ̄ ̄ ̄
        ><. イ:.:.|:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.|.|
         ̄´  /:.:. |: : : : : : : : : : : : : : : : : : || ̄ ̄ ̄||.: : : : : : : : : : : : : : : : : :.:|.|
            / :.:.: |─────────||======||ー──────── |.|厂 ̄ ̄




         ┌────────────────────────────────┐
         │ 次は監禁する場所の準備です。                              │
         │                                                    │
         │ 監禁していると周囲に知られるとまずいです。                       │
         │                                                    │
         │ なので、監禁する場所は基本的に防音がしっかりしている所が望ましいです..│
         │                                                    │
         │ 地下室などがアレばベストです。                                │
         │                                                    │
         │ ただし、人に見つかりにくいからといって廃工場や、廃屋に監禁すると    .│
         │                                                    │
         │ ひょんなことから見つかってしまう可能性があるので                 │
         │                                                    │
         │ できれば自分で管理できる所がいいですね。                   │
         │                                                    │
         └────────────────────────────────┘

115 名前:SAN値直葬 ◆ltPhPWT046[sage] 投稿日:2015/09/24(木) 00:02:26 ID:oirRnn.U




                       /              `ー‐  、
                                        ヽ
                      /               /           ‘,
                  /           /   /  /         ‘,
                          /  __ / /i   i     i
               /        __ /     >{/\{   {     } |
                           ̄  T斥”气、  .{ /{       |
                          '{ `^んイ} ヽ  V V}ト、 / / .}
                .′ /      |   、   , 弋ツ       _/   / /  ,′
                 /     |   \ ‘,      んj】}/}/
               , /    i        :| ` _ >     >‐'/   / /
                {./     :!   从    :{     ト      ,   /}/          ねえ、ちょっと借りてた漫画返すから家まできてくれないかしら?
                 /    ,     、   ‘,   乂 )>  ./{  ,   _ _
              /    /     { \  ‘,、      r‐‐=ミ /  r┴‐、\ }     え?女の子にあんな重い物全部持って来いっていうの?
             ./    /{       {_   、  , ,ー=≦` ー-  ` 、{ ー 、_}、_}」、
            /    /八     {  ̄   \} /  }     }  ` 、           、 ひっどーい。
           ./    /_>‘,   {      `ヽ\}    , r‐ 、 \_ ‐‐― 、   \
          /  ,  ⌒ヽ \‘,  .!     / .}∧!   ./  `  _ ̄           V
         ./  /  \ \  \ .{\   /  ! .}  /__     ` ー- __       V
          ./   /.       }   \!  ーく \_!__」 ./  } ` 、        ∧     ∨
        /   /     }  }  }     \ \  厶ィ   !  ハ         ∧     ∨





                 ┌───────────────────────────────┐
                 │.続いては監禁の前段階。                                   │
                 │                                                  │
                 │.相手を連れてくるところです。                               │
                 │                                                  │
                 │.最もいい方法は相手を監禁予定場所に連れてくることです。          .│
                 │                                                  │
                 │.こちらのほうが確実です。                                │
                 │                                                  │
                 │.下手に離れたところなどで気絶させたりすると……                │
                 │                                                  │
                 └───────────────────────────────┘

116 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/24(木) 00:02:59 ID:oirRnn.U





                       /  /   /      j  i     ∧
                    /  /    /  /, / / / }.│     l   r'⌒^ヽ     ゼ
                  /  / l  i ! >ァイ7' /  j |     l  ト、 {     )    │
                  /   / l  |. |//__j |∨ /∧>ー- j  , l !. ゝ、_,ノ      │
                 /   .// .l  l. 「乍亞ラ∨ト、// 弍j. ∨ ′j| | ヘ
             /   ///  |.  ! { """  ヾ/' 乍刈トУ /' || }
            /   /_/  ヘ  トゝ      ,  """ ./ /  j.! jj   ゼ
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ //  / ヘ. l u          u /イ// / ∨   │
                 / /  / ∧ヘ∧、 r──- 、  ´ //' / ∧′   │              重い……。
             u. ´  /  / //∧` ゝ\ ー─‐'   ィく{ レ′/ /∧!
         ____  '  / ,イ/∧ ヽ   >-‐ j7/ ./,  / //∧ヘ
         / / ∨  i  '// ∨\ \   /_ノ / / /  // ∧ヘ
          /   ∨´:| /' /   ∨ \ ` ̄  _,ィ彡イ´ / /∧ ∧ヘ





                  ┌────────────────┐
                  │                          │
                  │    .こんなことになります。        .│
                  │                          │
                  └────────────────┘

117 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/24(木) 00:10:27 ID:oirRnn.U





