FC2ブログ

【R-18】小さな国のやる夫 『目次』


IiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIIiIiIiI
 __n_   _     __n__   __n_    ,勹  n __    , -─-、 _n__n   ___    _n_,、
  7/ニ ′ l |  n  `弋乂  7,仁l己  く く   | |└‐tノ   / ∩∩|└i rっ_) ア∠、 └i rヘ〉
 └'つ )  L.ユ U  ( ⊂′ 〈ハ⊆广   \)  U につ   ゝ乂,リ丿  U   └(ヌノ  (才P_)
   ̄            ̄
               
IiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIiIi
                                 
        <:::::::::::::::` ー--、_: : : : : : : : :ヽ、    _
       }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_: : : : : : \-―:´: :i__. -―_. -―――- 、.__
        .i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、_: : : : :\_ _: : : : _/          `ヽ、   
      く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_: : : : : : ::ゝヾ. ,/         ___    \  
       \::::::::::::::::::__. -―y-- 、._:::: ̄>: : : : :!>.       ,-‐ ゙´ ̄          \  
        /:::::::::::/,r'゙/  ∧    ゙ ー{: : : : :/,__      ,-―- 、、           \. 
       /::::::::/,/゙        i、     .{: : : : 「         {r'゙ ̄:::ハ i         ヽ. 
       フ:::::/,/゙/ /    i   i、    {: : : ::}  /´ヾ.     ii:::::::::::::::i .i          \ .
       >/ / / / ./ i  .  i    i.     ̄{_/  .iソ::::ii      ii:::::::::::::ノノ           ヘ
        .i/ .i .i / i    i    i.   .i   /   i;::::::ii     ヾ-‐゙´´ ヘ               !、
        i!  .i .i i  i  i  i .ハ   i   i  {    ヽノ'            i.             i.
        i  i i i  {  i  .i  ii   ハ i .ii  i    i.    i             i            }
        !  i.i i,、 .i  i_.i_ .iV  .i.i i .i.i .ヘ    i   ノ\_        ノ            ノ
          i ,i、 i i  i i ii  i. V i i__i___i_./ >、  ゙ー-'´--- ゝ-――<´              /
          レ ヘi i i i==-ハ i. V .i..iノiレi.i/  />                          /
             // }.`   !ハ! !ハi-=tェ/  ///>、                    _. -‐ ´
            / / i {xxx  ,    xxx./ //<′ {> 、_ _    ___. _/ ̄  ̄ ヽ、
          / .//.i ヽ、  - 、 _   / /゙-―--、 i i /    ̄ ̄      ./        \
         /  / / i_,、. > ._   _..イ ./: : : : : : : ヘV/                           ヽ
        ./  / / /: : : :ヘ、__ノ三 // ./: : : : : : : : :/ i


原作:小さな国の救世主(小説)
 旅行先であるセリカスタンで身ぐるみを剥がれて投げ出されたやる夫。
 そんな中キリン族の巫女である真紅姫に助けられるが、その事により紛争に巻き込まれることに。
 戦争の残酷な現実と、襲い来る恐怖の運命(アンカ)にやる夫は否応なく対面することとなる。



なりゆきニート編
『なりゆきニート編 第一章 異芳人+おまけ』
『なりゆきニート編 第ニ章 底辺・矯正+おまけ』
『なりゆきニート編 第三章 上:追跡者、中:逃亡兵とやる夫、下:護人+おまけ』
『おまけなのは 1~4』
『なりゆきニート編 第四章 戦慄の雛見沢村+おまけ 真紅の思い出』
『おまけなのは 5~7&真紅の思い出 2~3』
『なりゆきニート編 第五章 やる夫の涙、真紅の唄+おまけシンク』
『おまけなのは 8~13』
『なりゆきニート編 第六章 それぞれの道』
『なりゆきニート編 第七章 せめて一刻は・・・・・・&おまけなのはA’s 1』
『なりゆきニート編 第八章 やる夫の決断』
『おまけなのはA’s 2』
【R-18】小さな国のやる夫 『なりゆきニート編 第九章 決戦』
『なりゆきニート編 第十章 小さな国の奇跡』

おざなりヒッキー編
『おざなりヒッキー編 第一章 転職します!!』
『おざなりヒッキー編 第二章 雪華綺晶』
『おざなりヒッキー編 第三章 決断』
『おざなりヒッキー編 第四章 信義』
『おざなりヒッキー編 第五章 分岐点』
『おざなりヒッキー編 第六章 亡霊谷』
『おざなりヒッキー編 第七章 やる夫は逮捕されるようです(前編)+おまけ』
『おざなりヒッキー編 第七章 やる夫は逮捕されるようです(後編)+おまけなのはA’s 4~5』
『おざなりヒッキー編 第八章 相対す』
『おまけなのはA’s 6~7』
『おざなりヒッキー編 第九章 暗雲』
『おざなりヒッキー編 第十章 同盟の礎(上)』
『おざなりヒッキー編 第十章 同盟の礎(下)+埋めネタ』
『おざなりヒッキー編 第十一章 決行前夜+おまけ雑談』
『おざなりヒッキー編 第十二章 隕石落とし作戦』
『おざなりヒッキー編 最終章 裸の太将』
『没ネタ 第八章(闇) やる夫の決断─逃げ出した後』

