FC2ブログ

【R-18】リオン=グンタは【 夢 】を見せるようです。 『短編 カドックとアナスタシア その3』

283 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/02(木) 22:15:33 ID:zpyCwHQr


          _ < ̄ `ヽ
        / ./⌒ヽ  }
.        /  /    l ′
       /  /      }/
.      /  {
     /   .ヘ.‥・・・・・‥ .
      ̄ `ヽ ヘ   _ ─ 、   ’ ,
     ,ィ ─‐ 、ヽl f f  ̄ ヽ丶     ’ ──‐ォ    ただいま~
─  ̄ { { ☆ } }ニ0ニ 廴_ノ }\         /
 `丶、::乂__ノ l::\ゝ __ノ   \    /       ぼーっとしていたらすでにこんな時間である。(白目)
.  /´:::/ /::/',  l:::::l \ソ丶   ヘ  ヽー<____
 /:::_/ /::/. ', l_ノ     \  ヘ  ヽ:::::::::::::/
.  ̄ / /::/l ┃ ', l  ┃    \ ヘ   ',:::::/
   l./::/:::l ┃ ',l  ┃     f\丶  ',´
  ノl|::/γ             l:::l \丶.lフ
   ̄l|/',::乂      ▽    ,.∨≦-` ┘
      ',l ノ≧ー- __ -‐≦ヽ`ー┘
        ̄   /´〉l7ー`ー-、-≦ ̄ ̄\

285 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/02(木) 22:25:42 ID:zpyCwHQr



              -─- _
           /.   /l  ヽ
          /    / l l  ∨
         //`ー- _ 廴ノ l  ∨     連日の異常な猛暑と夕方に注文が殺到するため
       / /:::::l、::::::', /`ーl、ヽ ∨
       ヽ/::l:::::l:/\::',〇 ',l/  、l     帰宅して一息ついたらもう眠気が来るようになってしまってなぁ。
          /ノl ',:::l 〇 \  /    l
         l ',:l  ` _ ノ} / /  ∨    正直もう体がダルい………
         l/. ',ト 、 乂_ノ′/ _ -、∨
         丶  l .≧/ /_≦::_ -、\
            \l  /l ./::::::/ l  丶\
          /:::ll /:::l/:::/  ノ  ヽ  \


                    >─── 、
                /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        ト   、    /              \
        ∨  \ /           |│    \
.         ∨   /  .{        }人.       \           そんなわけで今日はちょっと投下はお休みさせて欲しい
       /´ ̄` /  │       、_ \     }
       `>─ /   .|.          /  ` ヽ    |` ̄ ̄\_    明日を乗り切れば土日何じゃぁ~
            /    |    ト、   i{/ 芹云ミ i     |         \
          { |     |∨从{ \八  辷ツ }     |          \        ⌒ヽ
          | |     |      ,         |⌒}乂 }          \       }
          | |\   {            厶イ              \__ /
          |   \」     △     /                  \
          |       \.           /             \       \
          |       \       /               \        \
          |     ∨ ̄}> ─=≦}⌒ 、                   \        \
          |.      ∨∧     j   \                    \        \
          |   /}.   ∨∧.     /      \                    \       ヽ
          | ./  .|    }   \ー/          \                    \      }
         /   .|    |    ∨ r ┬ 、    \                    \      |
         /      |    |     /⌒7⌒ヽY_      \             }      }     |
       /         .|    |  /  ゝ人_ ソ \    }\          |      |     |
       .∧        .|    | /    / ` ̄´    \  .|   \       |      |     |

287 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/02(木) 22:43:47 ID:zpyCwHQr


             、-‐''":_ニ==ー‐‐
              \::|
            _x≦: ハ|: : : : :<、
          >: : : : : : : : : : : : : : :ヽ、
        /: : : : :/: ::/: : : : : : : : : : : : : :::::::....... -‐''/   そういえば今回の金狂鯖枠がまさかの婦長だったけど
       〃 : : : : : : : :/: : : /i: : i: : : :ヽ: : : : : : : : : :/     
      /: : : : : :::\ {: : :/ |: : :|: : : : :ヽ: : : : : :/      W術師匠+婦長でサポートした狂フランちゃんが
        i: : : : : :了⌒ヾi: :/ _;i_|_;,; : : : i: : : ヽ`'<_
      l∧: : : :.ハ {:} ト`i,| 7⌒''‐、,_:_: : : :}ヽ: : : ∨ /    宝具3連射してて真顔になった。
        i 'i:.: /} `‐=     {:}  }ア: : : :.i  \: : i<
        i,/从    `    ‐=≦∧: : :i   \|\      ただでさえトップクラスの宝具火力なのに連射させるとか
        i!  |ヽ ヾ` ‐-、    ノ ∧: :i__   ハ ̄
        ゞ. レ \` ‐- '  イ / _∨_ \}ヽ、}        クイックが復権し始めていて震える
             `"气´  |/》、 {<
               λ_,。イ /:::::::::ヽ
               ト‐=-:::´::::::::::::::::::i
             イ:::::::::、:::::::::::::::::::::::::::|
            i:::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::i

290 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/02(木) 22:56:05 ID:zpyCwHQr


               ─- 、__{/´_
            __ / ⌒ヽ (O){  `ヽ、
     ─=ニ二_l 乂_ノ |l..l| ゝ_ノ lー- _
       /::::::/...\__/..、\__/.、ー-‐ ´
    _/_/.../..../../`ヽ.....l....l.ヽ∨.丶ヽヘ
    ` <::::/...../......././::::/ ',...l../\...∨....、..',ヘ    まあQは高性能にするとヤベーイ!なのは
       ` l..../.........{/_/\  l...// .\}.........、.',`
     _ .<|...l....../:l┬─┬ l/┬─┬\......l...i    沖田さんとかジャックちゃんが思い知らせたからなぁ。
.      ̄ ̄!..../、/ィl┴─┴  ┴─┴ノ、\l...l
          ∨/:l/ー、 u ┌──┐  ノリ::::\ ヽl    刑部姫もあれはサポートのようだけど実際は単騎の方が強いらしいし
           ̄ ̄ノ|:丶└──┘イゝ ̄ ̄
       ┌───‐fl、≧─‐≦ー─┐        この流れ、マーリン実装の時に似ているでござる
       ∧:::::::::::::::::::l| ニ〔二〕∨::::::::::::l`ヽ
       / ∨:::::::::::::::l|、',__/∨::::::::::l   }
       f─‐ ∨::::O::::l| 乂oノ  ∨O::/ー〈
    _/    \:::::::::l|   ||   ∨:/\ \
  / ̄ ̄ `丶_/ l\:::l|   ||    ∨  \_ヽ
  /      |__」  ヽl  fo}   / l__」  /
 /       |   |     {_ソ  .l  |   |  /

295 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/02(木) 23:10:31 ID:zpyCwHQr


