FC2ブログ

【R-18】やる夫とおっぱいゴーレム 『小ネタ ■■■■■日常』

6833 名前:黒らいちょー  ◆nCjAKRISxo [] 投稿日:2019/02/05(火) 23:49:19.65 ID:Z6qXz7x4








             ,.斗:ヘ‐-.ミ
            ,イ::::::::::::::::〉:::::::::ヽ
          ,'::::::::::/:/::i:':,V:,::::::::::\
          ,'::::::::::,':/i::/:::::X!::!:::::::\ヽ、
          //:::::Vz≦メ:::::;イ'≧z:::!:T `
         '"i:::i:、{《ヒリ゙!/ 'ヒリ 》:ヽ!
          !ハ!!ヽ\   l   /イソヾ、            ■■■■■日常
         '´ヽ!`ム、 t  ァ _ム!、!
           !イr≦´!.、 _.ィ!-ミメ,
             V///!ァ r、j////、
         ,斗≦/////!V .ソ/////メ,、
       r‐<´////////ハ f ///////i、 `>‐‐,
      ハ,.:≦'//////////∨//////ムーミメ、 .}
     .! .∧ `マメ、//////////////ム i /',::! i
     .! ,':! V   `マメ,/////////////ム' .!:i ,
     ノ !:!  ,    ,イ/////,.斗 <ヽ´  !  i::! i、
    ', fソ  ',  fr≦ ̄ ̄     〓:! i   !:i//
    , ノj、  ,  !〓          ,' .i  !:i .!
     ,〃 \ .ハ  ',           ,  ハ,  〉〉.!
    ,'ハ'   ソ ,  ',        / !  !  i::! ,
    'i:,' --ミ!  ,   ,      /,  イ´.ハ --ヽ! ,
   , i:!   Y  !   ,   , 斗 '"   ヽ ∨   j〉 〉
   .ムヾ:、  _,ム,〈 ` '丁´       /__ノメ、/' /
   ム ',:!,.:',イ/〉Tニfr---Tr-Tr ''"jj_ノYヾヽヽィ
    ムi:i':/:/: :/ ! く ̄ ̄¨ ̄¨ ̄  〈/ ハ:ヾ:〉:ソ
     ',: ヾ': /  !、/       //,i/ ',//
      ',:V:、'、  ! !ヽ__ > ' " ´  〓/  ∨
      ',:∨! ヽ  !〓        ,','/´リ
       `' i  \ .!         ' 〈  :}
        !   \         /   ,'










6835 名前:黒らいちょー  ◆nCjAKRISxo [] 投稿日:2019/02/05(火) 23:54:09.85 ID:Z6qXz7x4







             . .-―-. .
.          ┌≦: : : : : : ミ: : :丶
        ./|: : : : : : : : : : :`丶: :\
       /: 八: : :\ : : : : : \‐一: :\
       ,: : : : :ヽ: : :、゙斗<: : : \: : : 、
        .八: : :.|斗\: 、≠以> ト、=ミ: : : 、
      /:イ \ { f以 \、     i/ ヘ .〉\ :、
     / Ⅵ: :\ 〈   `     __/: :! \、
        ヽ\{‘、  ___    / 川L
              丶 ー一’ . _,. ≦: : : L_,.  -ュ、
              ヽ _,.<  }: : : : : :/∧ _,∠⌒ 、
                <∧ |: : : :/ : : { ̄| \  丶
                 >:}:|: /: : : : : |  |  \  ト、
                ,/:∧!: : : : : : /  :|    \∧ 、
               /′/: : : : /  、 {    /ヾ  、
             f / : /: : : : /ー―‐┐ 、   ´   ヾ  、
            小 ̄7 : :.:/      8 |  `ヾ     ヾ  、
             } ヾ{: :/        |     \    ヾ  、
             {\ 〈8         |      \   ヾ  、
                 |  ヾ ,         |       \   7、  ヽ
                 |   ヾ,        |       l: \ ! ‘, ‘,
                 |     ',        |       |   { |  ‘, ‘,
                 |     ',       |:   /  :|   ヽ.  ‘, ‘,
                 |     ',         :|  /    ヽ.   ‘,  ‘, ‘,
                 |      },     ,.ィ         」:    ‘,  ‘, ‘,
                /  /  / }_ -=彡  \_,. -‐  ./\.   ‘,  ‘, ‘,