いまどきHENTAI編
『いまどき HENTAI編 序章 思惑+おまけなのはA’s 8』
『いまどき HENTAI編 第一章 セカイの中心』
『おまけなのはA’s 9~10』
『いまどき HENTAI編 第二章 交差する道』
『おまけなのはA’s 11&おまけシンク』
『いまどき HENTAI編 第三章 インナルド会談+おまけシンク他』
『いまどき HENTAI編 第四章 戦う理由+おまけシンク』
『いまどき HENTAI編 第五章 信義と真偽+おまけ3つ』
『いまどき HENTAI編 第六章 表と裏と、その裏 ~やらない夫編~&まどかのこべや』
『いまどき HENTAI編 第六章 表と裏と、その裏 ~やる夫編~+おまけ&番外編』
『おまけなのはA’s 12』
『いまどき HENTAI編 第七章(上) 大国の影 ~上官が白と言えば白でしょ?~&おまけシンク+小さな国のやる夫IF』
『いまどき HENTAI編 第七章(下) 『大国の影』 ~ 何かもぅ~役職考えるだけで全部終わった気がする ~』
『いまどき HENTAI編 第八章(上) 『帰るべき場所』   ~今回は実は○○○○○ばかり~』
『やるおのせかい&(上)と(下)の間の小ネタ』
『いまどき HENTAI編 第八章(下) 帰るべき場所 ~銀と紅の交わり~+埋めネタとなのはの歴史』
『いまどき HENTAI編 第九章-1 今そこにある危機 ~北のクマーでクマった~』
『いまどき HENTAI編 第九章-2 今そこにある危機 ~ナーガ族の決意~&まどかのこべや』
『いまどき HENTAI編 第九章-3 今そこにある危機 ~また会えたね☆彡~』
『いまどき HENTAI編 第九章-4 今そこにある危機 ~少年よ神話になれ~』
『いまどき HENTAI編 9章~10章の幕間』
『いまどき HENTAI編 十章 HENTAI英雄譚(上)セル族編+嘘予告』
『いまどき HENTAI編 十章 HENTAI英雄譚(中) ~軍人編とキリンの里Ⅰ~』
『いまどき HENTAI編 十章 HENTAI英雄譚 (下) ~大団円~』
『小ネタ&ちょっとした愚痴』
『やる夫は日本に帰郷するようです 前編』
『やる夫は日本に帰郷するようです 後編』
『やる夫は日本に帰郷するようです 後編 Retake&おまけ 真紅&なのは』
『おまけなのは Final』
『埋めネタ やる夫は蒼の軌跡を追うようです』

リメイク
『第零章(上) 『守護者、旅立つ!』
『第零章(下) 守護者、大地に降り立つ!』
『第一章(上) 守護者、邂逅する』
『第一章 (中)守護者、不在の街』
『第一章(下) 守護者、語り合う』
『第ニ章(上) 守護者、訪れることのない街』
『第ニ章(下) 守護者、検問を突破する』
『第三章(上) 希望の守護者』
『第三章(中) 守護者への追跡者』
『第三章(下)その1 守護者との遭遇』
『第三章(下)-2 守護者名乗りを上げる』
『第四章 守護者、宿泊する』
『第伍章 守護者の涙、姫巫女の唄』
『第六章 守護者は振り返らない』
『第七章 守護者、最後の休息』
『第八章 守護者の決断』
『第九章 戦う里の守護者』
『第十章 守護者の起こした小さな奇跡&次回予告』



小さな国のやる夫 スレ一覧

小さな国のやる夫
小さな国のやる夫【2ニート】
【転職】小さな国のやる夫【ニート→ヒッキー】
【裸の】小さな国のやる夫【太将】
【全裸】小さな国のやる夫【同盟】
【マッパ】小さな国のやる夫【GOGOGO】
【スベテヲ(  )】小さな国のやる夫【ヽ('A`)ノトキハナツ!】
【隠すものなど】小さな国のやる夫Final【何もない】
【その後】小さな国のやる夫end【日本終了】
小さな国のやる夫R
小さな国のやる夫R【その2】

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【R-18】小さな国のやる夫R 『第十章 守護者の起こした小さな奇跡&次回予告』

688 名前: ◆I0Y2ADiHxg[] 投稿日:2012/08/05(日) 22:55:16 ID:hTjZayDM






         ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
   _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
  ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
  l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
  l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
  l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i if´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i/ ノl ||  それでは
. // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l乂_______ ノ
//,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./
イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /
  /,,_   }li ゝ、i, )).  Δ   lil f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
 l    7 i! !i)..ゝ..,_.   ,./il  .|  ついに最終回
    ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ..乂________ ノ
   /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
   7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l




              _ , - - ― ´  ̄  ` - 、_
       _ _ γて_,、//       ― 、―yミXヽ_=r= 、
      //| Kr-、|ヾ、           >ロ><ァトミヽ
       / Xヾ彡 //     |    ヽ ヾ|\テソノヘヽ`、
       | | |ト`´ノ/  |..|   .|   |  |  ゛ て‐<ゝ` |
       | | |`、/ | / | |  .ハ|  ヾ  |   ヽ |ヽ ||(`  |
        | | /ヘ/ | /  .| |  | |ヽ  `、_._|_  | li `、\|| |
       / | .ハ .| |  |大-.| | .|、  .|ハ | |  | | |  || |
      ,/ ///  || | ノレハ,、|、\\ハi_, =-、 | | .| |  | |
     / / /イ  | | .| Kr/マア冫 ` `´イ::..::ハ | | |  | .|
    / // / | | | ヘ Y`.ヾ斗ソ     弋;;ソ / . f ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  / / / /  | | |  ヾ|ト, ゛´゜       ノイ |   誰もいなくても投下します
 / / //イ .| | |  ヽ) >    _ _ U ノ彡/ 乂___________ ノ
../  / /  |  | | | |  |ノ i |>、   ` ´  /イ / ./ /     `、\
/  / イ  / |  | | | |l  y | | r-ノ> - <  |/ / /        ヾ`
|  |  |l ..  || |  | | /| .| | \>_)(⌒)(\ノ/ / /`、,_ /`´ |_ ヾ \
|  |  || |  |ヾ   X .| .| |_ , )、ソ (  ) ( / /テアノ ̄r/./ ヽノ   `、




.

続きを読む

【R-18】小さな国のやる夫R 『第九章 戦う里の守護者』

571 名前: ◆I0Y2ADiHxg[] 投稿日:2012/08/05(日) 21:33:06 ID:hTjZayDM




        ____
      /      ̄` 、
     /  @.       ヽ∂
     (  ∫|.  _    | )  あてんしょんぷりーず
     ) (rリノヘ/ VY丶ノ(
     ;´.  )| |. ∂  ┃{  )
    ノ :f⌒ト '''    ''ノ.f⌒ヽ
┏━━━`ー' ━━━━━`ー' ゙━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃┏━━━━━━━━━━━━━━┓                                ┃
┃┃┏━━━━━━━━━━┓    ┃                                ┃
┃┃┃開始前の注意事項    ┃    ┃                                ┃
┃┃┗━━━━━━━━━━┛    ┃                                ┃
┃┗━━━━━━━━━━━━━━┛                                ┃
┃※原作ではキンリ族とありますが、本作ではキリン族としています  ..             ....┃
┃※原作ではセルム族とありますが、本作ではセル族としています ..                ┃
┃※原作ではオードン族とありますが、本作ではドーン族としています..                ┃
┃※原作ではリネト衆とありますが、本作ではリンネ衆としています..                 ┃
┃  誤植ではありません..                                        ....┃
┃                                                       .┃
┃※会話の間に全部翠星石が割りこむとテンポが悪いので翠星石の翻訳を省略します   ....┃
┃  翠星石が通訳して話していると思って下さい                          ...┃
┃                                                       .┃
┃※『』が付いている場合はセリカスタン語、ロシア語等で話していると思ってください      ┃
┃                                                       .┃
┃※やる夫が介在しない時は『』も省略してます                           ....┃
┃                                                       .┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



.