               ─- 、__{/´_
            __ / ⌒ヽ (O){  `ヽ、
     ─=ニ二_l 乂_ノ |l..l| ゝ_ノ lー- _
       /::::::/...\__/..、\__/.、ー-‐ ´
    _/_/.../..../../`ヽ.....l....l.ヽ∨.丶ヽヘ
    ` <::::/...../......././::::/ ',...l../\...∨....、..',ヘ
       ` l..../.........{/_/\  l...// .\}.........、.',`    孔明はあれどんなPTに組み込んでも機能するからなぁ。
     _ .<|...l....../:l┬─┬ l/┬─┬\......l...i
.      ̄ ̄!..../、/ィl┴─┴  ┴─┴ノ、\l...l     攻防バフばら撒きつつ単騎のNP50付与プラス残りにNP20付与とか
          ∨/:l/ー、 u ┌──┐  ノリ::::\ ヽl
           ̄ ̄ノ|:丶└──┘イゝ ̄ ̄       腐るはずがないスキル構成である。
       ┌───‐fl、≧─‐≦ー─┐
       ∧:::::::::::::::::::l| ニ〔二〕∨::::::::::::l`ヽ       しかも宝具にスタンだのCT減だの防御デバフだのやりたい放題である。
       / ∨:::::::::::::::l|、',__/∨::::::::::l   }
       f─‐ ∨::::O::::l| 乂oノ  ∨O::/ー〈
    _/    \:::::::::l|   ||   ∨:/\ \
  / ̄ ̄ `丶_/ l\:::l|   ||    ∨  \_ヽ
  /      |__」  ヽl  fo}   / l__」  /
 /       |   |     {_ソ  .l  |   |  /

300 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/02(木) 23:23:51 ID:zpyCwHQr


                 _____
              .   ´     `
               / ___    r―‐- .  \
             / /r┐`ー'^ ゝ'  o \
               /o `¨ (`Y´) r‐==ミヾ `、
            :   r‐'r‐ヘ 〈 〉 |⌒ト ∨ ハ
            | |〈 |{7´ ⅥLノ|\|_厶 }|o゚ |  `、
            | |く( |{∧___{⌒´ 〉'^⌒^i:}|_,ノ   `、
            | ∧゚ oト〃⌒^ー.   ´´│〔 〕  |\      聖女様がいなければ詰む地獄のオルレアン。
            | ∧__/ 「 ´´     __   | {f}f}、 |
            | i 〔 〕人   < ノ .イ: /   |\       種火もねぇ、QPもねぇ、鯖もいねぇ、敵はクリティカルの連続
         ノ^| /f}f}\〈\   __ / :|/..┐ :|
.            |:∧  |\∧ '.辷____,,..彡'|=|'|/         そんな戦場を一人で突破していた人間要塞っぷりよ。
          /  \|\__,f‐|「∨  //´|=|ニ=-
            -‐=ニニr'⌒ー┐ .厶斗ir。ニニニニニ=‐-   なお現在は更に進化したもよう
          /ニニニニニrf \ `二V´}ニニニ゚ir。ニニニニニニニ
            /ニニ\ニrf∧   `マ,ノ_,.ニニニニニニ%ニ/ニ/ニニ
.           //}ニニニニ%。o 〉  }::/____)。o%¬冖'^∨ニニニ|
.          ,.:.:/ニニ{:∨ニニ} ̄`V7∧ニニニニニニニニニヽニ/ニ|
        /.:.:|ニニニ∨=/`¨¨7f=〉.:.i:.ニニ/ニニニニニニニ/ニ:|
.       〈/:.:.|ニニニ{ニ乂___/,」/.:.:.:|:.:.∨=/ニニニニニニ|ニニ
.       厶.:.:.\.ニ八ニ/ `¨7:|ニ| .:.:∧:.:.:∨ニニニニニニ ;ニニ
         `⌒Τ^ У    |ニ|/人\:.|ニニニニニニ7ハ∧|
.            |{∧  /  :|ニ|¨´ :. `¨│ニニニニニ/  |

303 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/02(木) 23:41:25 ID:zpyCwHQr


         < : / ̄}`ヽ、´ ̄ ̄ `丶
        ┌「 ー '  ノ ノ : : : : : : : : :` <
          /`ー、 二二/ \ : : : \: : : : : :` <
       / : : : :∧ : : : : : \\ : : : 丶: : : : : : : : ー- _
         { :l: : :/- ∨ : : : : : :マム : : : : 丶: : : : : : :  ̄、     
.       ∨',: :l   ∨: : : : :l l- 、} : : : : : :\: : : : : : : : .- _
         ∨', l   ∨ : : : l l-} }- _ : : : : : :', : : : : : : : : : : . - _   いやぁ~酒天さんのボイスマは強敵でしたね。
        ∨',l ィテミ ∨: : :l:l ソ/:::::::::..- _ : :', : : :/ : : : : / ̄ ̄ 
        〈      l丶 : ll ノ::::::::::::::::::::::::...- _/: : : :/        酒天の声聞いた友人が一心不乱にガチャ回して宝具3にしていた。
          l_ < _フ l:l \lヽl、:::::::::::::::::::::::::::::::::::..- _
          ヽ   _',l    \::::::::::::::::l ー-- ::::::::..- _      でも可愛いから仕方がないね!
            ー ≦丶 ≦ ̄ ≧s。、l`丶l─- _   ̄ ̄
             _ ≦- 、      ≧ー '  l`丶
            /     \          l l }
              / _ -─- _  ー _     / /、l
           //   \  \     ̄ ̄  /  \
           {      \  \ ____/  ___|\
             ∨      \         _|f⌒丶 l丶
            ∨               /  乂 _ノ l   \
            |          / ̄ ̄ ̄ / ̄ ̄ ̄    \
            l          / f⌒丶 /      \   \
            /≧s。      /  乂 _ノ /         \   丶

307 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/02(木) 23:48:29 ID:zpyCwHQr


          _ < ̄ `ヽ
        / ./⌒ヽ  }
.        /  /    l ′
       /  /      }/
.      /  {
     /   .ヘ.‥・・・・・‥ .
      ̄ `ヽ ヘ   _ ─ 、   ’ ,
     ,ィ ─‐ 、ヽl f f  ̄ ヽ丶     ’ ──‐ォ    あれで実は結構な乙女という事実。
─  ̄ { { ☆ } }ニ0ニ 廴_ノ }\         /
 `丶、::乂__ノ l::\ゝ __ノ   \    /       百重の塔を立てて巴さんの歓迎会だの何だの言って
.  /´:::/ /::/',  l:::::l \ソ丶   ヘ  ヽー<____
 /:::_/ /::/. ', l_ノ     \  ヘ  ヽ:::::::::::::/    本当は鬼と人間の混血である巴さんに
.  ̄ / /::/l ┃ ', l  ┃    \ ヘ   ',:::::/
   l./::/:::l ┃ ',l  ┃     f\丶  ',´        人間と鬼は結ばれることができるのか?と聞きたかっただけっていう。
  ノl|::/γ             l:::l \丶.lフ
   ̄l|/',::乂      ▽    ,.∨≦-` ┘        そして金時にはそれを知られたくないとかほんとさー
      ',l ノ≧ー- __ -‐≦ヽ`ー┘
        ̄   /´〉l7ー`ー-、-≦ ̄ ̄\

309 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/02(木) 23:55:42 ID:zpyCwHQr