イチカはどこにでもいる学生だった。
仲間とグダグダ時を過ごし、将来はある程度の稼ぎとそんなに苦痛じゃない仕事につければいいかなと考えていた。
少し違っていたのは、彼が養子であったことと、家族が全員偉い美人だったことくらいだった。










6836 名前:黒らいちょー  ◆nCjAKRISxo [] 投稿日:2019/02/06(水) 00:04:28.56 ID:nlIz7mOD







                 ,ィ:::::::::::::::::::::::::::::!::::::::マ:、::::::::!::::::::::::::ヽ:::::::::∧
              ,.ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::マ:.、:::::i:::::::::::::::::::V::::::::∧
            ,.ィ::::::/::::::::::::::::::::::/:::::/i::::::::::::::マ:.、::i:::::::::::::::::::::V:::::::::∧
           ̄ ̄ /:::::::::::::::!____j:::::/ ,::::!::::::::::::メヽi',::::::!::::::::::::::V::::::V∧
              ,':::::::':::::::::i:::::/!`メミx',_;!:::::::::::::{',メz≦f--:::::':,::V:、:V,∧
              ':::::::ハ::::::::!::/_j:/__ `マ!',:::::`"Tヽ!´',:::i マ:',::::::',::Vヽ::':.`ヽ
             ':::/}:::::':,:::::V〃!',ぅメミ:、',{ ヽ::::::::i ィ云',::ミ、ヾ:、:.、::V:::iヾ:、
             ,':/ }:::::::!':,ハヾ  マタ `   ヽ:::::. ffj:} } }ム::ヽ:::::メ:V::!      ど、どうしたのその傷!!
             i'  .}::::::i :!ヾ、 ` ̄    .:!  \:. ≧= "/::::;ィ !:::,' ヽ:i
           ,。.r≦"!:/!/i:、ムヽ     :ノ   `   / イ_ノイ::'  ヾ
      ,。r≦>'"´   j' !ニi:::>,           i  ´ /_ィiヾ!/、
     ,ィ> '"       _,jニニi/ム'ム、    __   し .イニハ `ヾヽ、
    '::/  `Y   ,.。r≦:斗iニニニニム:',\  (__ ___)   ,.イニニニ、  ヾヽ、
   '::/   jr≦:>'"´   iニニニニニムヽ, ヽ、 -  ,.イノ /ニニニニ!:ヽ    ヾ:ヽ.、
   '::/    /:!イ       !ニニニニニヽヽ_ ヽ_ .イ>" /ニニニニニ!\\   `メ::メ:.、
  ,::,'   /:/!        !ニニニニニニ! :ハ /Y  ハニニニニi  ヽ::メ.、   `メi:!
.  ,::,   /:/ i       /ニニニニニニニ! ! V i  ハニニニニニi    `メ:::ヽ  /iリ
  ,::,   ./:/ i       /ニニニニニニニi/ /  ! ,イニニニニニ!      `メ:ヽ j!


そんな彼の日常が変わってしまったのはある日のこと。
彼以外の家族が留守にしていた夜だった。
たまにそういう事がある、女性同士で買い物が長引くのだといつも説明されていた。
まあそういうものかと納得していたし、何よりながーい買い物への付き合いが面倒だったので深くは聞いていなかった。
だがその日、一段と帰りが遅かった家族たちは、ひどく傷ついた姿で帰ってきた。