続きを読む

【R-18】小さな国のやる夫R 『第八章 守護者の決断』

463 名前: ◆I0Y2ADiHxg[] 投稿日:2012/08/01(水) 16:48:59 ID:JhUV0nuo




        ____
      /      ̄` 、
     /  @.       ヽ∂
     (  ∫|.  _    | )
     ) (rリノヘ/ VY丶ノ(
     ;´.  )| |. ∂  ┃{  )
    ノ :f⌒ト '''    ''ノ.f⌒ヽ
┏━━━`ー' ━━━━━`ー' ゙━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃┏━━━━━━━━━━━━━━┓                                ┃
┃┃┏━━━━━━━━━━┓    ┃                                ┃
┃┃┃開始前の注意事項    ┃    ┃                                ┃
┃┃┗━━━━━━━━━━┛    ┃                                ┃
┃┗━━━━━━━━━━━━━━┛                                ┃
┃※原作ではキンリ族とありますが、本作ではキリン族としています  ..             ....┃
┃※原作ではセルム族とありますが、本作ではセル族としています ..                ┃
┃※原作ではオードン族とありますが、本作ではドーン族としています..                ┃
┃※原作ではリネト衆とありますが、本作ではリンネ衆としています..                 ┃
┃  誤植ではありません..                                        ....┃
┃                                                       .┃
┃※会話の間に全部翠星石が割りこむとテンポが悪いので翠星石の翻訳を省略します   ....┃
┃  翠星石が通訳して話していると思って下さい                          ...┃
┃                                                       .┃
┃※『』が付いている場合はセリカスタン語、ロシア語等で話していると思ってください      ┃
┃                                                       .┃
┃※やる夫が介在しない時は『』も省略してます                           ....┃
┃                                                       .┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



              _ , - - ― ´  ̄  ` - 、_
       _ _ γて_,、//       ― 、―yミXヽ_=r= 、
      //| Kr-、|ヾ、           >ロ><ァトミヽ
       / Xヾ彡 //     |    ヽ ヾ|\テソノヘヽ`、
       | | |ト`´ノ/  |..|   .|   |  |  ゛ て‐<ゝ` |
       | | |`、/ | / | |  .ハ|  ヾ  |   ヽ |ヽ ||(`  |
        | | /ヘ/ | /  .| |  | |ヽ  `、_._|_  | li `、\|| |
       / | .ハ .| |  |大-.| | .|、  .|ハ | |  | | |  || |
      ,/ ///  || | ノレハ,、|、\\ハi_, =-、 | | .| f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
     / / /イ  | | .| Kr/マア冫 ` `´イ::..::ハ | | |   一応案内を入れておきます
    / // / | | | ヘ Y`.ヾ斗ソ     弋;;ソ / .| ..乂_____________ ノ
  / / / /  | | |  ヾ|ト, ゛´゜       ノイ |  |   | .|
 / / //イ .| | |  ヽ) >    _ _ U ノ彡/  /    `、ヽ
../  / /  |  | | | |  |ノ i |>、   ` ´  /イ / ./ /     `、\
/  / イ  / |  | | | |l  y | | r-ノ> - <  |/ / /        ヾ`
|  |  |l ..  || |  | | /| .| | \>_)(⌒)(\ノ/ / /`、,_ /`´ |_ ヾ \
|  |  || |  |ヾ   X .| .| |_ , )、ソ (  ) ( / /テアノ ̄r/./ ヽノ   `、


.

続きを読む

【R-18】小さな国のやる夫R 『第七章 守護者、最後の休息』

367 名前: ◆I0Y2ADiHxg[] 投稿日:2012/07/31(火) 16:07:40 ID:Kr.gSKcY



      く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. -‐…-―…‥‐-  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:}_            _ --―― 、
     ,ヘ'′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/              \:.:.:.:.:.:rー∧.:.:.:〉          ´         ヽ
      廴:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./        、       \:.:.:ーヘ:i:|:.:く,      /             \
     r' :.:.:.:.:.:.:.:.:/   /    /    \        '.:.:.:._」i:|.:.:.:..     / 、__ノ   、
     L_:.:.:.:.:.:.:./                \    Ⅵ_:|i:|.:.:.:{    /        \         ヽ
       _}:.:.:.:.:./ .′   .:′l   , i| |   ヾ\ヽ    '.l:.:|i:|.:.:.:.〕   ,'          `ー       ',
      {.:.:.:.:.:.:, / /   /| l   | i| |     i| !i | }   }!{:|i:|.:.:〔    l ミミ                  }
      'ヘ.:.:.:.i〃/     |i | |   | i| |_t_i|」L| }   八:ji:{.:.r:{    ',xxィ     三≧ュ、
.         廴.:l !     」!斗-|l i |八「Ⅳ \| i| | }  〃)/::/.:.7;     ',ゝ、__   }   `゙       /
  __n_.     〕l:i:{    /|i:l:lハ!Ⅳ     ,二土」_l }イn/7:/:.rイ::|     ヽ  `r 、-'  xxx       /
  7/ニ ´.   ヾl:i:ト .     |i从_土,     f圻/芯}} |:l:i| }芯}ノ}:i:|:|       `ー-ヽ_         <
 └''つ )    j从 ヘ   八f圻i心,`    ´乂/ン' 川jノfツ! 丱ノ           / ̄ ̄      ',
.   ̄     / └入 Ⅵ`i圦 乂/ソ     ..:xxxxヘ厶'′| //:|i           /           ',
  _.           }:| l !l ト xxx..:.:..  ,     f:i:i:i:i:i:\ v:/}:/|          ノ       /     ',
  l |  n.     //}_l」L⊥ ゝ-- 、  ー'  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ'〈/i |i      / ヽrイ´\   /      l
  L.ユ U     ///厂:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\‐- :≦′:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〉│i |i     /  >ソl   \/    ,    l
 __,n__.      〈//∧:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/fくY:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ i||!|     ヽ_ノ / `\     /     l
 `弋乂      ⌒ }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}辻iツ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〈.\i||!|       /    ヽ_ , イ       |
  ( ⊂´         }:i:i:i:i:iニ=-‐―=彡ヘ:i:i:i:i:_:i:::::-―ヘ:i:}  \八      /                    i
   ̄          {{:∠:i:i:i:i:_ニ=-‐ァ'⌒^マ^ニ=-:i:i:i:i__:i:)ノ:.\  \ヽ     ,'                   l
 __,n_        厂厂 ̄}:i:i:i:i:i/__: :__:.:}__i:i__i:「__/ ァミx.:.:.:.:>  \    !                     i
 7,仁l己  ___/∠二二7f⌒7⌒7⌒7⌒7⌒7{/ r ⌒ヽ´  __ >   l                      j
. 〈ハ⊆.广. / _ .斗-―-=ニ { У)  {  {  {  {v r_⌒ }Y≦ _____   ',
..゙r‐------------、...=-‐7iく{/^)   }   }   }   }{  ァ‐ァ-ノ.:\  / /   ヽ                 /
..゙| .|゙二二二二こ| .|....  /:i:iノヘ.厂)        //∠(^〉.:.:.:.:.:.ーく /      `ーr 、_          /
 | | .―ーi、.r‐ー'".| |.. ̄ ̄〉i:{:.:.:.:.く )       //⌒¨´.:.:.:.:.:.:.:.:〈三7 /      j    7ー┐     /
 | | jニニ".ニニ,,i、.| |...一7イ::{辷=彡ヘ..、:___:ィ才⌒^ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://       !    j   l     /
....| |   | .|〈\ | |  . , -─-、     _ ,、    __       __||__    ___
..゙| .|.ヒニ,,,",ニ,亡,!| .|  ./ ∩∩ .|.  ==||=||=、     ∠ 、   _||__   7 /ン )
....| {,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,! |  ゝ乂,リ丿     || .` ノ     _  ii    /\    ./ ∧\
..゙|,,r'''''''''''''''''''''''''''=┘           ||       (_廴ノ    ./   \    ̄   ̄



