FC2ブログ

やる夫達は嘘を重ねるようです 『目次』




                         やる夫達は
                               _  ______|─
                               | |  | -┼─ ̄ノ
                               | |  |  丶-
                                ̄  ノ ヽ | |  /
                                  .ノ  ヽ | | /
                                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                         を重ねるようです



オリジナル
 SOS団長であるやる夫が真紅についた嘘。
 それに呼応するかのように嘘が嘘を呼び、嘘が嘘で絡まり合うとても奇妙な物語。
 最終章で綺麗にまとまっていて、とてもすっきり終わった作品でした。

 なお、最終話投下後の番外編については、その後の投下がなされておりませんので、纏めておりません。
 悪しからずご了承ください。


第一章
『第一章 第一話』
『第一章 第二話』
『第一章 第三話』
『第一章 第四話』
『第一章 第五話』
『第一章 第六話』
『第一章 第七話』
『第一章 第八話』
『第一章 第九話』
『第一章 第十話』
『第一章 第十一話』
『第一章 第十二話』
『第一章 第十三話』

第二章
『第二章 第一話』
『第二章 第二話』
『第二章 第三話』
『第二章 第四話』
『第二章 第五話』
『第二章 第六話』
『第二章 第七話』
『第二章 第八話』
『第二章 第九話』
『第二章 第十話』
『第二章 第十一話』
『第二章 第十二話』
『第二章 第十三話』
『第二章 第十四話』

第三章
『第三章 第一話』
『第三章 第二話』
『第三章 第三話』
『第三章 第四話』
『第三章 第五話』
『第三章 第六話』
『第三章 第七話』
『第三章 第八話』
『第三章 第九話』
『第三章 第十話』
『第三章 第十一話』
『第三章 第十二話』
『第三章 第十三話』
『第三章 第十四話』

第四章
『第四章 第一話』
『第四章 第二話』
『第四章 第三話』
『第四章 第四話』
『第四章 第五話』
『第四章 第六話』
『第四章 第七話』
『第四章 第八話』
『第四章 第九話』
『第四章 第十話』
『第四章 第十一話』
『第四章 最終話』
『あとがきや没エピソード等』
『次回作構想』



やる夫達は嘘を重ねるようです スレ一覧

やる夫達は嘘を重ねるようです
やる夫達は嘘を重ねるようです 2
やる夫達は嘘を重ねるようです 3
やる夫達は嘘を重ねるようです 4
やる夫達は嘘を重ねるようです 5
やる夫達は嘘を重ねるようです 6
やる夫達は嘘を重ねるようです 7
やる夫達は嘘を重ねるようです 8
やる夫達は嘘を重ねるようです 9