                 `、          `、                     ,′            、`
                 `、             `、                  ,′         、`
                  `、         `、                ,′       、`
                 \         `、              ,′        、`
                   \           `、          /         、`
                     \        ヽ_ ___ ,、、、、、.,/_      、`
                        \      f{<⊇[⊆ァ二二ニ=‐- ニ=- _`
                          `、   ヽ__>ー⊂[トミトミァ′  ̄ ‐=ニニ}h、
                            )>=ニ二ノ∠`ヽト>〉ーレ' /       /=ミh、ノ
                        / _ -‐===ミノノノレ' /_,,.  ヾ、 ′ ̄
                        }/       /〈ムア ∥     ∨
                        }′    /,    V∥   ',      {
                        、`    /  {    {{   \      ',
                       、`        {レ-‐ l|   `ヽ\   ‘,
                     、` ヽ   丶_ ∥   l|\     ヽ(/ ゚。
                    〈 ヽ/      ∥_  、`|  ヽ  .,,_,,.、\   \
                   `Y   7ァ=-、/ ̄` _ノ  |  j{     r… Y ∥
                       /⌒、ノ/   ∟-‐ア゙   j  }ヽ____, ‐弌r―- ノ
                    八__ノ/ヽ /__ ヽ/   ∥ ∥ ;⌒i{___ノ 廴、‐゛
                   八__ノ/´ )/      ー' ノ_,,、、(___,.、‐゛
                            `ー'゛      r…‐゙(_,,,.、、、/
                               ー…''`´





             .┌─────────────────────────────┐
             .│. そして、拘束方法です。                              │
             .│                                              │
             .│. これは監禁の種類によって異なります。                 │
             .│                                              │
             .│. 性交渉を前提とした短期間の拘束なら                      │
             .│                                              │
             .│. ベットの四隅に手を縛り付けるのがいいでしょう。             │
             .│                                              │
             .│. きっと逆レイプしやすいですよ。                      │
             .│                                              │
             .│. そうでない場合は後ろ手のこうするのがいいでしょう。            │
             .│                                              │
             .│. そうすると相手は暴れにくくなります。                        │
             .└─────────────────────────────┘

118 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/24(木) 00:16:47 ID:oirRnn.U [4/21]




                            ,. -┬- 、
                        / ノ '⌒ヽ{∧
                      /7´     Vハ
                        /7       }/}
                          {ハ       }/}
                         {∧        /_/
                      Vハ       /_/ /7
                           Vハ    ∠ノ /7∠>
                      {_フ_フ_フ_フ_)]_]/_/
                      {_フ_フ_フ_フ_)
                         /ノ '⌒ヽ∧
                      /7´     Vハ
                        /7       }/}
                    {ハ       }/}
                         {∧        /_/
                      Vハ       /_/
                     Vハ__∠ノ
                         \{_{_{_/



            .┌──────────────────────────────────┐
            .│...拘束する際に一番良いのは手錠ですが。                            │
            .│                                                  │
            .│...そんなもの用意できるか!!                                │
            .│                                                  │
            .│...という方も多いでしょう。                                     │
            .│                                                  │
            .│...そのような場合にオススメなのは麻紐です。                         │
            .│                                                  │
            .│...麻紐を用意し、相手の両手を後ろに捻って                        │
            .│                                                  │
            .│...手の甲同士を合わせるようにします。                               │
            .│                                                  │
            .│...そして、なるべく頭の方にあげて                                │
            .│                                                  │
            .│...親指の付け根同士を上記AAのように輪っかにして縛ります。            │
            .│                                                  │
            .│...そうすると動きが取れなくなります。                             │
            .│                                                  │
            .│...ただし、これは古流武術の巻き方の一種なので現実でやると友人なくします。  . │
            .└──────────────────────────────────┘

119 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/24(木) 00:22:42 ID:oirRnn.U





                        /              _         /     ‘,
                    /          <    __  /  /
                         ,′ i  | i     |   { ̄ ̄{ ㌃ぅミ厶イ }     }
                        ,   | |     !   八   ! V:り  `  /   / /
                    ,       | |     !    |\ { `''    /  /} /
                       ,  ,′   | |        :| / \!      厶イ   .}′
                     , /    :| |     |   .:!′        >
                     /     | |     |、  :{     ト 、   ,
                       ,./      :| |     | , !      {__i/./
                  /        | |‘,   :{  , 、ヽ    /               さあ、ここは何処でしょうねー?
                   /       ,:| |  ,  {、   \} `f‐ く
                     /     ,∠::::::∨\ , :{ \/    {‘, V  r ┐
                /    /´ ̄ ̄ `ヽ:::\ 、j   >r┐ 八 ,.V/^ 、!_
                 /    /        \::\  / } {、  ヽ} / / }__
                   /    {        }   、::Ⅵ{  } {   ̄ .{  ´ /  }
               /     .{           V  .V:Ⅵ{ } \  ∧      くノ
                /       {  |      V  }::}Ⅵ\、 }:≧.、∧      }
            /         |       \/}:}:::::\:\}::}::::::\‘,   ‘,
             /        ∧   !        ヽ}::::::::::::`..<::::::::::}V    }
             ./      / ∧ :|          V::::::::::::::∧:`ヽ:V      ,
           /       /  .∧ :|           ∨:::::::::::::∧::::V     /
            /       /    Ⅵ       /  ̄ 〉:::::::::::::::::}::/      /
           ./      /     |       ./   /\::::::::::::::j/      /
          /      /        !__ /   /    、:::::::/      /



              ┌───────────────────────────────────┐
              │  .そして、監禁が始まりました。                               │
              │                                                    │
              │  .そこでファーストインプレッションが重要になってきます。                    │
              │                                                    │
              │  .ここで大切なのはこちらが優位に立っていると十分に思い知らせることです。  ..│
              │                                                    │
              │  .こちらの立場が上だと、どうしようもないと思わせるのが大切です。          .│
              │                                                    │
              │  .ここで焦ってポンコツ化すると後々大変になってきます。               │
              └───────────────────────────────────┘