.

続きを読む

【R-18】小さな国のやる夫R 『第六章 守護者は振り返らない』

364 名前: ◆I0Y2ADiHxg[] 投稿日:2012/07/31(火) 16:05:29 ID:Kr.gSKcY

【第六章表紙】

                             _,ノ ヽ、_   \.         , ―` `´ ´- 、
                        (●)(● )    |       /7 ゙  ,、 ,.  ヾ
                             (__人___)     |.         i / /ニ二, ヾ_ヾ ヽ..    __ ... -‐ 、
                 , '´ ̄`ヽ、.... '、        |.         レ /  ヲ ,, '= ::i !....., -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
         _,.. - ―- 、._/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',.....|       |.       l  | u .__  :::| /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::
.     二_ヽ、,.:'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,....| ,     /_.{         !,-,|  /-'-'-ヾ :::! イ/::/:::::::;ィ::::/:::::::::::::::::::::::::
    ゙-' ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',.゙`ァニニ<//〉、__ __. !ヽ_i !___i ::ノ.゙/::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::
    ゙,:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:、:.、:.\:.:.:.:.:',:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙,./ /\  / : : : : : : > : :\... i、'-'-'-'-' ノ...../;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::
  __n_:.:l:.:l:l:.l、ヽ_ヽ-ヽ_}:.:l:.:.:l:/:ヽ:.:.:.:.: _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶..::ヽ ::::  ノi / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|
  7/ニ ´:l:.:l:l:.l,.ヽヽ'行示!:.l:.:/ヽ/: . /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }...|::::ヽ、_ノ: :|  i....|::l    ,   'テ''z、 l:::リ
 └''つ ).',:.:'´,=、   込ソ从/:lノ:/ ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|.....! '::::::::::' i , !..゙|/|   /   r.Kヽf''i/'
.   ̄:.:.l、:ヽ∧ゞ'     '´j:.:l、,/: { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,' . ,l  '::::'  i ノ.ll.... ハ   `    | .| l .| |ノ
  _ _ヽ:.lヽ:.l 八 ` _   /:./ `./ : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ.!ヾ: :    ' !::::|:   ,小. - 、   .| .l/././、i
  l |  n.. ` l:.:l`ヽ、_,.-、イ:/-...、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´.゙iー―、 ,―.. _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/
  L.ユ U. ______________________∧,、___________________`''r'´    /
 __,n__.  |:.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V`´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 `弋乂.....!l !:: |: : : : l: : : : : ::メ ./_/_j__\::\::::!: : ! : : : : : : :!::ヾ         i i,,: : : : : ヽ : : : : :
  ( ⊂´... ! ヽ| ヽ ヽ|: : : : l! /∠,,_  \:\`r-ゞ:!:丶: : : :r 、j::!   __ヾ!!ノ_  ! !: : : : : : : : : :
   ̄..    ヾ \ ヽ.: : !| j/ '" !、_j"` r  `"Y:: / !: : : : : : !`!| !!    / liヽ   ヾヽ: : : : : : : :
 __,n_        ヽfヽ. !´   |リi  '    /: / |: : : : : / !: ::!,      ''    ゞゝ: : : : : : : :
 7,仁l己          ソ     '-‐'      /:/   l: : : : / /!ノ::\          \\  ____
. 〈ハ⊆.广        ヽ            j/    |: : : /< ゞ_: : : : ー 、,,___,, ==--''==、''´
..゙r‐------------、  \             /: /   \/' ヽ.: : : : : ヽ,,         ヽ
..゙| .|゙二二二二こ| .|....   `r-            j/    /     `ー 、..: : :`ー-- 、____
 | | .―ーi、.r‐ー'".| |       ヽ              /          `ー 、: : : : : : : : : : : : : :
 | | jニニ".ニニ,,i、.| |        \   _,,. -‐ ´ `j、 /            ,,__ ゝ- 、__,,:__ : : : : :
....| |   | .|〈\ | |  . , -─-、     _ ,、    __       __||__    ___
..゙| .|.ヒニ,,,",ニ,亡,!| .|  ./ ∩∩ .|.  ==||=||=、     ∠ 、   _||__   7 /ン )
....| {,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,! |  ゝ乂,リ丿     || .` ノ     _  ii    /\    ./ ∧\
..゙|,,r'''''''''''''''''''''''''''=┘           ||       (_廴ノ    ./   \    ̄   ̄


.