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

やる夫達は嘘を重ねるようです 『次回作構想』

393 : ◆Xuy1cDD5to:2010/05/29(土) 20:48:11 ID:8FHqfxzM

:::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........     . .::::::... ....:::::::::::::....::::::........    . .::::::..  . .... ..:
:::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... ....::::::::::.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . ..           . .. .:
 .:::: .. . .... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . ..   ...       .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..      . ... ...    ..::
... ...    ..::     . .. . ..
 .:::: .. . .... .. ..   . ...  ...    ..::          . .. . .. ..   . .           . ..     . ...    ..::   . .. . .. .
  .. .. ..   . ...                    ┌───────────┐. ..
..   .                           舞台はとある田舎町
... ...    ..:  :      . .. .             └───────────┘
 .::  :: .. . .... .. ..   . ...     ...    ..  ::          .    .. .  .. ..   . .. ..     . ...    ..::
  .. .. ..   . ...                 ...     . .. .            .. :... ..
..   .
... ...    ..:  :      . .. . ..
                                                    ,,,
                                             _,,.-ー''''"゙゙"´゙''``'‐.、、.
___________________________________,,.--ー''''''"゙゙''"´``'''"´``'‐''"´  ... .. ..   . ... ...  ``'‐.、,,
.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... :::,,,,-‐'゛``'、,,-‐'゛  ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..   . ... ... ゙゙゙゙''''''''''‐-- 、 ,,,,,__
_,,.--ー''''"゙゙`゙''ー-、_,,.--庁ー''''''"゙゙":;;;: : ;:.............;;;;; ; ::; : ;:; :; :  :: :;... .. ..   . ... ...  .、丶"''':、丶、`丶.'.;';':;:';'::;:';'..::.;';':;:';'::;:'":;;;: :;
i;;ii:i;;i ̄|rニユ l |l i: i:二i, .;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;;:爿|:::.:....;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;:;;::::.:....;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;:;;::::.:....;';':;:';'`,,,,-‐'゛::;:';'; ,.
二.ll.| . 二 ̄ ̄|=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-il]|_三rーilil ̄|─r‐┬||irr-、v冖v":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: : ;: ;: ;: ;: ;: ;:  ; ::;
::;...;;.;;ii:i;;:; :;..; |l巫||、_,|斤il]il]|_三rーilil ̄|─r‐┬|i、 _r-lT┐┬il]il]|_三rーilil ̄|─r‐┬r'⌒ヽ'' ,. ,. '' ;';':;:';'::;:';';゙゙゙゙'''‐- 、 ,,,,,__
韭|  |:::.. ..  |巫|il]il]|_三‐┬ lil「l ̄|i、_r lil「l韭l《fニニll ̄'' ;~'',;''゚ ;~'',;'', ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;'',;''゚ ;~,;, ‐''"~ ̄~`''‐ ,.、t''T叮 i¬-、
韭|  |l::;...;;.;.;ii:i韭lllll":;;;: : ;|韭韭|ニニエニニエニニエ : ;:;;';':;:';'::;:';'; ,. '':,.ィ;| ̄冂ilrーilil┬ li┬;:::;:;:;;::::,.‐':;ニ´ィ:爿ヱ;'::;|I|:・:|I-lT┐┬

続きを読む

やる夫達は嘘を重ねるようです 『あとがきや没エピソード等』

273 : ◆Xuy1cDD5to:2010/05/22(土) 20:31:02 ID:yrrN1xxM

・・・さて、次回作のネタ集めと妄想をしていたら一週間経ってしまいました。
やるとか言っておいてすみません。

もう見てる方はいないかもしれませんが、反省会開始。

続きを読む

やる夫達は嘘を重ねるようです 『第四章 最終話』

34 : ◆Xuy1cDD5to:2010/05/09(日) 20:00:21 ID:75QOZJsc

       ____
      /      \
     /   _ノ  ヽ、  \
   / o゚((●)) ((●))゚o\
   |      (__人__)     | 朝だお!朝だお!朝だお!
   \     ` ⌒´    ,/
   // ̄ ̄12 ̄ ̄\\
  //      |     \\
 | | 9     ○     3 | |
 | |      /        | |
  .\\     6      //



          __  ______           __
          | |/─  ─ \ ======| |
          |/ (●) (●)  \       | |
         /  (__人__)     ヽ       | |       ・・・・・・。
         |___ ` ⌒´      / ̄ヽ____| |
      / ̄JJJJ‐‐- 、_   _/__ノ   /| |
   _ /     ` ヽ__  `- ⌒ヽ     /  | |
  /    ヽ        `ヽ、}    ./  /| |
 ノ               ヽ__  `ヽ./  /  .|_|
/                   ノ |  /
                     /  |/