                    > ´\
                 > ´     \
           /         、\
          /    <       ', \
         _ノ /  /\      ',  ヽ
        ヽ/  l/.|....、...\     ',  |i
         |  f.....l..lム...\...l`ー- _ 丶 |i
         l  l.\...',_リ 、.....',l、__',..l l|.', `l |i       さて、では眠気も限界なんで今日はもう寝ます。おやすみなさい。
.        /  /....l/\',//\...lr´__',l__l|.', l |i
        ′/.......l、_\` /`ヽ弋_ツ/l|.',/.  |i      明日はちゃんと投下したい。
       l /.l..l....|、´ ̄` .:l       l|..\  |i
        l / l.|..l....|    ___,   /}:l.....l \ |i     暑いからってだらけてばかりではいけないと古事記にも書いてある
         l/ ',lヽ...|`ゝ   ` ニ´  イ´::ヘ...|   ヽi
       \   ',|、::::::> _   / l:、:l::| ',.l   /
         l 、   ヘlノl|  ≧≦  lリ',l',l ',l  /
         |_ .\  ヘ_lニニ〔二〕ニl      /
       _ イー\ \ ヘ  丶    ヽ.    /
    _ -‐≦::::::::::::::::ヽ \ヘ  丶    l  /\
  /  \ \:::::::::::::::::> _、ヘ ーヽ / ̄ l  ′:::::≧ー- _
  /    \ \::::::::::::::::::マ\}、     l .iヽ::::::::::::::|  l ヽ
. /   l    \ \:::::f⌒ヽ| l\`ニ´/ヽl ∨:::::::::|  l   l
/   |    、 \ \l  ノ| l  `◎´  / l  ∨⌒ |  l  7

316 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/03(金) 22:00:47 ID:DXiYoq4Y


  .::::/         \\_____/l丶   ヘ
 .::/          _\ ____/マム   ヘ
/       _ -  ̄  /   l      マム   /
     _ -        ./    __l        \\/
   _ -      _ - ニ/  /::::::l  /   /. l  ‐'
_ -    _ -─=ニ二/ /_ -‐l /   /  l  l
 --=ニ   `l 丶 \//- _ /:/ /   / ./  l     ただいま~
::::::::::::::::/    l _)沁ー _丶/:::::://  /  /  l l
:::::::::::::/     ( ):.:.ノ l/_ -"/   /、l  /  l l',     やっとおやすみだー。今週はなんかいつも以上に疲れた
::::::::::::l     / ー- __l   / /、 /  /    l::',
::::::::::::l     ′        //l:.j / /  ′  /  、::',
:l',::::::::l               丶 l/ /  / /  丶
、l ',:::::l    l            ノ /:::l /   l/
  丶l、   l    ` - _      イ ∨/   ′
丶   丶 l     丶 ` _ <:/ // /、::\
/∧     > _       < .::/ / /   ー 丶
//∧   / l::::> _ /    // //
∨/∧/   l::::/      /′
_ ∨/    l/

319 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/03(金) 22:13:02 ID:DXiYoq4Y


              -─- _
           /.   /l  ヽ
          /    / l l  ∨
         //`ー- _ 廴ノ l  ∨
       / /:::::l、::::::', /`ーl、ヽ ∨     さて、ちょいグッタリ目な状態だけど
       ヽ/::l:::::l:/\::',〇 ',l/  、l
          /ノl ',:::l 〇 \  /    l      今日は投下しよう。短くてもなんでも走らないとゴールにはたどり着けないんだぁ!
         l ',:l  ` _ ノ} / /  ∨
         l/. ',ト 、 乂_ノ′/ _ -、∨    30分から始めますわよ―
         丶  l .≧/ /_≦::_ -、\
            \l  /l ./::::::/ l  丶\
          /:::ll /:::l/:::/  ノ  ヽ  \

322 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/03(金) 22:38:35 ID:DXiYoq4Y


          _ < ̄ `ヽ
        / ./⌒ヽ  }
.        /  /    l ′
       /  /      }/
.      /  {
     /   .ヘ.‥・・・・・‥ .
      ̄ `ヽ ヘ   _ ─ 、   ’ ,
     ,ィ ─‐ 、ヽl f f  ̄ ヽ丶     ’ ──‐ォ    おいーっす
─  ̄ { { ☆ } }ニ0ニ 廴_ノ }\         /
 `丶、::乂__ノ l::\ゝ __ノ   \    /       ではそろそろ始めようか!
.  /´:::/ /::/',  l:::::l \ソ丶   ヘ  ヽー<____
 /:::_/ /::/. ', l_ノ     \  ヘ  ヽ:::::::::::::/    3人以上いたら始めるぞ―!点呼ー!!
.  ̄ / /::/l ┃ ', l  ┃    \ ヘ   ',:::::/
   l./::/:::l ┃ ',l  ┃     f\丶  ',´
  ノl|::/γ             l:::l \丶.lフ
   ̄l|/',::乂      ▽    ,.∨≦-` ┘
      ',l ノ≧ー- __ -‐≦ヽ`ー┘
        ̄   /´〉l7ー`ー-、-≦ ̄ ̄\

328 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/03(金) 22:51:00 ID:DXiYoq4Y