120 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/24(木) 00:28:20 ID:oirRnn.U





                  /          /
            /  /      /       .|
            ._彡/  /      /        |
             /  ,     /  .,       |.  |
            ./  {.     ,   |       |.  |     、
           /   .l.     |―‐从ミ.      |  从    }
          ./ /  .l.    _l  /' V/ ヽ    .l. -r斥--ミ|
          ., ., l.   l     | l 心x_V       | /  V/ |
          .l l. l.   |.   |从弋z歹V/     .从.___  V/.|\
          .l l. |  八  爪 ヽ   ヽ V / ハ  ら≧rミx \
         八l. |    \.  ‘,       ノ'/  ヾ  `¨´  /
           .` 八    \ 从                  / /           .はい、ともかくお腹が空いてるでしょ?
           ./  \\  八ヾ ヽ             / イ
          / / {\ヽ.  、   ヽ、       _彡  ./              これ、食べさせてあげるよ。
         ./ ,    |  ヽ    \   \¨_ヽ _ ,     .{ /
           ./{    | l        \   ー      イ  |
          / .|    | |       .| | \      <    | .,
         ./ .八   乂|       .| | \  ̄         { .|/
          /  \ ヽ  Y    | |  i           |
         ./   ハ | ルハ. .从 .|  |           |
            ./ .∧.|   .| } /' .).|      _. - __ |l
            / ./  ||.   | |./   .|            八




            .┌─────────────────────────────────┐
            .│.  次なる問題は食事です。                                 │
            .│                                                │
            .│.  食事を与える際は自分が食べさせてあげるか                        │
            .│                                                │
            .│.  口移しでしてみましょう。                                   │
            .│                                                │
            .│.  食事をコントロールされるのはなかなかにストレスになるので             │
            .│                                                │
            .│.  精神がすり減って早く堕ちてくれる可能性が上がるかもしれません。      │
            .└─────────────────────────────────┘

121 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/24(木) 00:30:35 ID:oirRnn.U





          ./           /    /       い
         /   /        //       |       |│
         /        |   ,   / /|       人|
             |    |  <_...∠≫=ミ\/   / │
             |    |  八|  |{ r仏 ∨   メ、 |│        _/|_
             |    人   \  {Yソ 乂厶イ/ |│        〉   /
             |     \  _ア、、    {ソノ/  |       /    |
         ::: |   :.       Τ        冫 イ ,゙       ̄ ̄\|
         ::: |  :.     \ |、       _ /⌒| |/
         ::: |   :.       │\    イ「\ノ /                       え?トイレ?
         ::: |   ::.      八 />‐く|:::::/\ \  /^'く゚ヽ;;┐
         ::八    ::. \\  ∨¨\::ノ:::/  /\ `く Y.:::〉:::〉ノ
         二∧    \|\丶、_>∨廴,' ∠.,,_\ じ'じ'ーヘ
         ¨\∧   \ \ ー/=-∧_,//\と¨¨⌒  --、  \



                ┌────────────────────────────────┐
                │ そして、一番監禁で大変な排泄の問題です。                       │
                │                                                    │
                │ これは人間、いえ、生き物であるかぎり乗り越えられない問題です。      │
                └────────────────────────────────┘

122 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/24(木) 00:37:13 ID:oirRnn.U




           .| ′ |   _|≧=ミ, |  --/ __',   ∧    {  |    |
           .| i  八  `Y^_゚人ト、{    | __}``/、 '.         |     |
           .| |    \ | _VYフ \  :| -=气≧x、 \   \  l     |
           .| |     Ν ´´    \{  _゚人::} }》、/\   \l  \ |
            .j从  \ 乂   〈       乂Yフノ^/    ー┬‐   \
            .∧  | ┬‐             ,,, /     /  |  |  l| |\
              j{ ∧ l| 人   `ト ___     ー=ニ__彡'   |  |  l| ト、
           j{  ∧人  \  ∨  `フ´     /  /   八  |  l| l | |
           .j{      \{  \ `ニ´     , '  /    ,/   ノ  ノノ } }            そこですればいいじゃない。
           j{ |    |\{    ー 、-=≦ / /  -‐ '^ー‐'^ーくく_彡'
           .j{ l|    |        } ___/   /         ィ´
            j{ li|    |      -v'´/   -‐/            〈
          j{ /从    ',    / / ┬‐   /          /、
        j{/ {  \        / /  :|‘,   /     、 }      ノ ̄ ̄`ヽ
       ノ' /|  /\  {  _/ /   / ‘, /     ∨  __ -‐



      ..┌──────────────────────────────┐
      ..│  しかし、これを処理し続けると相手は一種の負い目を感じます。    │
      ..│                                                │
      ..│  そうなると相手は態度が軟化し始めることが多いでしょう。       .│
      ..│                                                │
      ..│  ここはあまり嫌な顔を出さずに接しましょう。                  │
      ..│                                                │
      ..│  どうしても無理なら、トイレまで連れて行ってあげましょう。        .│
      ..│                                                │
      ..│  その際に逃げられないように十分に注意しましょう。           │
      ..└──────────────────────────────┘