              r――― _  斗/. : : . 、<ニニニニニ}
              {ニニニ/: :__: :.\/. :へ: : : :\:`寸ニニニ,
               Vニ/. : /。s≦ニニニ≧ヽ: : : :V : 寸ニニ,/
                ヽ ′: :{〃´ ̄ : : : : : `ヽゝ: : ∨: : 寸/
                   { : /: :/: : :/: : : :,ハ Vハ: : `ヽ : : : .
                 ∨.: : :′: :′: : : : :}!:}: :|: : : |ハ: : : :}
                 ,′: :!|: : | |: : : : : :/:/ : |: : : |! |乂__!
                i|: : : : |: : |!{: : : : :/}/_ |: : : }! }  _ア
              ___ノ{: : : : {\{圦 : : /〃⌒´}:!: :/ /  \
              乂_人: : : : '⌒ヾ \{:    ムイ:/ ヽ{´ ̄      本当のことを話す時が来たのね
                ノィ)\: : .\  }      |}/!|:.: : : : |
                       |!\{ ̄         ,|: : : |:.: : : : |
                   /|!: : :i|:>  ー '  イi:|: : : |:.: : : : |
                    _}! : : }: i!.:.:.|ぅー<ニニ}|: : : |:.: : : 八
               / r‐ノ:_:_;ノー‐≦ニニニニi乂: : ゝ: : : : : .、
             /  {: 圦 ⌒\ニニニニニニニヽ: : ハ__: : : :\
              ´  `ヽ}ー‐<ニ\_. 。s≦ニニ}: : : }  `ヽ: : /
           /      ゝ __ー-、>ニニニニニニ,/. : ,     ∨ /
             { ゝ。s≦ニ>ー`ーく-=≦ニニニニ{:!:/       ∨
          _-=ニニニニニニニ)/ニニニニニニ=}/_、. /:
         _-=ニニニニニニニニ,ニニニニニニニニニハ/:       }
        /_-=ニニニニニニニ/ニニニニニニニニニニ=-_: :      :|
       ./_-=ニニニニニニニ/ニニニニニニニニニニニ=-_
       ′ニニニニニニニニ;:ニニニニニニニニニニニニニ}
      {ニニニニニニニニニi!ニニニニニニニニニニニニニ;     ;

彼の家族は、人知れず悪と戦う正義の使者だったのだ。
そしてイチカは、強大な潜在能力を持つ戦士の家系で、その力を恐れた悪の組織に滅ぼされたはずの血族の最後の生き残りだったのである。
今明かされる衝撃の真実。
理解が追いついていないイチカだったが、それでも愛する家族を思う心だけは確かだった。
なにかできることはないか、絞り出したその言葉に家族は顔を見合わせ、うなずいた。











6837 名前:黒らいちょー  ◆nCjAKRISxo [] 投稿日:2019/02/06(水) 00:08:55.13 ID:nlIz7mOD





                  _
                 /:::::::::::` <   --....へ、
                 !::::::::::::::::::::> ´,.イ: : : :ヘ.ヽー _
                 !::::::::::::::/: :/: : /ー‐--ヾ´ ,へ.ヽ __
                  ∧::::::::, ' : /: : / __   `.<.ヽヽ:::::::::::` .、
                 ∧ :/ -,.': :, イ´ /: : : : : :> 、 ヽ} }ヽ::::::::::::::::}
                    ´  ̄,'./: : : ://: : : : : : : i: : : : ヽj: i ∨::::::::::/
                /    ,'/: : : : :./': :斗: : ,ィ: : リ.}: : : : : :ヽ!: i:::::::::/
       .      /     ,':{: : : : : {´_∠ イ/: :ノ、j: :/!:}: : : .∨、./
         。s ´        ; :.、 ,: : : i ⌒ヾ ∠ イ __/∠ iノ: : : : :i ヽ.
       ./           .j: : N\: :i ::::::..  ,  '⌒´ .ノ : : : : リ   ∨
       ゝ  __,       /: :__.,り、u 、   .:::::,.イ._.: : :/ _    \
          ./   i    ,., '´      >   ̄  イ     `ヽ      \
          ー‐< jー.. /           ̄             ∨      \
              /イ : :.l      ー-、    , -―        !.∧   、    >
            /{ : : :..|                       |: : \  i  ̄
      ..- - -..´: : : {:/: :..:.   У´                イ    |. : .、 `   .__
    /         `丶.!: :/ ゙:. /      `丶 , ´    `ヽ   |  >       `丶
   ./              \   }′        /        V   | /               ∨
   ′           、  \ |            l          l  |′
   |         |    ヽ',           :.           !  ,′     |           |
             |      l:、. . . .     :      . : : . イ  ′     |           |
  .八           |      | 丶 : : : .     |     . : :r.、′ Y       /  :.       /
         /     ヽ       }   ゞソ: :     l     : : :ゞ'  |      /    :.    イ
     .ト __ ノ      V    ;′  ヽ:     人     ノ     |    /       ̄   |
     .|           ∨   |       i ¨¨´  ≧=-イ      |    ′
    八           i  |     |    l}    |      |     l            /
      丶             l   |    |        |       |    l         /
         \        l   l     |        / |     l     l          '
         \      l   ',     | ゝ    /   |    ,    /l
                     l 、  ヽ   |   ノ!{     |     .′ /  .!     /
             ヽ     :、ゝ   `、  |  イ : : Y    |   l イ   ノ    /
                 }    У三≧:.  |彡」: : : :}≧=‐.}    ! 三 \ {     {
                  |   /三三三}   l 三从从从三 ノ   :、 三三\    i
                  | / 三三三 ノ   Y三三三三三!     、`ーx三 ヽ    |
                 ノ/三三三三 /    .} 三三三三.八 :、ヽ  :, ヽ¨ 三∧  ヽ
            / /三三三三ノ./././,イ|三三三三三ヽ._)ヽ \ }ゝ}三三∧   V
              ノ /三三三三`7ィイ ,! j し三三三三三三三三≧:ソ 三三三∧   }