           /\_.:.:.:.:.:.:| ⌒ニ=-  _                    _ -=ニ⌒   |
 ̄⌒ニ=-  _/      ̄ニシ=-  _   ⌒ニ=-  _         _ -=ニ⌒   _ ニ=- ┐|
    : : : : : : : ||      .イ:|i:|二___   |'´| ̄  ─=二 ̄二ニ=--=ニ二二ニ=-    ̄   | ||
.    _     || ,.へ,,ノ´ |::|i:|    ̄| | |. . . . . . . . ... ̄~|二ニi|:::|二三_| . . . . . . . . . _、-┬'|
|¨.|⌒| |¨|─ー-||‐'゙  γ´ ̄¨|i:|`丶  :| ||^.|^.l丁|:|─- ____| ̄| i|:丁¨ ̄..|_、-‐T''~|| ̄|| |. | ..|  レ'´
|....|. . | |. |. .|i :||   [|::::_____|i:|_: |   | ||. .|. .| | |:|  i|. .|....|   | i|:::||    ||....|.|.|_||_||_|. | ..レ'゙γ´
| . |. . | |. |. .|i :||    |:::| ̄¨|i:|¨丁|   | ||...|....|..| |:|  i|. .|. .|  | i|:::||    ||....|.|.|_||_||_|..<_彡'
|. ..|. . | |. |. .|i : ||    |:::|   :|i:|: ::|::|   | ||. |....l. | |:|  i|. .|. .|  | i|:::||_____ |. .| l.|_||_||_|..|..|| ̄= ̄
|.....|. . | |. |. .|i ||    |:::|   :|i:|: ::|::|   | |l. |....|. |_|:|_il. .|. .l   :| i|:::||| ̄ ||..|.l | ̄|| ̄|||| || ̄= ̄
|. . |. . | |. |. .|i ||    |:::| . : :|i:|: ::|::|   | ||..|....|...|_|:|_i|...| . |  | i|:::|||__| |....|.| |  ||  |||| ||─__─
|. ...|. . | |. |. .|i:::||    |:::|. . . |i:|: ::|::|   | ||..|....|...| |:|  i|...| ...|__|_i|:::||__|... |.| | ̄|| ̄||丁| ||____
|......|. . | |. |. .|i:::|| ̄ ̄ 〕└ー‐|i:|‐┘〔 ̄~~|..|. .l. .| |:|  i|. | . .|__|:::|__,|.....川|─||─||┤| || ̄= ̄
|. . .|. . | |. |. .|i: ||¨¨¨¨¨|| ̄``|i:| ̄¨¨¨..||¨| |. .|. .|_|:|_i|. | ....|_rzzzzュ__,|. ..| | |_||_||,,|.....||___
|......|......| |. |. .|i::||___立___|i:|______立_| |. .|. .|三三i|. | . |||::::::| |  |. ..|ニニ厂厂::77|. ..|| ̄= ̄
|. ...|. . .| |...|. .|l ||::| ̄r⊆⊇ニ|i:l二二⊆⊇l |. .|. .| ̄ ̄i|〕=-┴┴…┴-=ミj.....|  .|::〈〉:://...| . || ̄= ̄
|. . |.. . | |. .| ..|l ||::| :::| ̄~|__,|i:|___,,| | |. .|. .| ̄ ̄i|`i''T=--rrrr-=T''゙|. ..|``゙|::::|:: | |ー|....||__
|. . |_」⊥ -┴⊥|_:::|:::::: |i| ̄|i:|'´ `ヽ ̄:| | |....|. .|::::::::::i|. |. .| |ZZ|::|ZZi|]_」L⊥-┴⊥_| |  |. .|'7i||`¨
 ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:≧s。|/⌒|i:|¨¨ ̄|::|^| |..|. .|....|¨¨ ̄|_」i⊥||¨/|::|二ii| | |ニ=-zzzzzz| |  |.〔:〔.i||::::
__  --─    ̄ ̄   `'弌ii|===|::|¨| |⊥_|__」_ -─  ̄||//7ヽ\| | |_`i|:|二\| l ̄L_〕:|_| ̄
            _   ノ弌二⊥|‐|_|''"´         └' |:| ̄ \|_| |===l|:|====| |=- [_|─-
     _,,.. -─  ̄ : :ノ: \i:i|:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    ノノ  . :└   l|:| ̄ ̄|_|   ⌒ニ=-
''' ""~ : : : / : : : /: : ∧|::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : ̄ : : :. .  └        : : :
  .: : : : ′: : :/ : : : : |::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : :
 . :/ : : :,; : : :/ : : : : : |.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : :. .
. : / : : ,:' : : / : : : : : :|.:.:.:.:.:.:: : : : : :  : . .
───────────────────────────────────────────────
【 アナスタシア 】   はぁ………


┃  かつての楽しかった時間を思いだし、今もあの時間が続いていればと一縷の望みを願い瞳を開ける。

┃  しかしそこにあるのは自室ながらガラリとした無機質な印象を与える冷たい部屋の風景しかなく
┃  
┃  パキパキと暖炉に焚べた薪が割れる音だけが室内に響く。


330 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/03(金) 22:59:53 ID:DXiYoq4Y


      \  >s。 ,'                      `ヽ      \
        \` 、  八                        ∨      \
         >○ノ^`ヽ .:i                      ∨       \
        /__○○{ ∧ :{        |:              ∨      \⌒
      / '    } :{ }  :{        |:     .:|    :.     :.    \  `ヽ
     /-'    _.イ { }                :|      :.     :.     :\  \
     ̄ ̄ ̄ ̄:}:∧.:i /                |      i:     i     :.  ::\   :.
            ハ レ     |:    :.  i:  {:.    .:      {:   .: ∧     i    |.\  v:.
          ハ      |:    :.  :.   :.    ハ     {:   .: ,' ̄}   人  :|  ∨ :. 〉
         .: :.        |:  :.  :.   :.  :.   .:   .:  八.:イ/  :}  /  }  |  ∨:}/
         .: :∨     :.  \ \ \ \ :|  人  :| ,ャ云示=x.レ    ハ  v    ∨
        .:  :∨\    :. :. __「^^^^¨¨¨¨レ   `ヽ|  、⌒)::::㍉.:  / } /
        ./    ∨     \〈                 ヽ   `¨¨¨/  .:  レ'
       /.:     `ヽ  \   ゝ、                   /   人
        / .:    .:   \ `ヽ _>                  ノ__/   \
     ..:  .:    .:       \| ∨                    :/:.     \
   /   .:    /       .:}   `、         <  >         / :.         \
  /    .:     /       .:} ∧  :.                 .:  :.         :\
/    .:     ./       .:} / ∨ ∨ \            /   :.         :\
    .:    ./       /   ∨ ∨   ::.         ...:<`ヽ¨¨ヽ :.          :.
    .:    /      :/  x<;;;;;;「|   :::::::::>x。 _ イ   /   ∨ :.           ::.
   .:   /      / <   \レ‐、  ::::::::::::::::::::::∨}  /     ∨ :.          ::.
───────────────────────────────────────────────
【 アナスタシア 】   以前の私ならば3日もあれば綺麗サッパリ忘れられたのに

             一年経っても忘れるどころか毎日毎日彼の顔ばかり浮かんでくるだなんて………


┃  ポツリ、そうポツリと私は胸の中に溜まった切ない感情を吐き出す。

┃  誰に言うでもない、私自身に言い聞かせるように―――


334 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/03(金) 23:08:41 ID:DXiYoq4Y


  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .|
  | ┌────────────‐┬┬┬────────────‐┐ .|
  |  | |  i   i i i  i         .| | |         i  i          |   |
  |  | |  i   ,i .i i  i         .| | |         i  i         |   |
  |  | |  i.   .i .i i  i         | | |  ,:',: '  '    .i  i    i   .ii|  |
  |  | |  i   i .i i  /           .| | |    '   ,:'   ヽ  i  .i  i   ii|  |
  |  | | .i  .i .i. / /  ,:',: '  '    | | | ,:',:  ,:',   '   ヽ ヽ  .i  i  ii|  |
  |  | | i  i  i./ /     '   ,:'   | | |    ' ,:',: '  '   ヽ ヽ  i i  .ii.|  |
  |  | | .i  /  / ./      ,:',   '   .| | |    ,:',  '   ,:'  ヽ .ヽ .i .i  ii.|  |
  |  | | i /i / ./              .| | |       ,:',   '    ヽ ヽ i i.∥.|  |
  |  | | i/./ / ./──── __ ─┘ | └─────────ヽ ヽi∥, .|   |
  |  | | ヽ  /___ >'' ̄ ̄`丶`''<  ____________,Yo≦!. |  |
  |  | |≧g〈、      /    /   ヾ  ヽ                ヾ7i i゙i |  |
  |  | | i.i¨i゙´     /     /    {`ヽ ハ  ,:',: '  ' ,: '  '     i .i i i |  |
  |  | | i i i     /!    /     人_ノ⌒>   '   ,:' '   ,:'    i .ii i.i |  |
  |  | | i .i i     {    //     ,ィV∨ゝイ     ,:',   ' :',   '   i ii  ii .|  |
  |  | | i i i    マh、___,,、<乂x/}ノ 从  ,:',: '  ,:',: '  '     i .ii  i .|   .|
  |  | | i .i i    / ∨乂乂乂乂/. l从 /     '   '   ,:'    i ii  i...|  |
  |  | | i  i i   /   ゞ乂乂ア′   l V |     ,:',   ,:',   '    i i.i  i..|  |
  |  | | .i  i i  /     `¨¨´    / /l . l|  |                 i .i.i  i..|  |
  |  | | .i  i i  / /        / / \.l| |                 i .i.i  i..|  |
  |  | | .i  i ,.  /        / /    ヽ  ─────────‐.i  i.i  i..|  |
  |  | | i /    /      / /     ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ i  i..|  |
  |  | |  /   /  /      / /       Y                    ` . ̄ .|  |
  |  | / /   /  /      / /        |                  '., |  |
  | └ /   /.         / /           / ────────────┘  |
  |_  ,                / /.           {________________|
     {.      |       //            V
     从     |    /´            V
───────────────────────────────────────────────
【 アナスタシア 】   こんな気持ちになるなら出会わなければ良かった。