続きを読む

やる夫達は嘘を重ねるようです 『第四章 第十一話』

797 : ◆Xuy1cDD5to:2010/05/06(木) 21:00:22 ID:raXUFkKQ


              ||                  ||
         || ||           ||   ||
        r======、          ||    t======_
         |    /          ||  //   ,,-''               ,,..-''"
         |    /        ..  ||//   ,,-"      .       ,,..-┬─''"    ,,..-''"
         |   /           .//  ,,-''             .|  |  |  ,,..-''"||
         |   /         . |/ ,,-''           . ,,..-''" |  |  |  ||  ,,..-''"
         ̄ ̄          .  ̄ ̄          ,,..-''"  ,,  |  |  |  |-''" ,,..-''"
_______________________,,..-''"   ,,..-''".|| |  |  |  |-''"...||    ||
               ...__           ...|  .,,..-''||,,..-''"|| |  |  |  ||   ||    ||
__________ ||(l||l)| ______  | ||,,..-''" ,,..-| || |  |  |  ||   ||    ||
              ||.└─┘ l|         ||  | ||二l.|| ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||_| || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
          _ ...... ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
______[l_l]___||     ||________.||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
___________]    .|]______]...| ||  ||    || |  |  |  ||__..||__..||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                      | ||  ||    || |  |  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .「  _______    _______|_..||  || __..||_____
        |  L   ___  \  \   ___ "''-..,, .゙r-..,,   ___ "'''-,,,
        |__..|| ̄[     ]  ̄||__..||、|| ̄[     ] ̄|「  |ト.,,|| ̄ [     ] ̄|「
        |   || ̄ || ̄ ̄||  ̄||   || .l| ̄ || ̄ ̄||.. ̄|| .......||.....|| ̄ || ̄ ̄|| ̄ ||
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"''-..,, "''- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""'''--....,,,,

続きを読む

やる夫達は嘘を重ねるようです 『第四章 第十話』

520 : ◆Xuy1cDD5to:2010/05/02(日) 20:00:40 ID:jCvM3Asc

     ____
   /      \
  /  ─    ─\        だから蒼星石のことも偶然じゃないんだお。
/    (●)  (●) \       あの時、ゲーセンの前で、追い詰められた表情をしていたから、声をかけたんだお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /       でも会ってすぐ話をしてくれるとも思えなかったから、友達として様子を見てたんだお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



                                        /:::::i:::::l::::::::::::|::::::::::::::::;l;:::::::::::::::::::::::::::::::、;;::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
                                       /:/::::|::::::;ヘ;;;::::: ヘ;;;;::::::::::::;|;;:::::::::::::;::::::::::::::::l;;;;;::::::::::::::;:::::::::::;;l
                                   /:/:::::;|::::i:::;;;゙ i、;;;::::ヽ;;;;:::::::::;|;;|::::::::::;|::::::::::::::::|;;;;;;::::::::::::;;:::::::::;;;;|
                                   /;/|::::;;;|::: ヘ::;;;;;|\::::::\::::::::::|;|::::::::;;|:::::::::::;:::;;|;;;;;;;;;:::::::::;;;:::::::;;;;:l
                                     |:;| |::::;;;|l:::::;ヘ:;;;;|. \::::\;r::::l;|::::::;;;|::::::::::;;::;;;;|;;;;;;;;;;;::::::;;;;:::::;;;;;l
                                  |:;| |:::;;;|.|::i::;;;ヘ;;ヘ   ,×、\;;|::::;;;;/:::::::::;;;::;;;;;|;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;:;;;;;;;l
                                  |;;| .|:::;;|. l::ト;:;;;ヘ;;ヘ/ .,rl' `''|:::;;;/:::::::::;;;;;;:;;;i;;ト:;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;l
                                  |;;|  .l:::;;| ヘ:、ト;;;ヘ\,ィく. |  /:;;;/:::::::::;;;;;;;;;;;;;|;;| };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
                                     |;|  ヘ:;;l ヘ.l::lヽヘ ヽヾレ /;;;ィ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|;;レ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
                                   ヘ、  ヘ;;l  .リ |l\.   .///;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;|l;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト:;|
                                        \''  ノ  ゙  ´  l:|::::::;;;;;;;;;;;;;;/;;|'|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. ゙
            そう・・・だったんだ・・・。                   ゙iヽ、  _   .l:|:::::;;;;;;;;;;;;;/;;;;l .|;i;|ヾ;;;;;゙i、;;;;;|
                                           .|::;ィ::゙::´   |l|:::;;;;;;;;;;;;;/.l;;/ l| l| ヾ、|.\|
            やる夫からは・・・お見通しだったんだ・・・。    // |;l;;;::゙ヽ   |;:;;;;;;;;;;/ l;/   ゙  .|、,,_
                                          /'  .l|ヘ::::;;;ヽ‐'i'|;;;;;;;;/| /'   _;,:. -‐': : :ヽ
                                             .' ヘ::::;;;;;;;;| |::::/,rl  ,, -:'''´: : : : : : : : : ヘ.
                                               ヘ::::_;;l-'V/_;,〉'´: : : : : : : : : : : : : : : : ゙ヽ、
                                               .,r,r´,r''゙´ ゙、' : : : : : : : : : : : : : : :___ ヽ、
                                              /  ゙):{   (´.|  : : : : : : _,, -'''´ :r'''ヽ  `-ヽ
                                             /   ゙ヾ\,,_,,r''゙l   _,,-'''´ _,,_ i⌒'''゙: : :゙⌒'': :ヽ