イチカがどこにでもいる学生でなくなったのは、その時だった。
彼は、愛する家族と、義理とはいえ長い時間を共に過ごした家族と肌を重ねた。
初めては母、そして姉妹の初めてを奪った。
背徳的な興奮は今でも忘れられないが、それ以来ただれた家族関係が続いている。
強大な力を秘めたイチカの精を取り込むことで、戦士たちは強くなれるのだ。
その日以来、彼もまた正義の戦士のいち員となった。







6839 名前:黒らいちょー  ◆nCjAKRISxo [] 投稿日:2019/02/06(水) 00:16:29.11 ID:nlIz7mOD







                   _,.:--...ミ
                  >:´::::::::::::::::::::`:<
              ィ:´:::::::/:::::i:::::::::::::::::\:ヽ
             //:::::::::ノ::::',::i:::::::::!::::::、::ヽ::':,
            //::::::i::/i:::j|::',:i::::!::j::i、:ヽ::::∨i'、
             -イ/,'::::j::!i::!i::ハ:::ヽ/!:ハ:ハi,>-::::',i、、
            /:,':::/',::7T≧x:::/メ' x芹マ\:::::', ``
           ノイi:/::::',:::《ゞ,ソ:/ ' /' ゞ' イ/メ!メ`
               i }:::{`ヾ'、   .i    イ'ソ::',
             ノイi:ゝ_ム      ,  ム´::iヘ
               i/ j::ヘ、ー ´  イi:/`ヽ
         >ヘ``<   ' ,---≧。イr=-> ヘ
      __,r<r-≠'=ミx `rヘjム:::::::i> ´x、ヽ〉ム!
    /ー'´¨ ̄ `>ァァ'フ!__フ/ア7''´  ノ_ィ'''´ゝム
    イ        ///.:.:.:/ '=' ! { {   ノ____,ィ´:::i_ ̄ニミ-
   \ヾx、   イ//.:.:.:.:iムr≦ム_イ! ̄´:::::::::::::::::::::! ̄^`ー-/ !
    \ムx≦:::ィ.:.:.:.:./_Li::::',::i::/:::::::::::::::::::::::::::::::!   ! ./i| i
      i. ̄.:.:.:.:.>':::::::ヘヽイ::::::::::::::::::::::::----=j   ,' / i:! !
      ',_:>'´ ヽ_/ _,ィニニニ=-  ̄\ ̄ ´   // i:i i
             i  i´〓´         z\   i/  !' !
           .!  ! 〓         〓`i   /   i'/-
           i   !             /  /    /, :|
           !  .!            /  ハ   /!! !
          .i   !            /  / ',    .ii .!
          .i   !           /  ,'  !    .ii .i
           !  .!           /  ,'  !    !i i
          ノ __,j____  ---  ̄ /   i   .!    i:! !
         /  く          ノ   i  //    .!i .!
         \ r-f j―===--=ミ、〈    〉 ∨    !! i


誰にも言えない秘密、危険と隣り合わせの仕事、されど報酬はなし。
けれどイチカは、それに満足していた。

昼は学生として過ごし。
夜になれば正義の戦士として戦い。
帰ってきたら家族と絆を確かめ合う日々。

確かに、どこか怠惰で背徳的でありながら、充実した日々であった。








6840 名前:黒らいちょー  ◆nCjAKRISxo [] 投稿日:2019/02/06(水) 00:23:20.67 ID:nlIz7mOD









                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',
              / >    o`ー--      }
              { /    ヽー- _  _   !
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |

そんな変わらない毎日。
小さな日常の変化があったのは、コレまた突然だった。
学期半ばの転校生、珍しいがそれだけ。
やる夫と名乗る男は、少し無愛想で、最初の印象は良くなかった。