             ―――などと口が裂けても言えないのは困ったものね。


┃  そうして私はまた窓の外の吹雪を―――いえ、彼が居るはずの異国の方角を見つめる。
┃  
┃  相変わらず真っ白な景色しかないけど、この吹雪の向こうにいる彼の姿を求め続けていた。


336 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/03(金) 23:18:13 ID:DXiYoq4Y


         N\人     レ'| ,イ /} ∨  ` <
         | 〈         ノ' レイ} :::∨  /∧
         | ∧ _       / ∨  ::∨  /∧
         | |: \ `   イ  /¨∨ :::∨  /∧
         | |:  へ..::<〉¨¨¨///>‐、 :∨  /∧
         | |:   ,' /}}///∨    \::∨  /∧
         | |:/  //∨⌒/   <>  \v   /∧
         | :/  .ィ   }/            \  /∧
         |ハ  /:}  /  <>          \ /∧
         ||  .:   /\       <>      \
         ||  .: }/弋ノ:\ ,ィ        <>   〉  :\
         ハ ://>―‐「笊ミ、          <>∧
         レーァ:::::::::::::::::乂〉ルノ `ヽ   <>     | ∨    :`ヽ
        /`―ァ::::::::::::::::::::::::::::::∧  \        |-_-∨
       /^ニ≧¨:::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ <>  ¨¨¨ `ヽノ-_-_ ∨    /∧
     /|ィ`ヽ}::::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::}     ∨-_-_-_-_-_-:∨    /∧
    /イ/:::::::::::::::::::::::/ilili}:::::::::::::::::}     <> ∨-_-_-_-_-_-:∨    /∧
   ( /:人:人:::::::::::::::/ililililili}:::::::::::::::::}        ∨-_-_-_-_-_-_∨    /∧
    )「¨¨ \:\::::, 'ililililililililil}:::::::::::::::八<>       ∨-_-_-_-_-_-_∨    /∧
  / 〉   Y:::::∨¨¨¨¨¨∨∨::::::::/__:∨      ∨-_-_-_-_-_-_∨    /∧
 Y∧ }   ハ:::::::::∨    ‐-}=イ    ∨  <>   ∨-_-_-_-_-_-_∨    /∧
  |∨  \_{::::::::::::::∨  ∧ /:::::::}    ∨       :{-_-_-_-_-_-_-:∨    /∧
  |ノ  ム彡 v::::::::::::人   ∨:{::::::::ハ___ ∨ <>    :{-_-_-_-_-_-_-_ {     /∧
/|   人八ハ:::::::::八 `ヽ  :{:::::::::∧    ∨     :{-_-_-_-_-_-_-_:{      /∧
  |  ノ ハノ `ヽレ、〉   \}人::::}⌒     ∨   <>:{-_-_-_-_-_-_-_:{      /∧
───────────────────────────────────────────────
【 アナスタシア 】   会いたい、わね。

             

┃  この一年、カドックに会いたいという思いばかりが胸の内で増幅し、ただそれだけを願ってきた。
┃                                                          
┃  なぜ見送りに来なかったのかとか、私が嫌いになったのかと聞きたいことは山程ありますが
┃  
┃  それは二の次三の次。


337 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/03(金) 23:27:02 ID:DXiYoq4Y


                -=ニニニ=-
             /         `ヽ
            /二ニ=}        /∧
           /       |_ _  /〉  /∧
             ,'      :|\ ∨.ノ    /∧
          |  :   .:   >「ノ__________ノヘ
          |:.  : | 人  :}__∨乂X乂X乂∧\
          | ヽ : レ,xf |  }「ソ   <>〈〉〈〉〈〉〉
          v \|ヘ∨レ :}¨|| ∨ .:∨ Y⌒ア⌒
           \  )   | :} ノ| ∨ .:∨   /∧
              ) >、  | ハ ./∨ .:∨   /∧
           /  | ≧| ///〈〉 ∨ .:∨   /∧
               | |: Vレ:::::/    .∨ .:∨   /∧
               | |∨/::::/ 〈〉  .∨ .:∨   /∧
               | |v//|       ∨ .:∨   /∧
               | |:/// | 〈〉 〈〉  ∨ .:∨   /∧
               | |:/// |     /-∨ .:∨   /∧\
               | |:/// |  〈〉  -_-.∨ .:∨   /∧ \
               | |:///〈   /-_-_-.∨ .:∨   /∧  \
               | |\_ ノ\/-_-_-_-_-.∨ .:∨   /∧   \
               | | :|    |-_-_-_-_-_-.∨ .:∨   /∧    \
               | | :|  〈〉|-_-_-_-_-_-_ ∨ .:∨   /∧     \
               | | :|〈〉  |-_-_-_-_-_-_-.∨ .:∨   /∧      \
               乂 |  〈〉|-_-_-_-_-_-_-_ ∨ .:∨   /∧       \
                   |〈〉  |-_-_-_-_-_-_-_- ∨ .:∨   /∧        \
                   |  〈〉|-_-_-_-_-_-_-_-_ ∨ .:∨   /∧         \
                   |〈〉  |-_-_-_-_-_-_-_-_-_∨ .:∨   /∧          \
───────────────────────────────────────────────

┃  あの輝かしい日々を思い出してしまったせいか、今日の私は特に酷く胸の奥がざわついてしまう。
┃  
┃  そして私はチラリと自分が利用しているベッドを―――正確にはその上にある物へと視線を向ける。







       __________
    r´ ´\                \
    (    \                \
     \     \              \
      \     \                 \
        \     \                 \
          \    \                 \
          \    \_________\
                \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ
───────────────────────────────────────────────

┃  そこにあるのは【 本 】だ。 真っ白なシーツと同じ様に雪のように白い【 本 】。
┃                                              
┃  先日、街を歩いていたら偶然迷い込んだ古本屋で頂いたものだった。


340 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/03(金) 23:33:21 ID:DXiYoq4Y



≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐

             。o< 。s≦ __________//
          。o< 。s≦>''“” ̄   ____  { {
       ,.ィ´。o<>''´      ______ ̄VA
      / />''´    > r''^^丁  I/I }…ー ,,_<>s。
     く xく/  ,.ィ彡ペ。 弋___ノ  /∨ トミ:::⌒^^'=- ,,_
    /^\\/〉ィヘ ㍉゚o     o゚㌘ xベ''㍉。:::::::::::::::
  ,.:':::::::::::::::ソィ㌻::::/\`'ミ≧s。s彡'′、:::\\::::`㍉。::::
 /:::::::::::::::::/ィ㌻:::,ィク::::://::メs。__,,。si(、:ヾ:、::::ヽ\::::::`''7
./:::::::::::::::::/∠:::::://::::://:://::| |:::::| |:マ::::ムマ:ペ。:::::\\:::/     -=ニ二二ニ=-
′::::::::::::://  Y//::::://: j{.{::::| |: : | |ムマ:::ムマ:::ペ。::::::\'′ /     ‐=ニ=-    \
::::::::::::::::/、ゝ-ヘ、::::://::::j{.{ :::| |:::: | |::ムマ::::ムマ::::ペ。  /∨  <> ――― <> ∨
::::::::::::::/〉 `メs。 `メ::::::j{:{:::::| |::::::| |::::ムマ::::ムマ>'´ {  :}<>/   /⌒¨  、   <>v
::::::::::::/,{  ,′  7s。 ^'=- 」」::::::| |:::::::ムマ''“´ __人__/    ,'   .i      ヽ   \)、
:::::::::/{/i{ .,′ .,′ ``~=Y二Y ̄ ̄_,,,,..。s <   0O `ヽ  .:    :{        \  ∨〉
:::: /}::}/,{/   ,'.j{⌒^^'=┐:lー‐‐| ̄ ̄      \ _人  } :  :   {    ∧      ∨〉
::/〉 |::{ 圦ワ ,' j{       |:│  :|          V  // } ¨¨ヽ  .i  :{    {ハ   |  \V人
/ /_{!::Ⅷi-{_,' j{       |::.|  :|   ┌‐.┐   V。 レト、}   :|  |  |  {ハ   {⌒}  :|    ` 二 フ
__(__){:::Ⅵ:::l′⌒^^=- ..,| .l   |   |  | /|| 。o | }  |  |⌒|  {ハ  :{ィ笊う㍉ /}八 ハ
i:i:i:i:i:{!:::::|::::|  || ̄ ̄~.| | .|___|   |_,.イ ||/i:i:i:i| 八  |  |ィチ笊㍉人  { 乂ツ ∨v〉 |  |
i:i:i:i:i:ム::::|::::|\||____|_| .|.  ○  ,.イ || レ'´i:i:i:i:i:i: |' | \} 八乂ツ   `¨`    .:- ': : :|  |
i:i:i:i:i:i:iム:|::::|i|i|i\ f⌒Y^゙|ニニ|^|/|| ||/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i| |  )八∧      '       人: : : : |  |
i:i:i:i:i:i:i:i:iY:::|\|i|iミs。s(:: |i:i:i:i:i:|トミs。llィ´i:i:i:i:i:i:i:i:>''´..| |  / O: : >.    、  /} ∨: : : |  |
i:i:i:i:i:i:i:i:i|::::ト、::\|i|[ニ]\|i:i:i:i:i:|||`トミs。i:i:i:i:>'´    .| | , ' ノ}: :/  {::≧s。_/|::ル  ∨: ::|  |
\i:i:i:i:i:i:|::::li:i:i\」」二圦_)ニニニト、||.||..|| ||`'トミs。   . /  〈/ 人  ∨::}=====ル 〈〉  ヽ:..|  |
  |>'゙´:|::::|\i:i:{::}TTTZソニニニニ〕ト」| || .|| ||`トミs '  : : /     ∨}{==}{/         \ |
   ̄ ̄|::::|\ヽ|::|i| | ||::||二二二二二〕ト.」| || ||  / > ´   〈〉  ∨ニ, '        〈〉\
      |::::|  Ⅷ;;):| | ||::|L============┴`トミ ,' /           ∨ 〈〉  _ _        \
_,,,,,.... |::::|---}:::| | | ||::|:|================ ,ル〈〉    〈〉   〈〉人_ /ノ‐‐'     〈〉   \
┬十廾''|::::|TT''}:::|_|_LLノ }================ /           / {///// '¨¨二ア__        :、
││ ||.│::| | |ノ::/i:i:i:i:i:i:ア============== / 〈〉   〈〉   /::::/{¨(¨く   ゝ―ァ'  〈〉      _

≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐
───────────────────────────────────────────────

┃  不思議なお店でした。幼き頃からこの地に住み着いていた私でも初めて見た店構えで
┃  
┃  お店の中に入っても私以外の人は誰一人おらず、本棚には世界中のあらゆる言語で記されている本がズラリと並んでいた。
┃  


341 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/03(金) 23:44:29 ID:DXiYoq4Y


                      ―――--
                 _ /        ' ⌒ヽ `
               _//           \  \
             //                     ヽ
             / /  /    i|
.            / /  ,  |     |i    i i  |i    |Vi
.              '     |   八   | | 从 ,,  } 人| 、
            i i    i  、   |i  \  l,斗t≦ミ  ハ,ソi \
            | ハ  八__|_\从\   /     ´ /{,,Y 人  ヽ
            l'     ヽ|      ヽ/       / ,xしミ、 \ }i
                \ 、             / (〃/}:.\):)  从
                トー≧、    ' _  ,  乂_ ー┐:. Y i/
                |  { 、 ゝ   `    //つ 人へ\
                |  >⌒) } ≧  -イ/r''"/ } }  ⌒
                `¨´  )}'人ノ/ }¨´::::::人 ∨´ ≧=- 、
             __r― ミ/ / イ / /ヽ::::/  ヽ }    ―...\
           (----- ¨   \ { , /::: /  / ノ   /:.:/:∧_:.:i
             ゝr―-__    __∨:::: /  /  ―┐{:.:.:{>∇<:.|
             `¨ゝ---/ __)-彡-=彡/:.:/{:.:l八:.:.≧彡へ
               / / / _ヽ――:.:.:.:./   \:\_/:.:.:.イ
                 /  ∨ /::::::::\\ ̄ ̄    /:.:.――=彡 |
.                //  人'':::::::::::::::::ヽ:::ヽ  \/:.:.:./    / 人
             ,  / / / }::::::::::::―::∨:::\_  \:.:.\    /
           /   '⌒ヽ   |:/:::::::::::::/::::::::::::: \ \::::\      i
───────────────────────────────────────────────
【 ??? 】   あら、珍しいわね。ここであいつ以外の人間と合うなんて。

          リオーン、お客さんが来ているわよー。


┃  それから少しの間、店内を見渡していると不意にお店の奥から綺麗な銀色の髪をした女性が現れた。
┃  
┃  見た目からはとても店員には見えず、そも年下にしか見えない容姿とは裏腹に纏っている雰囲気に深みのようなものがあり
┃  
┃  落ち着いた声の様子から大人っぽく感じて色々とチグハグだった。