                             -‐=   ̄ ̄ ̄ ̄  =‐-
                       ,  ´  -‐=.: : : ̄ ̄ ̄ ̄: : :.=‐- `
                      / /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ \
                 / /.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.\ \
                     /  ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.∨ ∧
                  '  ': : : : : : : : :. . -=   ̄ ̄  =- . .: : : : : : : :.:.V. ∧
                  i  i:.:.:. : : : : :/                \: : : : : : : :!  !
                  {   {:.: : : : /                \: : : : : :}   }
                 {  {:.: : :/                        ∨: : : :,   ,
                 ∨ ∧: : {                     }: : :./  /
                     ∨ ∧: :、                    , : :,/  /
                      \ \ヽ                       .:/ /
                      \ `ヽ、                    ´ /
                       `ヽ、 `ー=‐-.....___.....-‐== ´  ´
                        `ー=―-.....___.....-―=チ
                             `゙<...____...>'´

123 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/24(木) 00:40:32 ID:oirRnn.U





                  /     /  { ハ       ∧ ‘, ‘,      }
                   ,    /  /∧{ ̄‘,      / ̄ ,‘, \    |
                   ∠  ィ 弐灯うト‘, |} /≧笊ぅ、}ミ、  \   |
                   ,    {   | ^ 比刈  \}}/  比刈 j} }  ̄「
                   {     、 ‘, ゞ‐ '         ゞ‐ '   /  /   i !
                   |      |\_\      {          /       | !
                   | |     :! .八 ̄            厶ィ  i   :| !
                从      V  \    、    ,    / } }  ,   :从 ,
                /| V    V   、__        .ィ /   /   ,   ,                .さて、これからどうしよっかー。
                , | ∨ 、   V   ( ヽ  ___ ..イ   /  /   /   ,
                /:从  ∨ \ V /^ , V   _}^V / /}   /    ,
                  /  ∧ {\  i\}イ   }  } v'´    厶イ /  /       ,
              /   _∧ !¨:}\}::::从    }  }f__‘,   }::7/  /‐ _     ,
                /  /i  :N::::}:::::::::::::∧  , /   >、  /:::厶..ィ::::::}::::}‐ 、    ,
            /  /  |  |::::::,::::::::::::/::∧/!  ー '´ _}__./:/::::::::::::::::::}::::} }  V   ,
            /   {  V !:::::{/:::::::/:::::::::V∧    ´  , }/::::::::::::::::::::,::::, /  }   ,
            /   {   Ⅵ!:::::{/::::/::::::::::::::V∧     }ソ::::::::::::::::::::V:::/ /   .!    ,
             /     .{   ∧:::/::::/::::::::::::::::::::::∧     Y::::::::::::‘,:::::V /   } .|    ,
          .,    /!     /::::/::::::::::::::::::::::::::::::,     |::::::::::::::::}::::::::::V   , .!     ,
         /    /     ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}      }::::::::::::「 ̄ }:::::::V /   V    ,
        ./    /      {::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::/     ,::::::::::::::\_/::::::::} /    V    ,



               ┌────────────────────────────┐
               │  ここまでが基本的な監禁の流れです。                  │
               │                                            │
               │  ここからは相手によって対応が変わるので注意しましょう。   ....│
               │                                            │
               │  それでは幾つかのパターンを見ていきましょう。              │
               └────────────────────────────┘

124 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/24(木) 00:43:36 ID:oirRnn.U



              パターンA   対象をなるべく一人にさせる。



                           /                      / /      //     /   l} l|
                       /〃                  /  .′       /      /      } l|
                         イ/  /               /   i    i/ /   、 /!     .′|
                       / ,:′ /              /      l{    i  {   /\|     // │
                 /  /  ,/              /       , l{    i  {ム?威ト、 !ヽ  /∧ │
             ー=≦__彡           ー=≦___彡イ l{    i  代)iク 八〉'     / }
                       /                          ノ 人       { ゝ ′ムイ 〃  } .′
                   /                  ー=彡 ´   \   ト ゝ   ー=彡イ   } /
                     /                           \l{      ‘ 、     j/
                 /                                 | {     /
                   /    /                |       |     i|  \  /
               /    /                |  |       |     i|  _ノ¨´                もう、そんなに騒いでどうしたの?
                 /    /              |  |       |     i|/
             /    /                  |  |       |    八
               /    /                 i|       ∧     \
              ./    /                     i|      i〃 ̄ ア¨アニユ _
             /     '                   |  八     {:. : ://      `ヽ
                   :                      |   \   {://             .
            ′     i                 l       \  {/             .
            ′     |                 |     レ.;\ヽ
           ′      |                 |     |/   ⌒ヽ              i
           .i        |                 |     | //                    |
           .|         |                 {     { /                  |
           .|         人                   ヽ    ∨                  |



               ┌──────────────────────────────────┐
               │ この方法は文字通り監禁対象をなるべく一人にして思考時間を増やし        │
               │                                                  │
               │ 不安を増大させることによって相手の精神を削り                        │
               │                                                  │
               │ 自分の存在を刷り込む方法です。                             │
               └──────────────────────────────────┘

125 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/24(木) 00:49:41 ID:oirRnn.U


 ┌───────────────────────────────────────────────────┐
 │ このパターンの場合相手が自分に強い嫌悪感を抱いている場合や                                   │
 │                                                                              │
 │ 敵愾心を露わにしている場合に効果的です。                                              │
 │                                                                              │
 │ 自分の意図を悟らせずに不安を煽ることで精神の弱い部分をさらけ出させてそこに付け込みます。                 │
 │                                                                              │
 │ しかし、このパターンの弱点は時間がかかる場合が多く嫌悪感や敵愾心が薄れるのを待つ必要が在ります。          │
 │                                                                              │
 │ おまけに完全に堕ちる前に開放してしまうと嫌悪感や敵愾心が再び戻ってくる可能性も大きいので注意が必要です。   .│
 └───────────────────────────────────────────────────┘