続きを読む

やる夫達は嘘を重ねるようです 『第四章 第九話』

296 : ◆Xuy1cDD5to:2010/04/27(火) 21:00:17 ID:1QMDx1Vs

         ,/i//i/               //i,| ,_  ,_  :,_ ;,_  ,_  ,_
TTTTTTTTTTi,/{TTTTTTTTTTTTTTTTTi''i/ | ||| ||| ||| ||| ||| |||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~| | . ̄  ; ̄  : ̄  ; ̄  , ̄  ' ̄
,-、  ,-、  ,-,、.| |;,_  ,_  ,_  ,_  ,_ |,/| ,_  ;_  :,_ ;,_  '_  ;_
十| |十! |十!..| |:||| ||| ||| ||| ||||i/| ||| ||| ||| ||| ||| |||
 ̄  . ̄ .: ̄::;'| |'. ̄::::;: ̄ ,;' ̄  , ̄  : ̄ | | . ̄  ; ̄  : ̄  ; ̄  , ̄  ' ̄
,-、  ,-,、::.,,-,、| |.,_  ,_  ,_  ,_  _, |,/| ,_  ,___________
十| |十! |十|.;| |;||| ||| ||| ||| ||||i/| ||| ||\
 ̄  . ̄  . ̄.;゙| |', ̄  ; ̄  ' ̄  , ̄  ' ̄ | | ' ̄ .;'|  .\
. ,、────────────────────'}|    \: . .
/  ,__________:_:_::_::_________,|:      \::: : . .
  /|:::::::::::::::::::::::::: : :. .      :::::::::             |        \::::: : : . .
. /. |:::::::::::::::::::::::::::: : :. .       :::::            |:          \___
/ . :|:::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : . .                     |           | : . .
. .::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |\        .|:: : . .
.::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : . .                 |  |  .\      |:::: : . .
/:::::::::::::::::::::::::::::: : . .                       |  |   |     :|:::::: : . .
:::::::::::::::::::::::::::: : . .                           |  |o  :|     :|:::::::: : . .
:::::::::::::::::::: : . .                           |  |   |     :|:::::::::: : ..
::::::::::: : . .                             :\|   |     :|::::::::::: : .
:: : . .                                .::\,  |     :|:::::::::::: : .