                        ,-、  __
                __    キ 三/ニ )
               ,-、´     `  、 ,l. _ ソ ∠_
         / __  、      ´ヽ`ヽ __) {   }
        / l f:::::::l l   /γ:::ヽヽ',  `ーr'
       /  ゝ-ミ‐,´ '′   l 弋:::ノ .ハ二.:,ィ、
      /  ´    (   人  ヽ ⌒ヽ l,ニ イ
        l  γ⌒ヽ`Tニ   `┬'       l::::::/
     , -r‐-、.〉  ノ 、 `⌒ ノ        l:::/
   r'7′ |  |  (   `ー‐"       ノ/
   l \ l__ノ⌒ `ー‐- 、‐-〃`‐-ァr‐::´ ′
   `Y´`´__.. 、__,. _...ノ_zェ'_〉::::://- ´
      ̄  ヾ三彡ヘV ハ  l\:::://
          |:::::〃´ =ヽ⊥__Y´
          ∨/ /, ´    `ヽ
           V/ /          `ヽ
           `7`ー- ‐ ハ    ノ_
            _、___ / └r─ ´l、_..>、
            ト、 ヽ. `ヽ  ヽ -‐ ''"´
            ー) )─'

座った席が隣だった。
せっかくだからと話しかけてみたら、案外に面白い。
オタク気質でどこかマニアックなやる夫は、友人にはイなかったタイプだった。
聞けば家もイチカの家の近くで、一人暮らしをしているのだという。










6841 名前:黒らいちょー  ◆nCjAKRISxo [] 投稿日:2019/02/06(水) 00:29:08.67 ID:nlIz7mOD







      __ , ー xー―<、////////|
 >/´//// ̄´ー/ヘ、`.;.;`ヽ、;\//////|
 V///////^ >-´ー--ヽ、.;.;.;.;\.\////|
  V//// .|/,  ' ̄ ̄`ー-.;.;\.;.;.;.;\::V//ノ
.  V// /.;.;.;.;.;.;.;.;i!.;.;.;.;\\> 、.;.;.;ヽ、ゝ、___
   V|/|.;.;|.;.;|.;.;.;.;.ヽ.;.;.;、\ヽ、.;.;ヽ、.;ヽ       ノ
.    /.;.;|.;.;|、;{.;、.;.;.;ヽ.;ヽゝ__ |.;.;.;.;.;.;ヽ.;ヽ _ >´
   /.;.;|人.;| \; \\ゝ,,''´ ̄|ノ.;.;.;ノ.;ノ|.;.;}ー-       ご近所さんのお友達なんていいじゃない
  >{.;.;.;.|.;.;.;;{ ,,==- .,   :::::::::ノ/.;.;.;.;|.;.;|
/´ {.;.;.;',.;.;.;ヽ、:::::::〈  ___   }.;.;.;.;ノノノ{          夕飯に誘いなさいよ、お母さん、腕によりをかけちゃうわ!!
ヽ、_,λ.;.;ヽ、.;.;ヽ、  <´  |  // /ノ ヘヽ
    ヽ.;.;ー.;.;.;.;}ゝ 、 ヽ-´//.;´;.;/.;.;.;.;.\
.       ハ;ノ.;.;/`≧<-/.;.;.;.;.;|.;.;.;.;.;.;.;.;.;\
     >.;.;´.;.;.;.;/) ノ ) / |;:;;:;:;:{ ヽ__;:;:;:;:`ー--r‐、
   /.;.;.;.;.;.;.;.// ヽ、´//{ |;:;;:;:;:| |    ` 、.;.;.;;|rヽー `‐、
   /.;.;/.;.;.;.;/ノ////////| i!;:;:;:;:|  {      }.;.;.;.;´ ノ‐| | 〉〉
  .{.;.;/.;.;.;.;//.////////人ヽ\从 ヽY    |.;.;.;.{  ヽゝ‐´´|
 _〉|ヽ /////////;/////ヽゝ ー`  ヽ、   .|.;.;.;.;ヽ  ヽ  /
´   ///////////.;////////////////ヽ  |.;.;.;.;.;.;}__ノ
\ /////////////;///////////////>-、  |.;.;.;.;.;/ ̄ ̄/
 ///////////////{//////////厂´´ ,,,-|  |.;.;.;/`ー‐/
..( ヽ////////////:|////////// 厂´´  .|  |/   /.;.;.;.;
 V .ヽ、//////////|///////// /    ノ /    /.;.;.;.;.;
ヽ ヽ、 ヽ、///////:人/////:ノ ./    //     /.;.;.;.;
;:;:\ .ゝ 、ヽ、__,  イ  ゝ / /  _  / {     /.;.;.;.;.;
;:;::;:;:ヽ、  / / ./::::|.|::\`  ̄ ||-ー{ ゝ.{    /.;.;.;.;.;.;.;.;.;
;:;::;:;:;:;:;:>- ヽ/\/:::::::||::、::\;:;:;:;:.}.}-< ヽ、ー―´.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/ゝ、::::::::::::||::::{:::::::` ̄/    ,` >、  |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/ /`ー--'| 、::ヽ::::,--´ ヽ  //´  \_.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:./、 ー 、;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_ノ  .//   r.,ヘ二》ー―-、
ー―、、∧∨   ー-|_,ー'~~   .//  ,>| ||.| ̄ヽ/////\
{//|////<.} }      | | |      //-_´イ´{ ij }ゞ  ヽ、///./ヽ
ヽ/|////|ゝ|ヽ、   ./,ヘヽ、   //´    `´   //}//// /
/;:;:;|///.',  \\//.,.,.,.,\\  } } \_____// |///ゝ´/
;;:;:;:;:\./ ', |./\/.,.,ミ二.,.,,,\\// ヽー―――‐´  .|> /
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:V/          >´            |