                     / /     /     l                   {l |
                  /     / ,      .| |        |      ll |
              /  .,   /  {       | |        |      ll |
                /'/  { ―斥ミ       |_         |      ll |
               ./'/   .|  / { /{ヽ      .| V≧x    八     ll |
              /'/     笊斥‘ //     ,   V/、 \.   ヽ\   ll |
              ., ,  / ∧ {杙:心V /   / _ V、 \ Vハ //\、 .   |
             { { ./ ,  从 夂ソV  //' .≧示≧斥、 、. V   ヾ |l |
                / ./  {  爪:.     ヽ从'      匁:ソ 〃 }\、.   .|l |    ....裏切らないから、もう開放してくれてもいいじゃないかって?
              ./ イ   |  } ヽ.   ノ                |l  \   |l |
                | l  l         }             八       |l |    ....駄目よ、だって……まだ不安なんだもの。
                | l .从 .从    _              /   /|   .|l |
                | |   ヾ  \   ヽ::::::... 、        /'   イ |   八       あなたがどこかに行っちゃうんじゃないかって……。
                | |.  \    \.  ー‐ '     イ //    /l. \
               .八     \.   V/\  `   _ < /'   /    /从7<
               ./.从 | | V/ }//// r≦ニ{       /    ///// '//
            /  .∧ . | |  l   |/// |ニニ|\      /    ///// '///
            /  ./  ヾ.}.从 |   |Ⅳ  .|ニニl.  l    ./    ///// '////
       __彡  /   / .ノ'  )ハ .|/l   .|vニ八     /    ///// {/////

126 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/24(木) 00:54:42 ID:oirRnn.U



              パターンB   対象になるべく話しかける。



                    /  /    /l         /       ':        |
                /      // :|   l      /        |         |
                    ′  |    i/--| 、 |    ∧     /    |   |    |
                  | ′ |   _|≧=ミ, |  --/ __',   ∧    {  |    |
                  | i  八  `Y^_゚人ト、{    | __}``/、 '.         |     |
                  | |    \ | _VYフ \  :| -=气≧x、 \   \  l     |
                  | |     Ν ´´    \{  _゚人::} }》、/\   \l  \ |
                   j从  \ 乂   〈       乂Yフノ^/    ー┬‐   \
                   ∧  | ┬‐             ,,, /     /  |  |  l| |\
                  j{ ∧ l| 人   `ト ___     ー=ニ__彡'   |  |  l| ト、
               j{  ∧人  \  ∨  `フ´     /  /   八  |  l| l | |
                  j{      \{  \ `ニ´     , '  /    ,/   ノ  ノノ } }         あなたは気がついてなかったかもしれないけどね
               j{ |    |\{    ー 、-=≦ / /  -‐ '^ー‐'^ーくく_彡'
                  j{ l|    |        } ___/   /         ィ´            私、ずっとあなたのことが好きだったんだよ。
                j{ li|    |      -v'´/   -‐/            〈
              j{ /从    ',    / / ┬‐   /          /、
               .j{/ {  \        / /  :|‘,   /     、 }      ノ ̄ ̄`ヽ
              .ノ' /|  /\  {  _/ /   / ‘, /     ∨  __ -‐
                  /八  {  _.\{´ :lノ/ /  xく∨      r'7: /              |
              /  /\{/´:./: : : /:/ / xく厂:./       {:/: / /         |



          ┌──────────────────────────────────────┐
          │..こちらのパターンは先程とは逆に                                      │
          │                                                          │
          │..それほど嫌悪感や敵愾心が強くない場合に有効です。                        │
          │                                                          │
          │..話をして、それまでに在った溝を埋めていき互いに理解しあい                  │
          │                                                          │
          │..そして、罪悪感や同情心を煽って心を靡かせる。                            │
          │                                                          │
          │..真綿で首を絞めるように精神的に追い詰めながら自分を相手の精神に刷り込みましょう。 │
          │                                                          │
          │..成功すれば相手が自分に依存してくる可能性も大きいです。                     │
          └──────────────────────────────────────┘

127 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/24(木) 00:59:57 ID:oirRnn.U



        ┌──────────────────────────────────┐
        │ .しかし、このパターンも時間がかかる場合が多いです。                   │
        │                                                  │
        │ .そして、話し相手がいるということで精神的に安定しやすので                │
        │                                                  │
        │ .前述のパターンAと織り交ぜながら行うのが効果的かもしれません。          │
        └──────────────────────────────────┘