続きを読む

やる夫達は嘘を重ねるようです 『第四章 第八話』

118 : ◆Xuy1cDD5to:2010/04/23(金) 21:01:04 ID:Q0OXmLsg


  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::||~"'-- , ::: ::: ::: :::: ::: :: ::: :::: : :: :::: : ::: : ::: :::: ::: :::: ::: ::: ::: ::: :::: ::: :::: :: : ::: ::: ::: ::: ::
 ::::||(・∀・)| ::: :: ::::::: :: :: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :: : :: :: ::: ::: :: : : ::: ::: ::
 :::::'-- ,,___| :  :    : :    : :  :    :    : :   :   :  :  :
    ||                     ,, --''~|'''- ,,,_
    ||               __,, -''''""__ .i- :|:::::::::::::::::"''''--- ,,,,,,_
    ||        __,, -'''""~  s t 0 k' ヒ .゙|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~""'''--- ,,,,,
    ||  __,, ---'''"~        ___,, ---'''i i"~""'''--- ,,,_____:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    || |    ____,,, ---- ' '''""~| |  |  | | |::::::::::::::|::::::i::::::|~""'''' ----::::,,,,,,,,,
    || '"|""~~____,,゙  :| | i i i i i| |  |  | | |:::::::::::::::~""""'::::::::::::::||:::::::::::::::::::::
    ||  | |~~|   |   | | i i i i i| 十ー'''''":| | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||::::::::::::::::::::::
    ||  |  ___ ̄    | |.._i_i_i_i_i|::_|::::::::::::::| | |::::::|~i~□~i : :::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::_
 '''''''''||'' ' '|___|_||    :| i i i i | |::::::::::::::| | |::::::|::i::;:;:;::;| : :::::::::::::::::||:_∠ニニ△
 ---- ,,,,,,,   ~~~~~~"i l⌒l ''''' ------- ,,,,,,,|_|,,_|,,,:::|::i : ::::::!''"""""~~θニニθ .::::〔
 :::::::::::::::::::::~~~~"'''''''-| |__ |,,,,,____               ..................〈⊆ニ⊇__/:⌒l:
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~~~"""'''--- ,,,,,,,_______         ゚~'--’  `--'~
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~~~""""'''''-----  ,,,,,,,,,


.

続きを読む

やる夫達は嘘を重ねるようです 『第四章 第七話』

915 : ◆Xuy1cDD5to:2010/04/18(日) 21:02:36 ID:W.CL5YLA


              ||                  ||
         || ||           ||   ||
        r======、          ||    t======_
         |    /          ||  //   ,,-''               ,,..-''"
         |    /        ..  ||//   ,,-"      .       ,,..-┬─''"    ,,..-''"
         |   /           .//  ,,-''             .|  |  |  ,,..-''"||
         |   /         . |/ ,,-''           . ,,..-''" |  |  |  ||  ,,..-''"
         ̄ ̄          .  ̄ ̄          ,,..-''"  ,,  |  |  |  |-''" ,,..-''"
_______________________,,..-''"   ,,..-''".|| |  |  |  |-''"...||    ||
               ...__           ...|  .,,..-''||,,..-''"|| |  |  |  ||   ||    ||
__________ ||(l||l)| ______  | ||,,..-''" ,,..-| || |  |  |  ||   ||    ||
              ||.└─┘ l|         ||  | ||二l.|| ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||_| || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
          _ ...... ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
______[l_l]___||     ||________.||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
___________]    .|]______]...| ||  ||    || |  |  |  ||__..||__..||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                      | ||  ||    || |  |  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .「  _______    _______|_..||  || __..||_____
        |  L   ___  \  \   ___ "''-..,, .゙r-..,,   ___ "'''-,,,
        |__..|| ̄[     ]  ̄||__..||、|| ̄[     ] ̄|「  |ト.,,|| ̄ [     ] ̄|「
        |   || ̄ || ̄ ̄||  ̄||   || .l| ̄ || ̄ ̄||.. ̄|| .......||.....|| ̄ || ̄ ̄|| ̄ ||
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"''-..,, "''- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""'''--....,,,,