その話にテンションを大きく上げたのがマーヤだった。
せっかくだし、ということでやる夫を誘ってみたら二つ返事。
かくして、イチカファミリーとやる夫は初めて対面することとなる。
家族もやる夫も、お互いに上手くやっていけそうな雰囲気だった。
楽しい宴が終わりやる夫も帰る。
その日は片付けを子どもたちに任せ、マーヤだけが戦いに出た。











               __ .{ニニニ≧s。_r≦}
             /: :ヽヽニニニニニ{i}ニリ
            r≦ム: . }ニニ_ニ/ ヽ{
            ′ヽ `ヽ  ̄r' ̄: : : .
              |i从ハ: : :}V´: : : : : : :ハ
              {ハi  |: /: !: : : : : : }!: : .
.             \j/| : }: : : : : : }!: : : .
              r‐_'_ノ!: : : : : : }!: : : : .、
                /´ `寸ニ,. : : : : : }!: : : : : .ヽ
             ′   }ニ/: : : : : : ハ: : : : : : : .\
              {:    ヽ: : : : : : /: } \: : : : : : : :.
           ∧    ‘,: : : :/: : |: : :.\: : : : : :,ハ
           / ∧    ‘,: :/: : :.:|: : : : : . 、: : : : :}
             ∧     ‘.:/: : : :,: : : : : : : :ヽ : : : |、
             / ∧     ‘.: : : /: : }!: : : : : : :V: :i:| ∨ /
             / ∧    ‘.: /: : :,ハ: : : : : : :}: :!:| ∨ /
             / ,ノ     }: : /ニヽ: : : : : i!: : |:  ∨
                /    .//ニニ/ニハ : : : : i! :!|   }