                     /              `ー‐  、
                                            ヽ
                    /               /           ‘,
                      /           /   /  /         ‘,
                              /  __ / /i   i     i
                   /        __ /     >{/\{   {     } |
                         ̄  T斥”气、  .{ /{       |
                              '{ `^んイ} ヽ  V V}ト、 / / .}
                 ′ /      |   、   , 弋ツ       _/   / /  ,′
                     /     |   \ ‘,      んj】}/}/                  今日はどんな話をしよっか?
                ., /    i        :| ` _ >     >‐'/   / /
              {./     :!   从    :{     ト      ,   /}/                え?いいから早く開放してくれって?
               /    ,     、   ‘,   乂 )>  ./{  ,   _ _
               ./    /     { \  ‘,、      r‐‐=ミ /  r┴‐、\ }          ふーん、そんなこと言うんだ……。
              /    /{       {_   、  , ,ー=≦` ー-  ` 、{ ー 、_}、_}」、
             ./    /八     {  ̄   \} /  }     }  ` 、           、
            /    /_>‘,   {      `ヽ\}    , r‐ 、 \_ ‐‐― 、   \
           ./  ,  ⌒ヽ \‘,  .!     / .}∧!   ./  `  _ ̄           V
          /  /  \ \  \ .{\   /  ! .}  /__     ` ー- __       V
           /   /.       }   \!  ーく \_!__」 ./  } ` 、        ∧     ∨
         ./   /     }  }  }     \ \  厶ィ   !  ハ         ∧     ∨

128 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/24(木) 01:04:13 ID:oirRnn.U



              パターンC        やっちゃう。




                ___
               ,'´ 七 `',
               ! (乂 ) l
               l   あ .l                              ___
               l   つ  l                        ,'´ 七 `',
               \  ♥ /                           ! (乂 ) l
                 ̄ ̄                          l   あ .l
                                              l   つ  l
                                              \  ♥ /
                                                ̄ ̄
                     ___
                    ,'´ 七 `',
                    ! (乂 ) l
                    l   あ .l                      ト、_人_,イ
                    l   つ  l                    く .七_ 7
                    \  ♥ /                        | (乂 )|
                      ̄ ̄                       |  あ.|
                                          |  / .|
                                          | ./`し.|
                                          |  つ.|
                                          )(⌒⌒)
                                         ノ. \/、
                                          ̄`v-√



                       ┌──────────────────────────────┐
                       │..一番時間がかかりません。                              │
                       │                                                │
                       │..しかも、男は単純なのが多いので                         │
                       │                                                │
                       │..成功すれば一気に親密になるかもしれません。                    │
                       │                                                │
                       │..ただし、立場は逆転されないように気をつけましょう。              │
                       └──────────────────────────────┘

129 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/24(木) 01:08:21 ID:oirRnn.U




      ┌────────────────────────────────┐
      │  .注意すべき点はたまに豆腐メンタルで傷つきやすい()              .│
      │                                                    │
      │  .男性もいるのでアフターフォローは必須です。                  │
      └────────────────────────────────┘




                  /      /       \  `丶
                      ′ ,'   :/  /  l    \   \
                     l   /   /   ′  :i      ヽ    \
                     i      /    l   八       ', \ ヽ\
                 ′ l  ,′   |  /.  ヽ    :ト、≦  '. ヘ \
                    //l  l    i  i /´ ̄^ \  :l ,斗    i
                /  |   i   ∧ ∨       \j.f刋゚「八   .l
                /  l   |   |八  '. 、_彡     ヒ::ソ i Ⅵ  |
                  /   .l   |   l  }\ヘ´ ̄´    i  ノノi  l |
             /    ノ   l   i  |、 ヽ       ′ /  l八i|
              /     / l  .   l \   丶 _ ,  .イ    l   }
            '      /  l  :   l、  >    / /  : 八 ヽ      ごめんね。
            ./     /  ∧  :   | \   ノ 厂 i ∨/ ,' /   \
          ./ /    / >'-ヘ l   l',  ≧≠く  i:}^∨ /          君を見てると自分の気持ちを抑えられなくて……。
      ../        /   ∧ lヘ  l弋   /j.\_》:\`<
    ..../     /   /- 、   i lハ }  >=┘∨  ヘ::l   \
            :/  '   }   \ lノ } l   丶、 ヽ.  i:l   r=\
          :/  /.  /    ヘ   l |  ヽ   \ ヽ  i:l    ヽ☆ハ
         :/       /    /ヽ  l }    :..   \ヘ i:l    `´ }
       :/      /        ∧ i∨     \:..  ∨:}      ,′
          ./   /       ,'  ∨        ヽ  ∨     ノ

130 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/24(木) 01:12:11 ID:oirRnn.U [16/21]



  ......┌──────────────────────────────────┐
  ......│   といったのが主なパターンでしょうか。                           │
  ......│                                                  │
  ......│   その他にもドM調教したり、延々と恋敵を嬲ったり、心を完全に折りにいったり。│
  ......│                                                  │
  ......│   様々な方法があるので自分で最適な方法を見つけましょう。            │
  ......└──────────────────────────────────┘