続きを読む

【R-18】小さな国のやる夫R 『第伍章 守護者の涙、姫巫女の唄』

66 名前: ◆I0Y2ADiHxg[] 投稿日:2012/07/28(土) 22:46:52 ID:KtIxdFg6




               __,、xvfヘ、__(( -- ──-- _
            /  くヒベ/Kト、_})/       `丶fYv─‐ 、
            }   弋ミヒヅ^ /           \ヾ〉  i
            /   ((     ′          丶    ヽ} |
              /     ゝ=、 /   〃 i  l |   |  |  l   ハ  |
          ,ィ    /  、__ノ} ′ / ((⌒i |   |  |  |    '、 |
         //    '  /  |/   .′ )} | |   |  |  | f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       / /     l  |   |   | r‐'イ | |ハ |  |  | |   物語は中盤に入りました
         |! |     |  |   |   xy、__L 八|从ノ 十‐ト乂____________ ノ
.         ヽ   |  |   |  ノィr‐辷ト、 i! /  ノ / /  ,'八|
          Y  }  |   |   〉Yゞ少くj}    ィfラ゚癶、′ ./   \
           |  |  ∧  ∧  ゝ込匕シ   弋r少/  ィヽ    \
           |  | ′|  ∧ ((~´     ,    / l ト、 \   ヽ
           |  |/.  |  / ヽ ゝ=、    ー    ィ{  | | \ f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
           ノ  ″  >-、ノ^)ハ   ))> r、_<  人 ' |  ハ |   試練と呼ぶには過酷な運命への誘い
          /  /  /     ノ|    Vっ (\ヽ^7ヘ\ \  |.乂_________________ ノ
        /  /   |  ,′ _ ノ    } 〈 r、ヽヽ\j  \ \|/ / /
       /   , ′  ノ  /´    _.ノ><} V ^ Y  ハ   Y  ∧
     /   (   /  /   / ̄ ( ヽ~^ー'^ー|     l    }   }  l ヽ
.    〈     人 〈    /  /     丶    ∧    !  /  /   |  \
    \    丶 \ /  /   ',  ノ     _>、_r=┴、_/  /.   |    \
.       \     \/  /    ∨       i! ヽy     }  /     |丶    \
          )    ノ  ∧      V       ノ /    / /    |  \    \





     _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
     》ゞそヅ/                        \乂v匕人
    ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
  ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )
((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
_)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |  |   運命の帰路にある少年少女達のお話
. / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/  乂_________________ ノ
 l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |
 }  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |
  \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |
   ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人
   / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\
.  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
 / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \
  /   ∧   `ヽ′ ノ  ィ^ー~v-~ yへvノ j | |!      l     |  )


.

続きを読む

【R-18】小さな国のやる夫R 『第四章 守護者、宿泊する』

908 名前: ◆I0Y2ADiHxg[sage] 投稿日:2012/07/22(日) 15:20:38 ID:2H4BKBdo


                 (  ,-――-ヘ-、ヘ )
             /⌒ヽ必>⌒    ⌒<{必}^ー.、
           / /しツ ソ        (∨、  ヽ
          / //      /|/i. |゙^} /|  i    |
           / /(   八/{ /. 、八| ノj厶j∧ ト    {  本日夜 第四章投下です
         〈  ∨乂. (⌒リ {延}  '´ (__) 从八  /
           \ \ノ )(   ))  __  _ノ  i  (_  第三章の長さが嘘のようにすすめます
              /\ \ヘ>  _ー<ソ_ノ´  i   `,
         ./ ( \   `   i><i ト=.へ     ア
        (    )  〈      |><|__77  >    <
         ヽ人    ̄ヽ    ̄(    \   ノ
            )     {     )   /\ \ (
           丶     .i   ;~  く //  _ゝ
           (∧     }  (     Y く)   i
            丿   .〈  ノ    ,ノ ̄   `、
                  ~=´-‐'⌒ ̄



.

続きを読む

【R-18】小さな国のやる夫R 『第三章(下)-2 守護者名乗りを上げる』

789 名前: ◆I0Y2ADiHxg[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:11:10 ID:tm19/5bU


    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ        _, ィ、_ ,, ィ   ̄ ̄ ヽイ7、=ュ
    |   前回からの続きです             ノイソ彡ァ,          ゞ トミヾl
.....  ゝ___________,乂.__ -- イ ≦'´ ヾ,          7ヾ `'j
                 , -‐_ --  ̄ ̄ ̄ア7'  /       l  i  ノ  ヾイ=-、
              , ィ´, ´         / /   l __|_   jT ̄7l‐l  ハ、 ',
             / /           ' /   イ´ ハ    イjハ/ ! イ   ハ \、
       __    l ,'            / ;  l  lヾ、ト ヽ /ノイt〒i'ヽ ノ   ハ  ヽ、
       l i` ヽ、、_ ! l          ,/  !  ト |、ハ {ュシ } Y    ゞ!'シ / j   ',   \`ヽ
       ! l    `ヾ!       _,, ィ´    人 ', ∨__ ~ ノ  ;:.    /イ7    ',    \ `7
       l !          ,,ィ´     イ   ゝ∨ ハヽ_ ´  _ _   //! イ i      /
.       ! l         イ        ,, -‐ ´: :/j/: :ゞ !L  `ー ´  ノ,/ : : j  l ハ  イ'
        ', !      /       彡‐''´: : : : : :/ /: : : : : r`´ヽ,  r‐≦ ! l: : / ,i |i ', {、
    rー- ゝ、    /       ,ィ´ : : : : : : : : : / /    〉   )´ /)! l: :/ /j  l i ; ヽ\
    l l ̄ ̄`ヽ ,イ      . . : : : : : : : : : : : : : !/ノ⌒ー-'    {  {  `! l_/ / /  |: :! !   \丶
    ', l     /      /: : : : : : : : : : : : : ; -‐ハ  rィ__,-ュ ィ-=ゝ   j/`ヾフヽ l: :l |    `ヽ\
    ', l    /    / /: : : : : : : : : : : __,イ   )='7/ (__y' ソ   ノ /_ソ ̄ ヽ!: :l {      7ノ
     ', ',   l    ,イ / : : : : : : : : ; ィヘ   イヽr‐'-r' ヽ_  _ -ュ、`ー、イ      ', j ヽ     / /
     ヽ',  !    |l リ: : : : : : : : : ゝ、    j ノ-=ュ_ ハ ̄     イ`'/ ヽi  r‐  ̄`‐ 、ノ    //
        \ { ;  ソ : : : : : : : : : : : : 〕  r-'ィ    ヽ`ー==≦  、 ュ  r' イ _ ノ  ノ  /
         ヽ ',  !: : : : : : : : : : : : :j   ∨ ,     \/_,, ィ´  ̄  ヽ lハ     r'   /ー―- ,
          ゝ  '; : : : : : : : : : : :r'  iイ{ i!       ´       ノ ヾヽ_    }    ̄ア´/
             \ヽ: : : : : : : : : イ ノl ト ゝi! }: : : : : : . . .       ,イ   7/   ノ    //
             ヾ: : : : : : : :/  ハl  / {i!{: : : : : : : : : : : . . .ィ /   /イ   (     ヽ\



.