344 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/03(金) 23:55:30 ID:DXiYoq4Y



           l{ {: : :.| ; ; / {; : ト : 、;  ; } : : }
        {| |: : : : :|: :|: :|;' !ト: : |、: : }、: :}: j : : : j|
        {| { : : : :|: :{:/l|-、 {|ヘ: {_>、:}ト; :}:リ: : : :}|
        {| i:|: : : :{: ly    ヽヽ{  ヘ{  y: : : : :j:|
           {| }:} : : :{'、{          ,' : : : :/: l
         { }}: : : :.:ヽ    __'__   /: : : :/: : :l
         ヽ.}ヘ : : : :.i:`:...、 ` ´ ,..:':.{: : : :イ; : : :|
          .K.|: : : :.:|,..:.:.}:.:`..::.':´:.{:.:{: : : : } ヘ: : |
          { . |: : : : |`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:./|: : : :.} ,イ: :l
        /. .`.|: : : :.|. . ヽ:.:.:.:/. . |: : : :l'´. . ヽ}
        ヘ. . .|: : : :.!`ー -、.V.,. .-‐'l: : : :}. . . ∧
       { .ヽ. . |: : : :.! . . :,イト; . . |: : : l. . ./. }
       /. . ヽ |: : : :l . . //|ハ. . .{: : : i. . ./. ; }
      /ヘ. . ` l: : : :}. . ./〃| } }. . .{: : :.l. ./. . `、〉
      /. . .ヽ. . .l: : : }. . `'.{ l| ト'. . }: : :l. .レ . . . ヽ
      /. . . . .ヽ. . l: : :}. . . | l|| }. . .ヘ: :.}. .{. . . . .}
     /. . . . . 、 . .{: :.j. . . .|_|||_}. . . .}: :}.〈'. . . . . .}, --‐//
   /. . . . . . ヽ . }: :.}. . . . .||. . . . }:.}. .|.  ,. ' ´   / /
   {. . . . . . . . `、j.{: :|. . . . . .||. . . . }:}. ..レ'´    /  /
───────────────────────────────────────────────
【謎の女性】   勝手にお店の方に出ないでください。 ンンッ!大変失礼しました、可愛らしいお客様。

          ここを見つけることができたということはお客様は強い欲望をお持ちのようですね。


┏ 
┃   そして銀髪の女性の後を追いかけるかのように黒い髪の綺麗な女性が奥から歩いてくる。

┃   こっちは見た目も雰囲気も見たままの印象で、どこかミステリアスな空気を醸し出していた。

┃   この人がここの店員さんなのでしょうか?


348 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/04(土) 00:03:27 ID:sZTwYRJQ


              >''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~"''*、
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
         〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘,::::::::::::::::::.
           /,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::‘,:::::::::::::::::.
.         / '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::',:::‘,::::::::::::::::.
       / ,'::::::::::::::::::::::::::::::|::::::/  ':::::::::ト :::\::::',::::::::::::::::::::::::.
.      / ::::::::::::::::::::::::::::::/| /|.  ‘,:::ハ \:::\',::::::::::::::::::::::::.
.       / .::::::::::::::::::::::::::: / .|/ |   ':::::::',-‐\~{\:::::::::::::::::::::.
     ,'   ::::::::::::::::::::::::: / ̄| ̄.|`ヽ   \::',      }: |::::::::::::::::::.
      ,'   {::::::::|:::::::::::::::l             \     /|:::::::::::::::::::.
         {::::::::|:::::::::::::::{                   / |::::::::::::::::::::.
.    {   ', ::: |::::::::|:::::::..          、      /  .|::::::::::::::::::::::
        ',:::::|::::::::|::::::::::..                   ::::::::|:::::::::::|::
.    八    ::::::::::::::|:::::::::::::.          _,    /:|::::: |:::::::::::|::.
     ヽ   .}i:::::::::::::::::::::::::. \     `     /|:::| :::::|:::::::::::}:::.
            ハ:::::::::::::::::::|::::::._〕iト       イ :. |:::|::::: |:::::::::/:::::.
           ,'∧ ::::: |:::::::|::::::|ト、:.:.:.:.:.:.|_>-<_|:.:.: |:::::::::::|:::::::/:::::::::.
          ,'::::∧::::::|:::::::|::::::|{: :``~、、:.: ̄.:.:.:.:/: / :::::::: |:::::/:::::::::::::.
        ,:::::::::::.. :::|:::::::|::::::|{: : : : : : : :ヽ:.:.:.:/: :.:/::::::::::::::|:::: :::::::::::::::::.
         .:::::::|:::∧:::::::: |::::::||\_  __',:.:/:.:.:.:.:.{:::::::::::::::::::/:::::::|:::::::::::::.
.        /::::::::|:::::∧:::::::::::::::|: : : : :.\⌒ ∨:/⌒}:::::::::::::::::/:::::::::|:::::::::::::::.
      / ::::::: |:::::::∧:::::::::::::|: : : : : : : :/  ̄‘,: : :{:::::::::::::::/:::::::::::|:::::::::::::::::.
───────────────────────────────────────────────
【謎の女性】   ふむ、そのご様子では当店がどういったお店なのかご存じないようですね?

           それでしたらご説明をさせていただきます。

┏ 
┃   そう言って黒髪の女性が柔らかい笑みを浮かべて微笑みかけてくる。

┃   未だに何が何だか分からない私は流されるままに彼女の言う【 夢 】の話に耳を傾けていってしまった。


350 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/04(土) 00:13:13 ID:sZTwYRJQ



 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □
.

                              「 、
                       |\  |  〉___
                       |  \| ∧      ` 、
                       |   ル -=ニ ̄ ̄ ̄ニ=- \
                       人_ノ=- / ^¨¨^  -=- .\
                        / 〈/ / ,'  .:    ∨   \ :.
                     / ,'  ,'  .:   .:     ∨    v
                      / .:  /  .:  .:    |  ∨    |
                       / .: ./   |:   {    |  ∨    |
                   /  イ .:    |:   {    ..:   .:    |
                    / / .:   | :|   :.   八  .:     八
                      / /   |   ハ笊芯㍉乂/ ノ/   / /,
                 / / {.  |    〉       芯ア7  /  /,
                   //  {∨ ∨`ヽノ    '     /  /    /,
               .: v  { ハ ∨∧ 「¨ \  , 、   .イ7¨、     /,
               , ' .:  / ̄¨¨∨∧\ノ{}_>-=≦‐ Y .: .∨     /,
               ./ ,' 〈〉    ∨∧ \{}_{}_人_ノ ∨   ∨    /,
           /  / /       .∨∧  \/¨    :..、  ∨    ./,
          , '   ./ .: 〈〉   〈〉  ∨∧ /\ 〈〉    ¨¨`ヽ     /,
         ノ⌒¨¨7/             ∨∧ ¨x¨`ヽ    〈〉   ∨   /,
              /        〈〉 /´ニ.∨∧(_)_ \       ∨  ./,
           /  〈〉     /ニニY¨ ∨∧―y`> \      ∨  ./,
          <__  ―=ニニ{-― >{  ∨∧ ,':.    `ヽ〈〉    ∨  ./,
───────────────────────────────────────────────
【 アナスタシア 】   自分の望んだ【 夢 】を見れる【 本 】………です、か。