                          / / //   i   l     }  .l   ヽ
                          i / / i   il   .l  i   ハ  l  ヽハ
                          |/ / .i  j l   .l  i  .l L l 、  { \
                            | / i  j  / .i  ハ .i  ノ´.} ハ \ .} ヽ
                         j , i  j ./ A―iT {ヽ{  / /xf示 }  } l   i
                         i   i / / {  x示芯 ∨ ハ+j .リ ハlヽ .}
                            l   j /ィ  i i く { Y ノ     `¨´ノイ /iハ  ノ
                         i   .iイ   .i ゝ `¨´    〉 ""/.j j ハ
                        j  , -マ ヾ ヽ-く ""    __  /ャ 〈 .iハ
                        /  /  \ヽ  i {.=-    ̄   イ VY .jヽj .{
                      /  l    ヽ 、  i  ヽ  7 T   マ V  }、 .j
                     j    l    i ヽ }、 .i ,ミ、  {  } ィ ト .} l  l.ヽi
                        /     }    ヽ }、{ 〉iイ { ヽ   j /j .j .}' .j .i
                     /j   .リ     ヽ ij リ マ 、 ヽ、ノ/ j .j  .i ノ  .l
                    / /   / ヽ     ヽi /  トヽ } .〉 //  .j   .{
                   / /i  ./ i  ヽ     マ   { ヾ、 / //  i____..}
                     /ノ .i   / l ̄ ―― '  ヽ   } ヾ // イ {__ ノ
                    // ハ /  k ̄≧、_ =- Tノ   ヽ  ∨  i  { .i {
                // /j .l i  ノj マミ、ハ    .i     `  ∨ ⊥ } ./ i
                ,/  /V ヽ i r' {  ̄ ム   l     .l   i f  }  i  .{
             / .j'  ./V  i {  ゝ≧、  i   ヽ    j  ノ \ノノ/  ハ
            / { .ノ  // .i  i i   ` ヽ }    ヽ   ノ /  / イ .i    l
            ゝ ≦ ィ .ノi .i ヽ .i       i    .}=--´アT ≦ =-.i    i

131 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/24(木) 01:16:41 ID:oirRnn.U




            ┌───────────────┐
            │ それでは応用編です。          │
            └───────────────┘



                           , 。   ̄ ̄ ̄     、
                           /                \
                     /   /            \
                         ゚   /                   \
                     /        /           ',     \
                     ,′  /              !!    ',     \__
                  ′   /      !      ||  |  |'    ∨ ̄
                 /   /      |   !   , !   |  | \  ',∨
                  。    ′     |   ,'!   / |  |  }/ ヽ  } ∨
                     ′,   !         l ゝ !.__!ノ ! ,' イ } /  ∨
               '  ′  |    |   {/ | /  |  | / ヤソ/ / || }
             ,   /  /_|    {   ハ γヤ示 \/″ /イ   !! /
              ./  / /  |   ∨  ∧弋 _ソ       ,   /    /
          /  /イ   |   ∨\ ハ      _   /     ′
      ..,  < , <   V    !    ∨ { \ \  /ヽ / /   |  {             何するのよ!!
           .< \      ∨   |     \ ≫  ̄ 〈__//    |\∨
      ../     ヽ    '   ! |   ∨ ∨  > _/| / }  ,ヽ `¨
              ∨    }  |  !    ∨ !     /% |  |./  ′/ ∨
                .∨   ,   |  |    }  |  / % .|  |′/, ,   ||
               ,  ゚  | |∨   |  | /′% .|  |/〃   ' !
               |/     |  ,  ,   ! / /  %  |  |/    / }
               /       | ,゚   ,  | / /  %   .!   |___/ ./
             /         |./   }  K /  %   .|  |__     /
           /:::∨      〃!  / / ∨  %     |  /__ \  /
         /:::::::::::∨    ´  !、_.//     %    .| .//**\ / 、       ト
          ./:::::::::::  ::∨     | ̄      %      |//*****./   \     / }
      ..イ:::   ::::::  :::::\     |    /―%――― ´\***/     ` ―― ./
      ..:::    :::::  :::::::\   ! ,....イ:::::::%:::::: | /    ヽ 〈 \    \ ̄ ̄

132 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/24(木) 01:22:09 ID:oirRnn.U [18/21]





                      , - ------ 、
                     /::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    /::::::::::::::::::/`ヽ:::::::::::::::::::::::::::',
                 ハ:::::::::::::::i 十 ',::::::::::::::::::::::::::i
                  i:::::::::::::::::::::ヽ_ ノ:::::::::::::::::_:::::::,'
                 ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/十',:::/
                  ゝ-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i__ ノ/
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /           うるさい!!
                ./:::::::::::::::::::::::::::r ニヽ::::::::::::/
             ー、/:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽィ′:::/            そこの男と一緒に大人しくしていろ!!
             :::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             :::::::::::::::',:::::::::::::::::::、:::::::::/
             :::::::::::::::::i::::::::::::::::/` ̄´
             :::::::::::::::::i:::::::::::::/
             :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             :::::::::::::::::::::::::::::::::::',
             :::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i




                    /   /                ヽ
                      /   /' |i  |i  |i    |i   |i
                  ,     イ  |i  |i  |i    |i   |i
                   i    |i  |i  |i  |i    |i/} ハ   |i
                   | /'  |i. 八 八 丁丁、   , ,才示x.   |i
                   |i '   |i /  イ i 才笊ミ、\ / r:'::リ 从 i|i
                   |i:    |i /   圦 r.':り  ノ'   ゞ' イi   八
                   |i    八 {   入`¨´    ノ   八. /  ヽ
                   |i   <⌒ヽ \ <⌒     _  , - /人  i
                      八 /  \ヽ∨∧ 个   ー  / ∨イ ハ              そんな……。
                  /   ,    \ V  八   /'丁     V     |
                   /   i      八 |  _ 、_ ノ| /\}/   |ヽノ
               /          |ヽ|/⌒ヽ  | {i}/,|..|.i  |
                 /    i     ',  |...i.....Vハ.. \j,ノ/,V...|.j  |
                ./     ,        ', }./......}Vハ.}...Y..///....y
               /     {_      Ⅵ..........l..Vハ.... ///......i_____i
              ./ |i    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄、...........}...\ v//.イ....|____彡'
           ,  |i    人 ⌒ r---  7........八.......∨/.....|....  ̄| |
                |i   /∧....>     i.........................V.......|.....i ,  |
            ./   |i  ノ..i.... ̄.......     |..../.......... .i......i....r==. | /  |