そしてその日、マーヤは帰ってこなかったのである。











お休みス
ヒロインの性能や能力を活かしつつDSKB怪人にしたい













6856 名前:黒らいちょー  ◆nCjAKRISxo [] 投稿日:2019/02/06(水) 23:35:14.70 ID:nlIz7mOD






                   {三三三三≧, --.、 - rー .、≦三三三三}
                   {ニニニニニニ,/. :,ィ ´ ̄.`ヽ. : .寸ニニニニニニ}
                    マニニニ/.:/´ : ̄ ̄ ̄ `ヽ: :寸ニニニニリ
                    マニニ.'.: :/. : : /: : : : : :ヽ: : : ヽ. :.寸ニニ/
                   マ./.: :/. : : /: :ハ: : : : : .ヽ: : : ハ: : ヽァ'
                    /.: : { : : : {: / }: : ト、: : :}: : : : }: : : ハ
                   '.: : : :i : : : :i/  i: : ; }: :ノi: : : : i: : : : ト
                   ィ{: : : .八ト、. :|⌒ j ノ レ'⌒!: イ: :!: : : : }  `ヽ
                / .i: : : : : :` ヘ !_      _レ j,ノ : : : リ!、    フ
               <,.    i: : : : : : : :i ´ ̄`   ´ ̄` i: : : : : :/ }八_{ヽ{´        ■■■■■日常
                  ⌒)ア|: : : : :_:_:_{     '     i: : : : :/ / i
                    乂 : : : : .`ヽ   、 ,   /|: : : :/ /. : i
                    } : : : : : :ノ > __ < .| i: : : : :/: : : :!
                      /._ / Y´: : ;ノ       | | : : i:/: : : : :i
                  > ´ ___!、イニニニニニニニ`i : : {ー ´  ` 、
                 , '/´         } 〉ニニニニニニニニニ!: : :i         \
               ' /     /__ ィj'ニニニニニニニニニニjイ.: i         ヽ
              У    / /ニニニニニニニニニニニニニニ乂{ム、 ヽ.      ∨
               /     / ,ィfニニニニニニニニニニニニニニニニニニム  !      、
              ,       /ィfニニニニニニニニニニiニニニニニニニニニニニヽ j       、
           /      /ニニニニニニニニニニニニiニニニニニニニニニニニニ`ヽ          、
             /    /ニニニニニニニニニニニニニニ!ニニニニニニニニニニニニニニヽ       \
         /    'ニニニニニニニニニニニニニニニニlニニニニニニニニニニニニニニニヽ         ヽ
           /   /ニニニニニニニニニニニニニニニニニ!ニニニニニニニニニニニニニニニニム        、
             /ー――――‐ 寸ニニニニニニニ!ニニニニニニニニニ>――――‐ :.          \
         i    ′ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ マニニニニニニ|ニニニニニニニニ//´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ハヽ          、
         |   i            | |ニニニニニニニfニニニニニニニ| |         i: : ヽー       }
        .八  {            | |ニニニニニニニfニニニニニニニ| |         i: : /        ノ
         ヽ 八           | |ニニニニニニニfニニニニニニニ| |         ,.: :/       イ
             、           | |ニニニニニニハニニニニニニニ| |       /. /       /
               >  ___  'ィ´_:: ̄ ̄ ̄..≧s。三三三| |      イ: : :/       ./
                  /.:::::::::::::::::::::::::rー.r‐、:::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:/      /
                    /::..:ー---==/{:::::|:::::}ヽ:::'⌒ ̄ ̄:::::::::::::..ヽ. /      /
                  / .::::::::::::::::::::/:::::,{:::::|:::::j、:ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨     ,/
                 ,   ー--  __{:::::::ト、T ´リ::::::}__  --――  ヽ  / ヽ
              /\ \       |:::::::!:::} /.:{::::::::|       / / ヽ     ヽ
                /.  \ \     !____|:::i {::::|____,j      / /    \   ノ
             /.      \ \    |_i.|!___j        / /       Y´

伏姫マーヤ。
商店街の片隅で、雑貨屋を営む女店主。
しかしてその実態は、かつて最強と恐れられたヒロインチームの一員、ブラックスミスその人である。
名うてのエンチャンター、加工師として知られ、彼女によって作られた武具は、時がたった今となってもなお高価で取引され、重宝されるほど。
とある悪の組織との最終決戦に置いて、もっとも重要な役割を果たした。
最終決戦を期に引退、当時オペレーターだった男性と結婚し2児を設ける。
その後男性に先立たれたあとは、女手一つで子供を立派なヒロインまで育て上げた。







6857 名前:黒らいちょー  ◆nCjAKRISxo [] 投稿日:2019/02/07(木) 00:01:08.19 ID:AJd1HDMT






   、ニ{:/.: : : :/´: : : : : : : :\: : .、ハニニニ/
   \,′: : : :/⌒ヽ : : : }!: :ヽ:\: :ヽ!ニニ,
      |: :! : : /\{ Ⅵ: : /ヽ__ハ : ヽ: ハ/  '⌒ヽ
  _,/乂{、: :{r≠ミ、\{   __,V: }! : }\  i   ⌒)
<    :|: : \{       ´ ̄ヾ}ィ: : /  __      〈
  ´ー}八: : : .、     ,     } |/.:ト{ //  、_)
      { ヽ: : ヽ  r―― ァ    ,. : / /  /
     }: : :V: ;ハ ヽ __/  . イ:>ノ/{
     /. : :i:|:i : :ト     イ.:/イ ノ}/{
    /. : : :!:|:i : :|、  う´  |/イ/.イ, }
    -―<ニ|:i : :|l≧=--=,  / / / /ー-
 .′     {l乂: : `ヽ.ニニ/   .ノ   ′   ヽ
 {      ヽ}ニニ`ヽ: :ハ/   /    ハ、
 {      マニニニ},   、__r'{   イニニ{ i!   ∨ /
 {      マニニ,     /_∧   \ ヽ    ∨ /
         Ⅷ/     ′/∧     \` 、   ∨
  。      /      ,′_ヽ=-_、   ` <,  ,
  。     /      .′ニニハニニ\     ` < ,
   。 ,/        ′ニニニ}:ニニニ\      ヽ,