続きを読む

やる夫達は嘘を重ねるようです 『第四章 第六話』

566 : ◆Xuy1cDD5to:2010/04/14(水) 21:00:21 ID:QaWhwKgg


              ||                  ||
         || ||           ||   ||
        r======、          ||    t======_
         |    /          ||  //   ,,-''               ,,..-''"
         |    /        ..  ||//   ,,-"      .       ,,..-┬─''"    ,,..-''"
         |   /           .//  ,,-''             .|  |  |  ,,..-''"||
         |   /         . |/ ,,-''           . ,,..-''" |  |  |  ||  ,,..-''"
         ̄ ̄          .  ̄ ̄          ,,..-''"  ,,  |  |  |  |-''" ,,..-''"
_______________________,,..-''"   ,,..-''".|| |  |  |  |-''"...||    ||
               ...__           ...|  .,,..-''||,,..-''"|| |  |  |  ||   ||    ||
__________ ||(l||l)| ______  | ||,,..-''" ,,..-| || |  |  |  ||   ||    ||
              ||.└─┘ l|         ||  | ||二l.|| ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||_| || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
          _ ...... ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
______[l_l]___||     ||________.||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
___________]    .|]______]...| ||  ||    || |  |  |  ||__..||__..||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                      | ||  ||    || |  |  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .「  _______    _______|_..||  || __..||_____
        |  L   ___  \  \   ___ "''-..,, .゙r-..,,   ___ "'''-,,,
        |__..|| ̄[     ]  ̄||__..||、|| ̄[     ] ̄|「  |ト.,,|| ̄ [     ] ̄|「
        |   || ̄ || ̄ ̄||  ̄||   || .l| ̄ || ̄ ̄||.. ̄|| .......||.....|| ̄ || ̄ ̄|| ̄ ||
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"''-..,, "''- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""'''--....,,,,

続きを読む

やる夫達は嘘を重ねるようです 『第四章 第五話』

407 : ◆Xuy1cDD5to:2010/04/10(土) 20:00:16 ID:wk.P5ZFs


                             /
                           /
   ,/二ヽ              ,/二ヽ       .|
     `゚´             `゚´       |
 ´゛ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~|
  | ̄ ̄| ̄ ̄|    | ̄ ̄| ̄ ̄|     | ̄ ̄|  , -'"゙|
 __,,__,__,_______ __,|__| _______,,_|  |:::..:...|
: 二二二二二二二二二ミ)      .(ミ二二二二|  |:::......|
 XXXXXX:: ________XXXi|┐     .|iXXXXXX.| ,_"'-、,|
 XXXX::::: / /../! .Xi|フ!        XXX.| |\\
      / / /  i.,___   / ̄ ̄ ̄ \   __ノ  \\
   .  | ̄| ̄|  ,,r'゙   ./   .      ヽ,  ヽ.   | ̄|
 / .,,ノ ..|  i,/  .   ̄ ̄ ̄|i; ̄ ̄ ̄   .  丶ノ ..|
 | ̄ ̄_____|___` ̄ ̄|/    ...r'jキ  ..  \| ̄ ̄_____|

続きを読む

やる夫達は嘘を重ねるようです 『第四章 第四話』

221 : ◆Xuy1cDD5to:2010/04/04(日) 20:00:16 ID:QuTmfQb6

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ /
             ヽ、  ゝ._)   j //            二人とも用事があるから先に行くって言ってたお。
            ヘ,、 __ , イ /
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ
        {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |
        ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/
         `|1::ー'::::::::::::、:::::__,.ィ' 」





         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
     `|   ヽ    「)'/|/
     ヽ、_  ―  _,.ィT/               ・・・ついさっきまで・・・いた・・・けど・・・。
       l 7Eニ::ィ1│
       'イ/ヽ::::`l┘
        i´ ̄ `|::::|
       j|     |::::|