133 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/24(木) 01:23:52 ID:oirRnn.U




    ....┌─────────────────────────────────┐
    ....│....今回食蜂操祈さんということで。                               │
    ....│                                                │
    ....│....共犯者を(無理矢理)作り、一緒に監禁されている体で一緒に過ごす。     .│
    ....│                                                │
    ....│....という高等テクニックです。                                 │
    ....│                                                │
    ....│....被害者同士になると吊り橋効果で倍率ドンです。                      │
    ....│                                                │
    ....│....やれるのでしたらやるといいでしょう。                          │
    ....└─────────────────────────────────┘




                                      ---
                               ´         `
                             /          \   ヽ
                          /              ヽ       ,
                             / .,/
                         j{  /  .j|  .|l   l|         ,
                         ,′ .j|  从   l| ヽ 、 }l   }   }i
                        ,′  j{ 刈 ィ l{  ` ー-.}L.}l   Ⅵ   }l
                            七´_.l{_  、 l| z弍卞  ヽ  }l
                      /  l{ l| rf 狄沁 Ⅵj{ 以な 〉.、  \ }l
                        /  j{  Ⅵ  込fj  `ヾ 込タ.′ノ ー― ´         ねぇ?
                     /   ハ  ヽ\ .....  、   ..../_/ }   ,
                          / 从   ー ´   __    /}   八   ,            もうちょっとそっちにいってもいいかな?
                  /  j{   ′{. >  ヽ ゝ    ー′ イ .j{ /
                    ´   ./l{  {  /  `ー ´jf ∨ノ ̄ /) ノ ./  |   |l
             ー=彡/   ./ .l{  {/      j{...../ /\ /ー .个      |l
                 /   ./ 从 ヽ _     j{/ ー- ,Ⅵ ./{....j.....ヽ   j{
             /   ./   / ー ´       二 7  マ∨g................| .〃 ヽ
                /{    ′/   ____/   ヽ ノ    ,∮............. }./ ′   .
             / j{   j{/ . ,.‐    /  _ノ辷メ.......、 } *.................}′ l }  }
           ./{ l|  l|\. /         /..............................,φ.......ヽ./    |

134 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/24(木) 01:27:00 ID:oirRnn.U [20/21]




        ┌──────────────────────────────┐
        │  いかがでしたでしょうか?                             │
        │                                                │
        │  監禁をする際のお助けになったでしょうか?                   │
        │                                                │
        │  それならば幸いです。                             │
        └──────────────────────────────┘



                            ,    ̄ ̄  ヽ
                          /         \
                            ;             \
                        /   /             、
                   f⌒ヽ  /   i       \
                  -‐〉⌒) ̄二⊃八  !  :!-―-ヽ  !   ;;
                 /  Y^~<7___! ⌒\i\ | \rヽ| |    ;
                ノ ⌒ ,.―┬--ミハ示.i  \z=≠ミ !ノ    ;;
               / ミ,--、\ ;;   ハ 弋ノ    :::::: ノ /    ヽ         キラッ
             /x  /  ヽ_)  !   乂:::::   '  r-, 7^/       \
               /ミ三彡!ヽ\―^-弌ハ  | =-  ー'‐'' ィ :/  r  ハ     \
               \ ____}   \  \i⌒7⌒!=--=〃/ /| ノ: }       ;;
                 ヽノ       ,/:::八/〉\-=彡/ ノ/\
                  \  ヽ  /: : : : / ./ /:_/ ⌒ヽf    \ \
                 /人 \  V: : : : : : :! //: :/三ニミメ />=-⌒  〉
                //  > 7 ̄; : : : : : : |/: : : :/    .Y  _,,イ⌒
                / ./ / /  乂: : : : : :|: : : ::/彡⌒ /:7⌒       |
                  (/  / /   ヾ: :/フ^/ ̄ ̄V  }:/\       / /
              / /ハ /    {::〈 r^/     !  `ヾ. \  ;  ,, イ !
               / / / |i    ( ̄.(/       |ゝ__ノ   \ ; /  | !
                 /      ノ \三三三三三!/      )    .  |
                   /     / |: : : /  /: : : : : 〈       ;;    ノ :!
               /    /  .|: : : `ー': : : : : : : :ミ〉     ;;  / /  |/
                 /   /    ノ: : : : : : : : : : :: : : : ::ヽ    /.  / /   /
                 /    .〈: : : : : : : : : : : : : :-==彡-、 /  ハ



       ┌──────────────────────────────┐
       │.それでは最後に                                       │
       │                                                │
       │.拉致監禁は犯罪です。                                   │
       │                                                │
       │.決して真似しようとはしないでください。                         │
       │                                                │
       │.それでは今宵も良い夢を。                               │
       └──────────────────────────────┘

135 名前: ◆cuDgwB3OUU[sage] 投稿日:2015/09/24(木) 01:28:10 ID:oirRnn.U [21/21]
以上です。

途中で正気になって何書いているのか理解できなくなった。
うん、拉致監禁は本当に犯罪なので決して真似しないでください。

それではおやすみなさい。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する