続きを読む

【R-18】小さな国のやる夫R 『第三章(下)その1 守護者との遭遇』

658 名前: ◆I0Y2ADiHxg[] 投稿日:2012/07/01(日) 22:55:19 ID:m7Cbi/H.

┏━━━━━━┓
┃解説広場    ┃
┗━━━━━━┛


                        , '´ ̄f令y、__
                          /  /rヘミイヽ  `丶、
                    / / //// {{ /    \
                  , '´ /〃////〃 / / / ,   Y7
                    ,  '´  ///〃/{//^X / // / , /  {レ示、
              , '′,  / //〃/rク不=彳// / //  ハミ処}ヘ
             /  / / //〃7=ゞ杉'′〃 /‐く /  /`7  ヽ
.           /  /  /f了 /〃ハ xx     _-_、/}// /    |
        / , イ //__〉廴几// rヘ  r、 '  ´xxヽ}彡'´/ / f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       / /// / , ! {/ └ク`ー′ハ `ー'     / / / ∧ |   一週間ぶりです
.      /// // / / l 〕   しrヘ ┌┘`¬ァ冖7´  / / / ¦乂________ ノ
     |/ // / / |/ 7⌒) //―廴rヘ、└勹   ハ:_/ア7ァ   l  |
      |,' / l / ,′ ,'レ'´   ` ̄}_〉 ̄\/7Z_人   ア ノ'//イ  l|  |
      | ,′|  /、 / j       `ー―く/     } /´   '/ノ|.  |  `、
      | ! ル / ∨ /   ,   ,     ┌ ┴‐z__r'⌒{    / .!| |  }
     ,ハ「 / / / レ′ /  /   _ノ   j ノ ′ヽ _イ  ./ | |  〈
    (   l/ 厶-‐'´     ___ノ     ノ  ノ      ./ ,' l |  |  `、
      〈 {            }     , '´  /ー:、    _ノ /  | |  l   ヽ、
         ヽ>⌒7  r冖、乂       ,′   /  ,   /  }/  l} |  |      \
       /    `ー┘  r┘    l   イ  / / /  /   ,' |  ヽ     ヽ
      /       ,    `⌒)     |  |、イ/ / / /   /  ハ  \      }
    /         /     /`ヽヘ__〉  !  / / / /   /  /  l    }    /
.     i        /       `ヽ  ヽ   |  / / / /  , ′ /  l|   /   (
   |  ¦  //         /    ト、! ,' / ! ,′/  /   八  ,′    ヽ
    l     l  ′       __/      Vヘ∨ { // {    /   /  `ヾ












                   , -┐_rュ     ,-v- 、 _, -z__,
                   _ / ,ィ´ ..斗-z―r-l f:! __r'_ィ7、 __ト、
                  {!」_/ / _ ノ  、_ヾ=' l !`ヽi__ノ } ヽ
               ,ィレi  ´ /   、_  ̄ ヽ:!_ー<-'´ヽ i!    本来は
                  (/ レ′ ,     i    ヽ ̄、_ノ´i`iLィ´  l
                /  〃    |     l  ヽ r' (」_    |    第三章(下)ですが
                   ′ /    , = 、_ノ  |  }  「`iノ    !
                  l i l _{_>-、{{ ! -――!‐i !  l ´   |   全部終わらなかったので
                  Lハ,イ_r'_ヘ.! 'r'└'ィチ孑z ル'l  l      l
                {iY ゞ'_ノ_ノ   辷シ /  l  l     |    「その1」となります
                  7ト仟'´ '       ;  r'  、      ト、
                /  iT>、  ^   ,. イ  l:    i      l ヽ  文句は>>1に言って下さい
                  /   く  t>-r__7-l l   !、   l     ヽ
                    /  /`:、_) ヽ (_   〈ヽ._ 、j   !        本当に駄目な>>1ですね
              / __,ゝヘ  _ノ 「 、 r< :! ノ、 }  ′ ;'
              / く‐-L.. _ 7 !>ニ<`l 厂__ ; / ,イ
.           /  , --'_ ート rヽ」>ニ<ノ_」'´ ( ル′ / l
       _ . ´ r‐' ィ- { z'Y´ト、ヽ.辷'⌒Lz'´ _r‐y┴z,  {  、   :、


.