続きを読む

やる夫達は嘘を重ねるようです 『第四章 第三話』

71 : ◆Xuy1cDD5to:2010/03/31(水) 21:00:36 ID:90Xu2G2U


.TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTT7
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                                       」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|´
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||::         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||::       |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`| ||::::      | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`:| ||:::.       |
  \ \  ..| ||::::      | |.  \ \   . | ||::::       |
   \ \ | ||::::      | |     \ \ | ||::::       |
     \  | ||::::      | |       \  | ||::::       |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                                       」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|´
                                  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||::         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||::       |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`| ||::::      | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`:| ||:::.       |
  \ \  ..| ||::::      | |.  \ \   . | ||::::       |
   \ \ | ||::::      | |     \ \ | ||::::       |
     \  | ||::::      | |       \  | ||::::       | ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:;ヾゞ:;ヾ::
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;.                              ヾ;/ゞ ::ゞ/
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;ヾ ゞ; ;;; ;;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミ;ゞ        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||::      ゞ ;;ゞ ソゞ; ;;
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;;ヾ||::::      | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`:| ||:::.  ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ:;; ;;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ||::::      | |.  \ \   . | ||::::  ヾゞ:;ヾ ::ソゞ ;;:ソゞ:;
ミゞ;;;:;ソソミヾ;ヾ;;.||::::      | |     \ \ | ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ ,!’:;ゞ:;
iソ ヾ;: ;;:ヽ_;;:ミゞ ||::::      | |       \  | ゞ:;ヾ;ヾ ゞゞ:;:ゞ;; ヾ;; ヾ;;ソソ
 ̄;i;:ヽ_;:ゞミゞ  ̄||::.       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾヽ::ヾソ;;;: ;ヾ ゞゞ;.;:ヾ :;:ソヾ
;ゞil|;;;;;ヾヾヾゞ          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;:: ;;:ヾゞ ゞ;ヾ ;;:

続きを読む

やる夫達は嘘を重ねるようです 『第四章 第二話』

840 : ◆Xuy1cDD5to:2010/03/26(金) 21:00:33 ID:GaMX4ADg


  |  :|
  |  :|
  |  :|
  |  :|              __________
  |  :|             /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  |  :|           //  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  |  :|          ∠/     \________ \
  |  :|           |  ___ ..|    | ̄| ̄||≡|   |_
  |  :|           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___
  |_..:|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  | ̄ ||         ∠/     \______________\
  |≡ ||  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,       |___i ..| | ̄| ̄|||≡|    ,;:'""':;,"':;,
  |≡ || i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,       |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|   i':::::::::::::'i:,:::i,
  |≡ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i   |┐┐|||| :::| L..| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |≡ ||::::::::              i   |┐┐|||| :::|___| | ─┐                 |
  |≡ ||::::::::              i   ├────┐..| |.   ̄               |
  | ̄:::|::::::::              i   ├─────..| |                |
,、,.|,.、.,,.|、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.|          | |、.,.,,.、.,,.、.,、.,,.、.,、.,,.、.,、.、.,,.、.,、.,|、.,.,,.、

.

続きを読む

やる夫達は嘘を重ねるようです 『第四章 第一話』

672 : ◆Xuy1cDD5to:2010/03/22(月) 21:00:13 ID:lUvE6eDo


              |   :|
              |:_ |
              ||  |..|
              ||  |.:|
____________||  |::|______________________________
l__|,|,|,|,|,|,|,|,|,|__l_,,||  |..|__l__|,|,|,|,|,|,|,|,|,|__l__l____l__|,|,|,|,|,|,|,|,|,|__l__l__
_l_|,|,|,|,|,|,|,|,|,|__l__||  |.:|_l__l__,|,|,|,|,|,|,|,|,|,|_l__l__l__l__l__,|,|,|,|,|,|,|,|,|,|_l__l__l_
l__l__l__l__l_|: ̄ |__l__l__l__l__l__l____l__l__l__l__l__l__
_l__l__l__l__,|   :|_l__l__l__l__l__l__l__l__l__l__l__l__l__l_
l__l__l__l__l_|   :|__l__l__l__l__l__l____l__l__l__l__l__l__
              l.,_____|

続きを読む