             普通に考えれば眉唾ものなのですが。


┃   そうして帰り際に渡された三冊の白い【 本 】を手に取る。

┃   これを使えば【 夢 】とはいえ彼に会える。そう思うとどうしても捨てることができなかった。


352 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/04(土) 00:20:49 ID:sZTwYRJQ


                            }\  /\
                            {  \   ノ
                         _,,、、 ――― '' 、、
                        >''´             ㍉ 、
                    /  ''´ ''´            マ ` 、
                    / / /  //            マ.   \
                   , 〃 /  // /              マ   ヽ
                    {/ / // / /.  〃       }}    ∨
                     从  // ./ /   〃        マ     V
                   / ̄ ̄ ̄ // / /  〃                   ',
              /       // |   〃          Y⌒ヽ      ,
                 '            | /            乂__ノ      }
               / 、        _/   /      /{乂乂
.              /        `''ー=彡       , イ  V乂乂>   ,′
             /            /  _ ,、丶`     ∨乂乂乂>/
              {             ̄ ̄く:ソ ノ         ∨乂乂乂/
            />。          >―‐<   /.      \乂乂/
.          ,    . :.\            /   ,           \X/
        /  ,  . : : : ヽ      ∧ ∧ {   /   |      /
         /  /  / : : : : : ハ  ∧ / ∨ ∨',        |.      /
       ,     : : : : : : : : } / ∨  _  ―― 、     |     ,
       |  |   |,,、、、、~''^} )>''´       \.    |     {
       ,   /     >''´ ◇     ◇    \.       ',
        人 /     /                \        ',
          /.      /    ◇     ◇    ◇      ヽ       ',
.        /     /                         '。     ヽ
───────────────────────────────────────────────
【 アナスタシア 】   それに【 夢 】で会えてもそれは所詮自分を慰めるだけの都合のいい幻。

             そんなものに意味なんて―――


┃   頭の中でずっと同じ疑問がグルグル回って答えが出ない。

┃   私が会いたいのは現実を生きている彼だ。【 夢 】で会ったてそれは本物の彼ではない。

┃   そう、そのはずなのに―――ー


353 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/04(土) 00:28:17 ID:sZTwYRJQ


                    -=ニ二二ニ=-
                /     ‐=ニ=-    \
             /∨  <> ――― <> ∨
             {  :}<>/   /⌒¨  、   <>v
         __人__/    ,'   .i      ヽ   \)、
        <   0O `ヽ  .:    :{        \  ∨〉
         \ _人  } :  :   {    ∧      ∨〉
           // } ¨¨ヽ  .i  :{    {ハ _|  \V人
            レト、}   :|  |  |  {ハ   {-‐}  :|    ` 二 フ
              | }  |  |―|―{ハ  :{  :} ::ノ /}八 ハ
              | 八  |  |      人  { ェzzァ ∨v〉  |  |
              |' | \} 八 ミzzァ   `¨`    .:- ': : :|  |
              |  )八∧      '       人: : : : |  |
              |  / O: : >.    - ‐  /} ∨: : ::|  |
              | , ' ノ}: :/  {::≧s。_/|::ル  ∨: ::|  |
             /  〈/ 人  ∨::}=====ル 〈〉  ヽ:..|  |
             '  : : /     ∨}{==}{/         \ |
            / > ´   〈〉  ∨ニ, '        〈〉\
           ,' /           ∨ 〈〉  _ _        \
           ,ル〈〉    〈〉   〈〉人_ /ノ‐‐'     〈〉   \
           /           / {///// '¨¨二ア__        :、
         / 〈〉   〈〉   /::::/{¨(¨く   ゝ―ァ'  〈〉      _
       /     _ ...  ‐<¨¨  /}   人  /¨¨,'>:.      〈人
         >、_ _ ィ   〈〉 /--=ニ ,イ   >--イ:::::::/ 〈〉 }>‐  __>
      /-_-_-_-フ    /{: : . /¨.:八 ,イ〉  :レヘ'     /-_-〉_-_-_-_-_
     ∧-_-_-:/〈〉 /):::人: :{    {ハ  <  . . ::/    ./-_-.:_-_-_-_-_- 〉
     ∧-_-_/   /八{`ヽ ≧)   .:   人. . : /  〈〉 /-_-,'_-_-_-_-_/、
    ,'-_-_    ./{  v  レ'ト、  ,'  イ≧=-'    ./-_-/_-_-_-_/-_ ∧
    -_-/ 〈〉 /v )  人/ ノ .:) 人  ソ  / 〈〉   /-_-/_-_-_ , '_-_-_-_ ∧
  ∧_/    /::::| { 〈/  < _  〈_ノ  〈ニニ     ./-_-/_-_-_-_-_-_-_-_-_∧
  ∧/      /:::::::| } (     〉  ,'    ノ=/     ./-_-/_-_-_-_-_-_-_-_-_-_∧
  {_/     /:::::::::| }  \   / /   イ=/    /-_-〈_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_∧
───────────────────────────────────────────────
【 アナスタシア 】   幻でも―――もう一度あなたの声が聞きたい。

             そしてこの気持ちが本物なのか確かめられるのであれば―――ー


┃   この胸の中で今も熱く燃えるような感情。

┃   それがかつて偽物の恋人を演じて時と同じ偽物の愛なのか、それとも本物なのか。

┃   その答えを求め、私は意を決してこの白い【 本 】を使用することを心に決めるのでした。


                                             【 つ づ く 】

355 名前:黒マント ◆8alnqWF4MNwa [] 投稿日:2018/08/04(土) 00:30:31 ID:sZTwYRJQ


                 /{
                /  {
              , '     {
        ____ >-ニ¨¨¨>―
        \  > ´へ      -=>  )h、
         >  /   ヽ \    \〉
         '     /    ∨ \    v〉    \
         /  '  /      {         ∨〉
       /  /  '        八       ∨〉    ∨
      '  .:  /        / ∨  }     } 〉     ∨      眠気が凄いんで今日はここmで
      |i  |         '― -} _}     :|{^}     }
      |i  | {  {八   /   }  }      :|乂      }       延々と導入をやっててすまんなぁ。
      |i  | {  {  ∨ /¨≧=-ミ :}      :|¨¨¨ヽ   }
     八ノ{/\{  ∨  {:::::rj::)≫}      :|乂X乂\ }       読者の皆さんが退屈してないかどうかが心配である。
       {   '   \ ノ  ´¨¨¨ ` ,'     |乂X乂X.:\
       {             /⌒}   ,イハ乂X乂X乂\
      八               八/}人}乂X乂X乂_ノ
         v)             へ_.ノ∨乂X7´¨¨
         :.             ノ´{: : : : : :廴_ノ |
        ハ        ... . :::    {: : : : :       |
       /  `¨¨¨¨ ̄| ¨´   ∧  ノト、 : : : :       |
      ,'     .}  |∧__∧_/  Y : レ}`ヽ: :     |
       /     : /  八} { } { }  > ´  /: : :     |
           : / /::/`¨¨¨¨>     < : : :       |
   /     /¨/ /::/ > ´   ∧    }: : ::     |
  /    /} / ハ<´¨     <::::>   ハ : : : :     |
/     /´¨ ./  {^ \         ∨   /: : : :  :}  |

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する