続きを読む

【R-18】小さな国のやる夫R 『第三章(中) 守護者への追跡者』

593 名前: ◆I0Y2ADiHxg[] 投稿日:2012/06/24(日) 23:07:36 ID:0bihF99Y

┏━━━━━━┓
┃解説広場    ┃
┗━━━━━━┛

                            _, ィ、_ ,, ィ   ̄ ̄ ヽイ7、=ュ
                            ノイソ彡ァ,          ゞ トミヾl
                    __ -- イ ≦'´ ヾ,          7ヾ `'j
               , -‐_ --  ̄ ̄ ̄ア7'  /       l  i  ノ  ヾイ=-、
            , ィ´, ´         / /   l __|_   jT ̄7l‐l  ハ、 ',
γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ...' /   イ´ ハ    イjハ/ ! イ   ハ \、
|   難を逃れた彼等に追手の影が ... / ;  l  lヾ、ト ヽ /ノイt〒i'ヽ ノ   ハ  ヽ、
_ゝ_______________,乂   !  ト |、ハ {ュシ } Y    ゞ!'シ / j f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
     ! l    `ヾ!       _,, ィ´    人 ', ∨__ ~ ノ  ;:.    /イ7 |   第三章(中)です
     l !          ,,ィ´     イ   ゝ∨ ハヽ_ ´  _ _   //! イ乂________ ノ
.     ! l         イ        ,, -‐ ´: :/j/: :ゞ !L  `ー ´  ノ,/ : : j  l ハ  イ'
      ', !      /       彡‐''´: : : : : :/ /: : : : : r`´ヽ,  r‐≦ ! l: : / ,i |i ', {、
  rー- ゝ、    /       ,ィ´ : : : : : : : : : / /    〉   )´ /)! l: :/ /j  l i ; ヽ\
  l l ̄ ̄`ヽ ,イ      . . : : : : : : : : : : : : : !/ノ⌒ー-'    {  {  `! l_/ / /  |: :! !   \丶
  ', l     /      /: : : : : : : : : : : : : ; -‐ハ  rィ__,-ュ ィ-=ゝ   j/`ヾフヽ l: :l |    `ヽ\
  ', l    /    / /: : : : : : : : : : : __,イ   )='7/ (__y' ソ   ノ /_ソ ̄ ヽ!: :l {      7ノ
   ', ',   l    ,イ / : : : : : : : : ; ィヘ   イヽr‐'-r' ヽ_  _ -ュ、`ー、イ      ', j ヽ     / /
   ヽ',  !    |l リ: : : : : : : : : ゝ、    j ノ-=ュ_ ハ ̄     イ`'/ ヽi  r‐  ̄`‐ 、ノ    //
      \ { ;  ソ : : : : : : : : : : : : 〕  r-'ィ    ヽ`ー==≦  、 ュ  r' イ _ ノ  ノ  /
       ヽ ',  !: : : : : : : : : : : : :j   ∨ ,     \/_,, ィ´  ̄  ヽ lハ     r'   /ー―- ,
        ゝ  '; : : : : : : : : : : :r'  iイ{ i!       ´       ノ ヾヽ_    }    ̄ア´/
           \ヽ: : : : : : : : : イ ノl ト ゝi! }: : : : : : . . .       ,イ   7/   ノ    //
           ヾ: : : : : : : :/  ハl  / {i!{: : : : : : : : : : : . . .ィ /   /イ   (     ヽ\




.

続きを読む

【R-18】小さな国のやる夫R 『第三章(上) 希望の守護者』

513 名前: ◆I0Y2ADiHxg[] 投稿日:2012/06/17(日) 23:21:37 ID:z4VpAbpc

   ┏──────┐
    | 解説広場   |
   └──────┛


            .ィ>ヘ_.  ´  ̄ `  r=ト-- 、
        / {必/ソ        ((〈{廻 }\ \
      / /((/´|    i     |  |))ハ \ \
       / /   /》 | l l  |  l  |  |  l i  / /
      {  {   i|ハ l| |  | l  !ィ:十 / l lハ( /
       i |   | l | | ト-ト、l,リ!ハ.!ィ=チ/ / ト、 i\\
       | |  λト、!r{<r>ツ   廴ソ/ / | | i } \\
      ヽ \ //// 八´  _,  / / i | | ||   \\
       >./ / / rir--≧m-≦i/ /rケ | | |/    / /
     /// / / /ニクr、._____人__.| |_ノ. ! !.∥.    /./     今回も主人公は登場しません
    // / /  /l イ .><`‐-||爻イ!|⌒i //.∥    //
    /ノ  / /i  l { 弋/ ノ  \  ヽ, /ヘ ヘ/..∥   .//       いつになったらやる夫少年は
    l,!  / / |  {   /   ∠´___ノ_辷ァィ>/    ((
      ( (  \ /^フ  ,イ´  ̄  fケ \ノシ   /ノ       活躍できるのでしょうかね?
        )\ //r‐‐′ /   fケ    )     //
     /  ソ l i  \ /  / rクノ \  `> l,/
   //|,/ | | \!)入二辷.ニ孑 込辷ーイ⌒
.   l/    \\   /x/    |.x|  ̄
          / /   /x/.     |.x|
          (ノ    /x/       |.x|
             '-´      ゝ-'



            _ _ _ _
        雪>'"´      `゙ヽ華
       ヌ7′ / /{ { 、\  Y       それはともかく、今回はセラ族の話です
         (//  { / ' 、 、ヽ ',ハ
         {' _Y__ Vヽ,ノ ミ_:ヽ} ( ハ      セラ族は草原の民、狩猟の民でした
        'ヽ ∨綺}   ―‐ソ} ノ  )
          ) ソ、"  _,  "ィリ、ヽ '.      しかし北にロシア、南にセリカスタン最大部族である
        ;′  ,′ーz 、‐く   ;.  ヽ
         ヽ  ;′(/_ノヽ_/:)     }     セル族に囲まれている彼らは近年、旧ソ連崩壊と独立後に
         ノ   ヽ   | {X} .!  (   j
       (   }  |    l    (     セル族に恭順することで部族を守ることにしました
          )ノソヘィ、.|   |ルヘノソ
                |    .|
                |     |




.

続きを読む

【R-18】小さな国のやる夫R 『第ニ章(下) 守護者、検問を突破する』

417 名前: ◆I0Y2ADiHxg[] 投稿日:2012/06/09(土) 15:29:56 ID:pPYBWgxM

┏━━━━━━┓
┃解説広場    ┃
┗━━━━━━┛


                   _  --  、(
                 ´      ヾ, 、ノ ,~
            ,、( /           必>、     こんにちは、
            ゝ及ミ.  、 {  丶  、 .ヘ .)`.、
            /《 | |l| ヽ 丶、.  |   l.从 |  )  投下終了後に珍しく安価をします
           ,.'  `| .|i|ヽ. `、 ヘ リ  ソヽ}. |  (
          /,    | llミヾ  ) 丶 , -‐;、|. |.  ;  それでは第二章(下)を投下します
        , ´       l | 必^ゝ   弋 ノ |  ', l
      (  ( l   八 |、( -'`  '    /  | ヽ
       ヽ  ゝ'     i. | ヽ.  `‐_‐' イ |  l   ヾ- 、
        `、       l | ヽ `.  、 ィ 「、 | (.   ヘ  `、
          )    _丶`、 ヾ巛   >   、 ヽ   l  )
.      , - ´    _`- ‐) )∟_,--、ゞ >、7  )  ;‐.、 ト、丿   ,イ|
     ノ       i .  ノ/ i l   ><ヽ__i |(  (  i 、 `、/ /
    ∧ 、、、    ヽ.  (/  .| |/ ><へ | | ) )∧,^、ゝ  / /7
   /. {.  ` .ヽ_  .´、ヘ、,へ_,--、/ 、  ,ヽ l. | ,,´_/;;;;;;;; .´,、// ;' 、
    i  |    _、 \  `、;;;;;;;;;;;;;;;;;∟_ `、,' ,-ト-';;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ノ/ <  ヽ
   ヽ. `、  \\(ヽ ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、`-~ー;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;; |   .{   `
    \|    l    <;;;;;;;;;;;;;;;; 、;;;;;;;;ソ;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;; ;   /    )
      ヽ.    、  ヽ ;;;;;-‐‐+ ;;;;;;\;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;; /  /    ,´
      /|     \   \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  / ,.- ~
     ´ .ヘ       \   \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ̄ ̄ ̄  /  l
    (  |         ` 、__\;;;;;;;;;;;;;;;;.,_____, '   ノ
     ) ヽ_ _        丿;;;;;;;;;;;;;; ̄ ̄ ̄;;;;;;;;;八     ,´
    (     ~-、  l`ー;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;|;;;;;`‐-、 |