彼女がイチカを家族として迎え入れたのは、その力を求めてと言うだけではない。
彼女は確かに、イチカの向うに愛した男の姿を見ていた。
だからこそ、あってはならないはずの禁断の関係に至ってしまったのかもしれない。
母娘3人、と義理の息子の爛れた関係。
甘ったるい空間に感じた罪悪感からだろうか。
珍しく、息子の友人など呼び入れてしまったのは。






6858 名前:黒らいちょー  ◆nCjAKRISxo [] 投稿日:2019/02/07(木) 00:10:47.66 ID:AJd1HDMT







             .,ヘ- 、___
          へ、、/___、.;.;ヽ、.;.;.;.`ヽ、
         .||.;/__ , --、.;.;.;ヽ、.;.;.;.;.ヽ、‐-、
         .;<´.;.l.;.;.;.;、.;.;ヽ.;ヽ、ヽ、.;.;.;.;.ヽ///`>-,
        /.;.;.;.;|.;.;.;{.;.;、ヽ、.;ヽ.;.;ヽ.;.;ヽ‐ 、.;.;.;ヽ//////|
        .,'.;.;.;.;/\.;ヽヽ`ー- ̄}.;.;.;ヽ.;.;ヽ `ー―ャ////
        {.;.;`、ゝ __ヽ| イ赱ア |.;.;ハノ.;.;.;.;',   /、//
        !.;.;.;.;.;.}´ノ::::::::::::::::::::, ---- 、;.ノー´´.;.;.;.;ヽ、
        ヽ;.;.ゝ| ヽ   :::::::/      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`  ー--、      キスも、フェラも、ダーメ
         .>ヽヽ ー~' u |                     !
        ∠ -ヽ;ヽ `   ,' i              .j      /      これはけじめよ、イチカくん
             }.;.`ー‐ ⌒ヽ、  、       ―/      /
             |.;.;.;.;.;.;|  ./.`ヽ ` ̄ ̄ フ ̄´ ./      /
             |.;.;.;.;.;.;| ,イ/      /    ./      /、
             |.;.;.;.;., '´       .、    /      /  \
             |.;./          ',    /     /    `ヽ、_
            /          ..::|  /    ./_        ` ≧=ー-  、
           /            .::::| / _ -´ー‐                 ヽ、
           /           ..::::_y'- ´                         ヽー―
          ./           >'´                  、            \
          .i          /                     \             ヽ、
 , ---― ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`フ´                        ヽ             ヽ
/                /                           ',              ',
                                             .',             .',
                                              ', /
                                               ',,'
 |                                            ..::||
 ヽ....                                          .::::!
、 ヽ、:::::......                                      ..::::,'
 ヽ、、>、::::::::::::::...                                 ...::::/
  .∧ヽ  ヽ、:::::::::::::::::::...                            ...::::::/
    .ヽ、  ヽ、:::::::::::::::::::::::.....   ....                    ...::::::::/、
     ヽ   `、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....               ....:::::::::::/ i
      ヽ、  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.........    ..........:::::::::::::::::::::/   ヽ
        ヽ、 ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   !   ヽ
          .> 、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   __人   i 、
             `>`、-::::_:::::::::::_, -―-、::::::::::::::::::::::::::::::/   ./:::::::::::ゝ、丿 .>'ニ
                ヽ(  ̄       ヽ, __  <´ー 、/:::::::::::{j::::::::::|/ニニニニ
                 ヽ、   /      .i          |::::::::::::::::::::::::/ニニニニニニニ

義理の息子と何度肌を重ねたか。
それでも一つだけ、唇だけは許さなかった。
ぷっくりと肉厚の唇。
ここだけは、本当に愛した人の味を忘れたくなかったから。








6859 名前:黒らいちょー  ◆nCjAKRISxo [] 投稿日:2019/02/07(木) 00:30:46.50 ID:AJd1HDMT
明日ぐらいにゃ投票できそうかな

おやすみす

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する