.

続きを読む

【R-18】小さな国のやる夫R 『第ニ章(上) 守護者、訪れることのない街』

348 名前: ◆I0Y2ADiHxg[] 投稿日:2012/06/03(日) 12:43:54 ID:vGTRLm3E




┌───────┐
| ナレーション .. .|
└───────┘




           /               }}   ({__        ,
             ,                    人廴_   ⌒ヽ     ′
       __({/           !     |  l| i  ⌒)〉           \
       /{y/          | | l| |  l| |      i   \       \
.      /   V    /   |l   | | l| |  l| |      |     ヽ       こんにちは
     i 〃.′   ′  |___   | | 斗‐| 八ハ     |       ,
     | {{    i l|    ((⌒  | | l| ,x≠ミ、 }ノ|   |      i       司会の雪華綺晶です
     |  |l  | l|   __}〉   l| | 〃ん::心}}  |   人      |
     |  |{   | l|  /,ノ'⌒ヽ八,ノ ″乂_少′     \    |       今回はやる夫少年が
     |  ,八  |八 } rく⌒Y }           、     ヽ   人
     |    ヽ{ Y⌒Vて..ン ノ           \    ',    \     木に吊るされた翌日の話です
     |       {「  廴___ノ}〉 、         /⌒ヽ   |     \
      ,        )〉   八〃    .  ノ    {   }   |       }
.     /      }|     {{\         _)   ,    , 、
    /        八     ,リ  >       イノ   /   /  Y     \
.   /        /    /   /  _{ `T爪 く     /   /⌒) |{       \
  /        /    /   /  /    |ノ⌒V   /   / 厂  八       ヽ
. /        /    /   /  ∧ノ⌒)   /    /   /⌒Y' /  \
/        /    /   /  /  /    'ー┐ /   /,ノ} |, /     ヽ      i
        /    /   / ,/   (__フ  厂 ̄ .′  .′ |。|/      ,      |{
.       /    /    /   ーく    )          l /        i      八
      /    /   /   {__f⌒^  /    |    |  ,/           |       \





        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!      今回はやる夫少年も翠星石もおらず、
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!      日本人が一人も登場しないので
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |      『』の扱いが変わります
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {      この話数では全員、ロシア語又はセリカスタン語です
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧     それでは第二章(上)開始します
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉




.

続きを読む

【R-18】小さな国のやる夫R 『第一章(下) 守護者、語り合う』

284 名前: ◆I0Y2ADiHxg[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:34:37 ID:.t1QT25A

┏━━━━━━━━┓
┃ナレーション     .┃
┗━━━━━━━━┛




      __     _
  ,. ,. ´  / ̄>t=ヘ_/ムイ-    ―- __  _
//    /   イ{し}V≠  ̄     == ⌒しイ¬キ―‐、
/     ./ />┬そ__        __,.. {{ 乃ノ i ハ
     / 〃 t(⌒´  ̄          ̄   ヾ一;、/ | ,
.    /   {し_)     /  i         ヽ   ノイ  ′ !
    /    /./ / / 〃     ハ | i  ∥   ゙,   ∨ /  j|
  /  / / , ,  ″: | |i  Ⅵ| |∥ ,  | i  ' /|   〃
    / イ | | ∥||| || ,..⊥l | |∥ |! | |  /' |  ||
   /   | | | ∥|l| | {f'´|メ | |∥ |! l/  /  |  ||   こんばんわ
 /   /| ∥ | j⊥ヘ¬ ム)) |∧_/|_l_/j! /  /  i |  ||
    /  | 八 ∨{ ィrァミ くヾ ノ' 斗┬ャミ /  ,   i|  l|   間が空きすぎて忘れているかもしれませんが
   /   ヽ |ヘ トヽいYレ' ノ    ゝツノ / ′  l   l|
 /      イ  |`ヾ二 イ ,      / イ  i  |   l   主人公・やる夫少年が車に跳ねられた続きです
      //  | 下 乙  ,._    / /¦ |  |     |
      /__/  イ  |{>‐、 `    / /l | |  |   |  『』内はロシア語又はセリカスタン語で少年には
    / K⌒Y´  し¬ \ (>z<:/ />| |   |     l
    .′| ヽjし―<  ー┘ Y´  / //   | |  |    |  言葉が通じませんので注意して下さい。
  厶イ  丿   {_r<l 〈_  ;′ ト \ |┌ 、  |       !
/´     〔__r┬ 、 /゚厶 く__ イ |  | `ー┴' |         l  それでは第一章(下)を投下します。
| ∧     丿 ,.У゚く ̄\   7|  |」  てヽ..ノ         ¦
ヘ| ヽ  /   ー' ̄)ニ、 ニマ ゚ハ  '、_丿\         !
     /       (__r‐, >く゚/ ヽ  \   ___ヽ ̄\     l
  _r―y′          (__〉 <jヽ__)>、  `<_〈!  丿     l
/   /             >-、丿` ー―-- ニ ー      、
   |         /⌒ヽ_厂 ̄/         | \ ̄  `  、 ヽ
\__广 /7Tヽ   〈       /\       //    ヽ   \ \ \
     ゝ_/ ∨__,ノ      /| | ヽ    〈      '     ',  \
' ̄厂  /rヘ         / | | }┐   /        |     |



.

続きを読む